痛み系疾患

慢性関節リウマチ

階段の上り下りも苦痛でしたが、足の腫れは全くなくなりました

十字屋平蔵薬局は漢方薬による慢性関節リウマチのお悩みをサポート !

リウマチ

慢性関節リウマチは、5種類の膠原病の一つです。20~40代の人がかかることが多く、男女比は1対4と女性に多く見られる病気でもあります。全身の関節で痛みと炎症が起こり、進行すると患部が変形してしまう厄介な病気ですが、あきらめる前に当店にご相談ください。漢方薬での治療・改善例も多数あります。

無料相談はこちらから

よく見られる症状

治療法とアドバイス

漢方薬での治療
リウマチにみられる関節や骨の痛みや腫れのことを中医学では痺証(ひしょう)と言います。痺証は外からの風邪(冷たい風)・寒邪(冷え)・湿邪(湿気)が身体に悪影響を及ぼすと考えます。また体質的な弱さが四肢の気血水の流れを悪くすることで症状が現れると考えます。

漢方薬は上記の症状や体質の区分により使い分けをしますが、複数にまたがる場合もあります。リウマチというだけで漢方薬を特定することはできません。

日常生活のアドバイス
リウマチ患者さんは冷えに対して敏感な方が比較的多く見受けられます。温めることによって関節の痛みが和らいだり、動きが良くなる場合は関節の周囲をいつも温めることをお勧めいたします。しかし、炎症の程度によっては患部を温めることで血流が盛んになり、痛みが増強することも珍しくありません。そのためリウマチだから温めた方が良いとか冷やした方が良いとは断言できません。それぞれに応じた対処が必要になります。

漢方薬による改善例(症例)

50代女性 リウマチによる関節の痛みに悩むご婦人
(東興通信 31126号)
免疫のひずみは、さまざまな病気を引き起こします。 その一つに慢性関節リウマチが挙げられます。原因は不明ですが、自己と非自己の認識を誤り、関節の炎症を引き起こす症状と考えられています。
ある50代の女性です。来店されたときは、すでに病院での手術もされておりましたが、手の第二関節などの炎症が進行した状態でした。漢方をお飲みいただき、しばらくしますと、手のこわばり、関節の痛みも和らぎ、安堵で胸をなでおろしました。
この方にお飲みいただいた漢方薬は桂枝加苓朮附湯と越婢加朮湯でした。体の冷え具合や体全体の虚実、局部の炎症を考え合わせると、必要な組み合わせです。両者には同じ生薬がいくつか含まれておりますが、寒熱の薬性を考えると対局にありますので、お飲みいただく際、それぞれの割合が大切となります。ご相談の際は、症状と体質を詳しくお話ください。また当店では、医療気功を取り入れながら、その方に合う処方を調べあげます。

お客様の声

慢性関節リウマチに対するたくさんの症例と実績がございます。

お客様手紙01(慢性関節リウマチ)

は自転車の事故から始まり、リウマチという病気になりました。最初は打撲だろうということで、テーピングをする毎日で、一カ月過ても治りませんでした。そのうちに足がパンパンに腫れてきて階段の上り下りも苦痛で朝も一人では起きれない状態になり病院へ行きました。リウマチということがわかりましたが、痛み止め程度で薬が切れると痛みがはじまるという毎日でした。その頃先生に声をかけていただき、1ヵ月、2ヵ月という月日が過ぎ足の腫れは全くなくなりました。先生から病院も調べて下さり今では以前あった頭痛もなくなり、毎日前以上に元気に体をつかわせてもらっています。

十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら ページのトップへ