「 循環器系のお悩み 」一覧

風邪でもないのに咳(せき)が続く原因がわからないといった症状で悩んでいる方は多いでしょう。咳(せき)が続くのは、何かしらの原因があります。改善するためには、原因を突き止めなければなりません。しかし、処方された薬を服用しても改善できない場合があります。また、薬では刺激が強すぎて、体に合わない場合もあるでしょう。そんなときに利用できるのが、漢方薬です。漢方薬を有効に使うためには、正しい選び方や飲み方などを把握しておかなければなりません。

そこで、本記事では、咳(せき)の基礎知識や治療・通院、漢方の基礎知識、咳(せき)に効果的な漢方薬、注意点について説明します。

  1. 咳について
  2. 咳の治療・通院について
  3. 漢方と咳について
  4. 咳に悩んでいる方のための漢方薬
  5. 漢方薬についての注意点
  6. 咳と漢方に関してよくある質問

この記事を読むことで、咳(せき)の漢方治療について詳しく知ることができます。悩んでいる方や治療したい方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


最近、逆流性食道炎に悩む方が増えているようです。30年前と比べると、6倍近く増えているというデータもあります。逆流性食道炎は常に不快感がありますので、日常生活にも大きな悪影響を及ぼす病気です。そんな方には、漢方薬による治療方法をおすすめします。

そこで、今回は逆流性食道炎と漢方についてご紹介します。

  1. 逆流性食道炎の基礎知識
  2. 逆流性食道炎の主な対策、治療法
  3. 逆流性食道炎と漢方について
  4. 逆流性食道炎の漢方薬について
  5. 逆流性食道炎の漢方薬の飲み方、もらい方
  6. 逆流性食道炎の予防法
  7. 漢方薬にまつわる質問

この記事を読むことで逆流性食道炎と漢方薬に関する基本的な知識を得ることができます。逆流性食道炎に効果のある漢方薬もご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

続きを読む


咳(せき)が長く続くのは、気管支炎の兆候です。気管支炎は慢性化しやすいため、きちんと治療をしなければなりません。胸の痛みや息切れも起こりやすい病気です。喘息(ぜんそく)のような症状になることもあります。
病院で治療してもなかなか改善しない場合、症状が進行しないか不安に感じることがあるでしょう。気管支炎のつらい症状を緩和する手段として、漢方があります。漢方薬は気管支胃炎の治療でも取り入れられてる薬で、慢性気管支炎にも効果的です。
市販薬でも漢方薬はあります。しかし、体に合うものを服用しなければ、効果を実感することはできません。早期に症状を和らげるためにも、漢方薬についてしっかり理解しておきましょう。
今回は、気管支炎と漢方薬の関連についてご紹介します。咳(せき)で悩んでいる方は、気管支炎のセルフチェックで確認してみてください。

  1. 気管支炎とは? 
  2. 気管支炎のセルフチェック
  3. 気管支炎の治療や予防について
  4. 気管支炎と漢方について
  5. 気管支炎に効果のある漢方薬について
  6. 気管支炎にかんする漢方薬の飲み方・もらい方
  7. 気管支炎や漢方でよくある質問
  8. まとめ

気管支炎は、風邪の延長といった印象を受けてしまい、放置するケースもあります。慢性化や喘息(ぜんそく)などへ発展し得ることも想定し、早めに治療を受けてください。この記事を読むことで、気管支炎とはどんなものか、漢方による気管支炎の治療なども理解できます。

続きを読む


内臓脂肪は目に見えません。したがって、ある日突然、健康診断でメタボリックシンドロームといわれる可能性もあるのです。現在、多くの方が内臓脂肪を減らす方法を探し、食生活に気を付けています。ですが、簡単かつ効率よく内臓脂肪を落としたいとは思わないでしょうか? その方法を突き詰めていくと“漢方”の存在が欠かせません。そこで、今回は内臓脂肪と漢方について4つの項目でまとめてみました。

  1. 内臓脂肪の基礎知識
  2. 漢方と内臓脂肪について
  3. 内臓脂肪を治療する漢方薬について
  4. 漢方薬の飲み方とは? どうやってもらうの?
  5. 内臓脂肪と漢方にかかわるよくある質問
  6. まとめ

記事を最後までお読みいただければ、内臓脂肪は漢方で減らすことができるとわかります。漢方について詳しくない方でも、どこで処方してもらうのか等、基本情報を併せて解説していますので必見です。

続きを読む


40代になると気になる症状のひとつに「動脈硬化」があります。動脈硬化は命にかかわる病気を引き起こす……ということは知っていても、具体的にはどうしたらいいのかと、お悩みの方も多いようです。そこで、ここでは、知っておきたい動脈硬化の基礎知識や、セルフチェック方法、治療法をご紹介しましょう。また、動脈硬化の改善や治療、予防方法なども取り上げています。

  1. 動脈硬化の基礎知識
  2. 動脈硬化の原因
  3. 動脈硬化の症状
  4. 動脈硬化の治療方法
  5. 動脈硬化の改善方法
  6. 動脈硬化の予防について
  7. 動脈硬化~よくある質問~

この記事を読むことで、動脈硬化対策がおわかりいただけるでしょう。ご自身の健康管理のためにもお役立てください。

続きを読む


高脂血症(脂質異常症)と診断されると、食事に運動と体を管理しなくてはなりません。今まで好きに選んでいた食事も制限されてしまいます。高脂血症と診断されたことで今までいかに不規則な生活を送っていたかが明らかとなるでしょう。
高脂血症は生活習慣病であり、「現代病」でもあります。実体を知ることは必要不可欠でしょう。
そこで、今現在「治療中の方」「悩んでいる方」「心当たりのある方」は、ぜひこの記事をご覧ください。高脂血症には危険な病の影がつきまとっています。

  1. 高脂血症の基礎知識
  2. 高脂血症の原因と種類
  3. 高脂血症の「病状・経過・影響」
  4. 高脂血症の治療方法
  5. 高脂血症のセルフケア
  6. 高脂血症に関するよくある質問
  7. まとめ

高脂血症にかかる人は若年層にまで及んでいます。もはや成人病ではないのです。食生活や運動不足がいかに深刻な問題かがわかりますね。基本知識からセルフケアまで徹底的に学んでおくことで、漠然とした不安から解放されることでしょう。

続きを読む


動悸(どうき)とは、心臓の鼓動が高まることです。
運動をした直後は、誰でも心臓がどきどきするでしょう。
しかし、安静にしていても心臓がどきどきして落ち着かないこともあります。
これが、動悸(どうき)です。
息切れがともなうこともあります。
今回は、動悸(どうき)の原因と対処法をご紹介しましょう。
動悸(どうき)は、心臓に異常がある場合と心因性の原因がある場合があります。
また、更年期障害の症状のひとつに、動悸(どうき)が出ることもあるでしょう。
対処法には漢方薬が効果的なこともあります。
動悸(どうき)に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで対処法の参考にしてください。

  1. 動悸(どうき)の原因とは?
  2. 動悸(どうき)の予防法や対処法とは?
  3. おわりに

続きを読む


なかなか疲れが取れない、長期に亘って疲労感を抱いている、体が思うように動かない。思いあたる症状があれば、慢性疲労症候群の恐れがあります。
慢性疲労症候群は、1990年ころから少しずつ患者数が増え続けている病気です。十分な休息と睡眠を取っていても体が回復しないなど、原因不明であることが特徴。
詳しい検査をしても、特別異常が認めらないことが多く、慢性疲労症候群を疑うきっかけになります。
風邪に似た症状を伴った体調不良が続き、体力の消耗も激しくなるでしょう。長期間疲労感を抱いた状態が続くと、精神的にもつらいはずです。
慢性疲労症候群についてご紹介します。体調不良で悩んでいる方は、この記事を参考にしてみてください。

  1. 慢性疲労症候群とは?
  2. 慢性疲労症候群の症状
  3. 慢性疲労症候群の原因
  4. 慢性疲労症候群の改善方法
  5. まとめ

続きを読む


普段から血糖値が高めな人は、その原因や血糖値を下げるための方法を知りたいはずです。
血糖値が上がる原因には、遺伝に関係しているものもあります。
しかし、遺伝とは関係なく生活習慣に原因がある場合がほとんどなのです。
血糖値が高い状態が続くと糖尿病を引き起こしやすくなります。
そのほかにも、血圧が上がる、血液がドロドロになるなど、さまざまな危険を招くことになるでしょう。

  • 普段から血糖値が高めで悩んでいる
  • 血糖値を下げる方法を知りたい
  • 漢方薬で血糖値を下げることはできるのか?

そんな人たちのために、血糖値が上がる原因や下げるための方法、漢方薬の有効性についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 血糖値が上がる原因
  2. 血糖値を下げる方法
  3. 漢方薬の有効性
  4. まとめ

続きを読む


「低血圧」は体にさまざまな悪影響をおよぼします。
健康的な体でい続けるためにも、できるだけ早めに改善しなければなりません。
また、薬に頼らず、私たちに本来そなわっている治癒能力を生かす必要があります。
そこで、体質改善ができるといわれている「漢方」が効くかどうか、低血圧に効果がある漢方薬、低血圧を改善するアドバイスについて説明しましょう。
低血圧に悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 低血圧に漢方薬は効果があるのか
  2. 低血圧に効く漢方薬
  3. 低血圧を改善するアドバイス
  4. まとめ

続きを読む


十字屋平蔵薬局