平蔵の寺子屋通信

大腸がんと漢方薬| 免疫力を高めて癌(治療)に負けないからだつくり

大腸の働き

誰しもがご存じのように大腸は小腸から送られてきた食べ物のカスから水分を吸収し老、廃物を便にする器官です。長さは人種と言うより個人差があり、1.5mから2m程です。
大腸= 盲腸 + 上行結腸 + 横行結腸 +下 行結腸 + S状結腸 + 直腸S状部 + 直腸
上行結腸を通過する内容物は液状に近いですが、徐々に水分が吸収され固まりになります。最初の盲腸と最後の直腸は溜められるように太めになっています。直腸に便が溜まるとその刺激が脳に伝えられ反射的に排便が促されます。実際は肛門の括約筋により押し出されます。

大腸がんが急増している

肺がんとともに患者数が増えているのが大腸がんです。女性の場合は癌による死亡原因のトップはこの大腸がん(結腸がん)なのです。また気になる原因はについて現在のところはっきりと確定はされていませんが、食生活の欧米化、つまり穀物や野菜から動物性タンパク質を中心とした食事の変化が指摘されています。また食物繊維の摂取量も十分でないことが挙げられています。

大腸がんの検査

◎便潜血検査
◎注腸造影検査
◎大腸内視鏡検査

大腸がんの治療

◎内視鏡治療
◎手術
◎放射線治療
◎抗がん剤治療
◎緩和ケア

大腸がんの再発、転移

再発には以下の3つがあります。
◎局所再発
◎転移再発
◎腹膜再発

漢方薬で免疫力をアップ、術後の回復のために

術前、術後あらゆる状況に応じて漢方薬をお飲み頂けます。

ストーマでQOLアップ

ストーマ(stoma)とは孔(あな)の意味ですが人工肛門とは言わずにストーマと言っています。