漢方コラム「通信」

キーワード: 

口唇炎に悩む40代女性の改善例

梅がほころび春の訪れを感じます。

ある40代の女性から口唇炎の相談を受けました。初来店は10月でしたが唇はかさつき、冬場にかけて腫れ上がり、リップクリームは30分程で乾燥すると言います。改善を願って漢方薬をお飲み頂きましたがあまり変化が見られません。その後試行錯誤の末に漸く症状は緩和し、今年の冬は楽に過ごせたと喜ばれました。薬方には人参、牡丹皮、呉茱萸(ゴシュユ)、当帰などの生薬を含み、胃腸を整え末梢の血行を改善します。

leaf4

東洋医学では唇は五臓六腑で言う脾(胃腸)と関係づけられます。この考えから胃腸の働きを助け口唇炎の改善を期待しましたが思うようにいかず、冷えや体力なども考慮してから快方に向かったと言う訳です。患部だけでなく体質的な判断、つまり「木を見て森を見る」大切さを教えられました。剥脱性口唇炎などでお悩みの方にはご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

口唇炎は主だったものとして以下の3種類が挙げられます。炎症による荒れや腫れにより口を大きく開けられなかったり、かゆみや痛みを堪えながら飲食物を摂っていらっしゃる方もしばしばです。

口唇炎の種類

口唇炎に漢方薬

特に接触性口唇炎の場合は疑わしき原因を取り除くことが大切です。それでも症状に改善がない場合は患部の様子や体質的要素なども考えを合わせた漢方薬をお勧めいたします。漢方薬で改善の可能性があり選択肢の一つです。口唇炎でお悩みの方は是非ご相談ください。

無料相談はこちら