婦人科疾患

不妊症

今はとてもうれしく、半年後に産まれてくる赤ちゃんの誕生を待ちわびてます

十字屋平蔵薬局は漢方薬による不妊症のお悩み・妊活をサポート !

 

近年、環境やライフスタイルの変化・晩婚化など不妊症になりやすい要因が増えているためか、当店でも20代~40代の方から次のような不妊・不妊症の相談をよく受けます。

お客様の中には病院で人工授精や体外受精などの不妊治療を行っている方や、漢方薬と併用される方も少なくありません。病院での不妊治療を取り入れるかどうかは別として、東洋医学ではまず第一に妊娠しやすい身体づくりが大切だと考えます。漢方で妊娠する力を取り戻してみませんか?漢方薬をお飲みいただき妊娠された方・出産された方から、喜びの声を多数いただいています。ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談はこちらから

不妊症の原因となる疾患

高プロラクチン血症多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、子宮筋腫子宮内膜症卵管閉塞勃起不全など様々です。それぞれに体質的な要因があります。

基礎体温表と漢方薬

基礎体温も参考にして漢方薬をお渡しいたします。

婦人病

基礎体温について詳しく知りたい方は『あなたはどのタイプ?基礎体温8タイプ』をご覧ください。

治療法とアドバイス

漢方薬での治療
ホルモンのバランスが崩れ卵巣より卵を生み出す力がなかったり、子宮内膜の状態が十分でないために妊娠に至らないケースがあります。漢方理論の一つであります「気」、「血」、「水」の調和を整えることにより妊娠しやすい身体づくりができます。漢方の得意分野と言って良いでしょう。不妊症でお悩みの方・妊娠しにくい方は、大きく言うと以下の5つのタイプに分類できます。しかし、単純にどのタイプというのでなく、複合的に重なっていることが多いと思います。また男性側に不妊症の原因がある場合もかなりあります。

日常生活のアドバイス
漢方では冷え性=陽虚つまり生体のエネルギーが不足した状態と考えます。卵巣の働きなど生理全体に悪影響を及ぼしかれません。身体を冷やす原因を取り除くことをお勧めいたします。

子宝漢方で不妊体質改善(症例)

30代女性 妊娠しやすい身体づくり
(スマイルタウン通信 81126号)
ある30代の女性から不妊症の相談を受けました。以前妊娠したものの子宮外妊娠のため、やむなく処置をしたと言います。ご相談に見えたときはすでに精神的ショックから立ち直っておられましたが、体力的に虚寒証で胃腸も虚弱でした。
とにかく体力を付けて元気な赤ちゃんを出産できる身体作りが大切だと考え、漢方をお飲みいただきましたところ、胃腸の調子が回復し、元気も出てきました。その後漢方をお飲みいただき5か月、病院で妊娠を確認したとの報告を受けました。今安定期に入り順調に育っているようです。

お飲みいただいた漢方(人参当芍散)には胃腸を整える白朮(びゃくじゅつ)、人参や当帰などの生薬が配合されていました。中医学の生体生理の考えの一つに腎(東洋医学の臓腑)の力は脾(東洋医学の臓腑で消化器器官)が生成した「後天(こうてん)の精」により補充されるとの考えがあります。つまり女性の生理機能を助けるには胃腸の働きを助けることも大切だと言うのです。胎児はお母さんの食物の栄養と、肺から吸収される空気が結合して成長すると考えます。

十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら

お客様の声

不妊・不妊症にお悩みだったお客様から、たくさんの嬉しい報告をいただいています。

お客様手紙01(不妊症)

のたび、無事に元気な男の子を3月31日に出産致しました。平蔵先生の漢方を飲み始め3,4回(1年弱程)行かせて頂いたでしょうか。漢方と毎日の散歩と不妊の治療とを組み合わせたのが良かったのだと思います。漢方を飲んでいた間は今まで必ず毎年ひいていた風邪には一度もかかりませんでした。身体が氷のように冷たかったのが、半年から9カ月の間に少しずつ変化していったのは何となく気が付きました。体外受精で失敗した時にも、平蔵先生は優しく聞いて下さいました。友人でもパ-トナ-でも家族でもないからこそ聞いて下さった後は心底気が楽になったのを覚えています。早く連絡をしたかったのですが元気な子を産んでからと思っていたので、今産後5日目で、明日退院する病院で書いています。本当にありがとうございました。今度子供を連れて来店します。

その他のお客様の声はこちらをご覧ください。

十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら ページのトップへ