平蔵の寺子屋通信

不妊症その8 | 男性不妊

男性不妊 > 女性不妊の現状

不妊症の定義は子どもを望み夫婦生活を送っていても1年間妊娠しない事となっています。不妊症に悩む夫婦は少なくとも10組に1組であり、原因不明は別としてもデーターによると、不妊症の原因のおよそ半分位が男性側にあると言われています。最近では女性側よりも男性側の原因が多くなっているとも言われています。

男性不妊の原因

WHO(2010年)の精液検査の基準値 
①精液量   1.5ml以上
② 精子濃度  1500万/ml以上
③ 運動率   40%以上
④ 総精子数  3900万以上
⑤ 正常形態率 4%以上
精液量や精子濃度、運動率、総精子数はすぐにご理解いただけると思います。⑤の正常形態率とは正常な精子の割合のことです。基準値が低いと思われるかもしれませんが基準をクリアしていれば妊娠可能と判断されます。

*無精子症
*精液性状低下

男性不妊で一番多いのが精液性状低下です。具体的には精子の運動率が悪かったり、数が少ない、奇形率が高いことを意味します。生活の養生と漢方薬で改善の可能性が多いにありますので、是非お勧めいたします。

*性機能障害
勃起不全(ED)

性機能障害の多くはED、つまり勃起しない状態ですが、精神的なストレスや神経、血流障害などが考えられます。漢方薬をお勧めいたします。

射精障害

膣内に挿入後射精のタイミングが取れず、早すぎたり遅くなってしまいます。補腎系の漢方薬に気血のバランスを整える漢方薬など合わせてお飲み頂きます。

男性不妊に漢方薬

男性不妊は近年増加傾向にあり悩んで来店されるケースは珍しくはありません。漢方薬はバランスを取ったり不足した分を補う力に優れています。ですから精子の運動率や数だけをターゲットにピンポイントに作用するものではありません。

漢方薬とともに生活での養生法も大切

精巣

症状別一覧の不妊症ページはこちら

十字屋平蔵薬局へのご相談窓口はこちら