「 漢方薬の知識 」一覧

加味逍遙散(かみしょうようさん)の効能をご存じですか? 加味逍遙散は、更年期や婦人科疾患の不快な症状を緩和する作用があります。処方を受けた・加味逍遙散を服用してみたいという方は、本記事でご紹介する効能や成分などを参考にしてください。また、入手先や適応症状に関する疑問がある方は、本記事を参考にしましょう。

  1. 加味逍遙散とはどのような薬?
  2. 加味逍遙散をおすすめしたい人
  3. 加味逍遙散は漢方薬局で処方してもらおう
  4. 加味逍遙散でよくある質問

この記事を読むことで、加味逍遙散の効能についてよく分かります。処方された方やこれから加味逍遙散の服用を考えている方はご一読ください。

続きを読む


大柴胡湯(だいさいことう)を処方された・試してみたいという方は、効能が気になりますよね。大柴胡湯は、脂肪の代謝を助ける漢方です。余分な脂肪が体内に吸収されるのを抑える作用もあります。便秘がちな方や肥満症の方にもおすすめです。漢方の服用前は、大柴胡湯の成分や効能をきちんと理解しておきましょう。

  1. 大柴胡湯の効能とは?
  2. 大柴胡湯について
  3. 大柴胡湯はどこで処方してもらえるのか?
  4. 大柴胡湯でよくある質問

この記事を読むことで、大柴胡湯の効能についてよく分かります。 大柴胡湯に適応する症状や、漢方薬の入手先なども覚えておきましょう。

続きを読む


一般的に人間の五感(味覚、嗅覚(きゅうかく)、視覚、聴覚、触覚)の中で最も早くに衰えやすいものとして視覚が挙げられます。最近はパソコンやスマートフォンなど電子端末の普及により情報収集が便利となり、情報量も増えましたが結果としてかすみ目を感じる方も多くなっています。目から入る情報が8割とも言われるこの時代です。しかしその症状の背後に緑内障、白内障、加齢黄斑変性症などの病気が潜んでいる場合もあり、生活に様々な影響が懸念されます。かすみ目と関係する眼病とお勧めしたい漢方薬について書き綴ってまいります。このブログがかすみ目、疲れ目や目の病気に悩む方、事前に予防をとお考えの方の助けとなれば幸いです。

  1. かすみ目の症状について
  2. かすみ目の原因
  3. かすみ目の対処法
  4. かすみ目と漢方薬
  5. かすみ目の漢方薬を購入するには?
  6. 漢方薬局に相談するときのポイント
  7. よくある質問

続きを読む


こんにちは十字屋平蔵薬局です。日本で死因の上位を占めている三大疾患はご存知かと思います。そうです「がん」、「心筋梗塞」、「脳梗塞」です。これらを合わせると全死因の6割を占めると言われています。だれにとっても他人ごとではありません。これらの疾患に共通する症状に瘀血(おけつ)つまり血流障害があげられます。食生活の変化と高齢化社会により増々その傾向にあると考えられます。知は力なり!知ることは疾病予防の一歩です。今現在頭痛、肩こり、めまい、動悸などでお悩みの方にとってもこのブログが症状改善の助けとなることを願います。

冠元顆粒の効能効果を生薬ごとに解説します。また瘀血(おけつ)について、冠元顆粒をお勧めしたいタイプ、飲み方、注意点、よくある質問などを書き綴ってまいります。冠元顆粒の良さとまた養生の大切さもわかって頂けると思います。

  1. 冠元顆粒とは?
  2. 瘀血とは?
  3. 冠元顆粒をおすすめしたい人
  4. 瘀血対策のために
  5. 冠元顆粒の効能について
  6. 冠元顆粒の飲み方について
  7. よくある質問
  8. まとめ

続きを読む


八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方薬にどのような効果があるかご存じでしょうか? 漢方薬は一人一人の症状や体質に合わせて服用するものです。八味地黄丸にも服用すべき症状や体質があり、詳しく知っておくことで、より効果を期待することができます。特に、下半身が弱っているときなどにおすすめの八味地黄丸には、具体的にどのような効果があり、どのような飲み方をするべきなのでしょうか。

この記事では、八味地黄丸の効果や購入方法などをまとめてご紹介します。

  1. 八味地黄丸とは?
  2. 八味地黄丸をおすすめしたい人
  3. 八味地黄丸の効果について
  4. 八味地黄丸の飲み方
  5. 八味地黄丸に関するよくある質問

この記事を読むことで、八味地黄丸という漢方薬について詳しく分かるはずです。服用を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は特に婦人科系の症状に効く漢方薬として知られており、月経のトラブルや不妊治療などに使われることが多くなっています。漢方薬は症状そのものを治すというより、体質を改善して健康を取り戻すことを目的に使用されるものです。当帰芍薬散は、どのような人が服用するとよいのでしょうか。

今回は、当帰芍薬散の効能や副作用・飲み方などをまとめてご紹介します。

  1. 当帰芍薬散とは?
  2. 当帰芍薬散をおすすめしたい人
  3. 当帰芍薬散の効能について
  4. 当帰芍薬散の飲み方
  5. 当帰芍薬散に関するよくある質問

生理がこない…生理不順?

この記事を読むことで、当帰芍薬散について分かるはずです。ぜひ参考にして取り入れてみてください。

続きを読む


小青龍湯(しょうせいりゅうとう)は鼻風邪・アレルギー性鼻炎・花粉症の方に処方されることの多い漢方薬です。漢方薬の中では葛根湯と並んでポピュラーな薬で、病院で処方される他、ドラッグストアでも購入することができます。妊娠中に風邪をひいた場合などは、風邪薬として処方されることもあるでしょう。

今回は、小青龍湯の効果や服用する際の注意点を紹介します。

  1. 小青龍湯の基礎知識
  2. 小青龍湯の利点や服用する際の注意点
  3. 小青龍湯を安全に服用するための注意点
  4. 小青龍湯の服用に対するよくある質問

この記事を読めば、他の漢方薬を服用する際の注意点なども分かることでしょう。小青龍湯を服用したいと考えている方や、現在服用中の方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


様々な症状を併発している患者さんの中には複数の西洋薬と一緒に漢方薬をしかも二種類、三種類と併用して服用する場合が少なくありません。そう言った場合患者さんの心配は「こんなに薬をたくさん飲んで、お薬同志作用がぶつかるのではないか?」あるいは「症状を解消するために飲んでいるお薬が逆に悪い反応が出るのでは?」となります。もっともだと思います。必要以上に心配してはいけませんが、闇雲に「漢方薬」だから大丈夫ということではなく、正しい情報で漢方薬に対する正しい認識が大切です。

  1. 漢方薬の飲み合わせについて
  2. 漢方薬の飲み合わせ
  3. もし飲んでしまったときの対処法
  4. よくある質問

続きを読む


この時期花粉症や喘息で悩まれる方が多くおられますが、季節風によるスギやヒノキの花粉、ほこり、PM2.5など吹き荒れます。また、普段の食生活にも添加物や環境ホルモンなどアレルギーの原因物質がいっぱいです。少しでも症状を軽減し安心して過ごされることを願うばかりです。以下にアレルギーの発症メカニズムと現代医学による対処法、東洋医学的考え方と具体的な漢方薬をご紹介いたします。

  1. アレルギーの基礎知識
  2. 漢方におけるアレルギーの考え方
  3. アレルギーに効果のある漢方薬
  4. アレルギー治療に漢方薬を取り入れるには
  5. よくある質問
  6. まとめ

続きを読む


漢方薬といえば葛根湯が有名ですが、それ以外にもさまざまな種類の漢方薬が存在しています。しかし、漢方薬は処方内容や生薬もすべて漢字で表記されているためとっつきにくく、その作用や働きなどは奥が深くわかりにくいものです。実際漢方薬を飲もうと思ってもどの漢方を飲んだら良いのか? 手軽に購入できそうだが飲み合わせや副作用は大丈夫なのか? 価格も様々でつい二の足を踏んでしまいます。

そこで初めての方にもわかりやすく漢方薬を以下のポイントでご説明します。

  1. 漢方薬の基礎知識
  2. 漢方薬の種類と効能
  3. 自分に合った漢方薬の選び方
  4. 漢方薬局に相談するべき理由
  5. よくある質問

続きを読む


十字屋平蔵薬局