皮膚疾患

アトピー性皮膚炎

ずっと使っていたステロイドも必要なくなるまで回復しました

アトピー性皮膚炎のお悩みを漢方薬でサポート !

 

痒みが強くぐっすりと眠れない、勉強や仕事など何事にも集中することができない、症状が顔に出てしまい人目が気になる・・・など、アトピー性皮膚炎でお悩みの方へ漢方薬をお勧めいたします。漢方薬は患部のカサカサ、ジュクジュク、熱感っと言った炎症の具合(燥・寒・湿・熱)また更にはからだ全体の体質に応じて使い分けをします。一人ひとりに合った漢方薬をお飲み頂くことにより改善に至らしめることが可能です。今まで様々な民間療法を試したが治らない、医療機関から処方されるステロイド剤や抗アレルギー剤などを服用したり塗布したが治らないと言う場合でも漢方で改善する可能性は十分あり得ます。もうダメだと諦める前に是非当店の漢方をお試しください。

無料相談はこちらから

よく見られるアトピー性皮膚炎の症状

アトピー症状に共通しているのは「かゆみ」です。ただし、かゆみの程度から漢方の選薬はできません。皮膚の色や炎症の状態を見て判断をします。

皮膚の色

患部の状態

アトピー性皮膚炎発症の部位

患部の状態と漢方薬

アトピー性皮膚炎にありがちな体質的原因と漢方薬

患部の状態に合わせて治療をするだけでなく、体力面や冷え性・貧血などの体質、生理の状態による変化、日常生活でのストレスなどを考慮し、体質から改善することが病気の本質的な治療(本治)につながります。
体質(漢方の視点から見た身体の状態)別治療法は以下の通りです。

ステロイドなどの外用薬と漢方薬の併用について
当店に来店する方の8割以上が、既に他の医療機関でステロイドの軟膏や抗アレルギー剤を服用されています。それまでの治療をやめてしまって、漢方薬に切り替えるというのではなく、しばらく併用をしながら症状の改善の度合いを見てからステロイドの減量を考えるべきだと思います。また、漢方薬を飲むだけでなく生活の改善や日々の養生も重要なことです。

漢方薬による改善例(症例)

20代女性 胃腸症状のあるアトピー性皮膚炎
(東興通信 80416号)
春の息吹を感じます。 この時期多くなる疾患の一つが皮膚炎です。東京都にお住まいのある20代の女性がアトピー性皮膚炎で来店されました。顔から肘の内側、手など、ステロイド剤は使っておりましたがジュクジュクとした炎症でかゆみも強く、包帯が症状の酷さを物語っていました。
早速麻黄、石膏、白朮(びゃくじゅつ)配合の漢方(越婢加朮湯)を服用し徐々に症状が緩和したものの、尚一進一退の繰り返しでした。その後胃腸の調子も振るわないこともあって、体質に合わせて人参剤を合わせてお飲みいただいたところ更に快方へ向かったようです。ご主人も喜んでおられました。
漢方では、陰陽五行説という考え方があります。これは、身体の臓器を五つに分類し、それらが互いに助け合い、抑制し合って、身体のバランスを取っていると考えるのです。つまり、肺系の虚している状態である皮膚炎には、脾系(消化器の働き)を補う必要があるという理屈です。全てこの理論が当てはまるものではありませんが、中医学の大切な考え方の一つです。

  十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら

お客様の声

アトピー性皮膚炎に対するたくさんの症例と漢方薬による改善実績がございます。

お客様手紙01(アトピー性皮膚炎)

は幼少の頃よりアトピー性皮膚炎に悩まされており、症状がひどい時は外出する事も嫌になり、家の中に閉じこもる事もしばしばありました。2年程前から漢方薬を飲み始め、今では以前と比較して、はっきりと効果が現れているのを日々実感しております。決して速効性のある物ではありませんが、体の内側から着実に改善されているのだと思います。漢方薬を信じて飲み続けたおかげで人生も変わりました。完治する日を楽しみに、これからも飲み続けていきます。

その他のお客様の声はこちらをご覧ください。

十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら ページのトップへ