大事なのは不安・不満のない妊活
なぜ、妊活で不幸になってしまう夫婦がいるのか?
人生の楽しみを、端から眺めるだけになってしまったらと、不安な方に。お二人にふさわしい気持ちと体を第一に考える妊活です。安全で、体にも心にも副作用がありません。

妊活・不妊治療の厳しい現実

妊活が原因で夫婦仲が壊れてしまう?

ここ数年、問題となっているのが、不妊治療や妊活をきっかけにした夫婦関係の悪化です。最悪、離婚に至ってしまうこともあるといいます。なぜ、妊活が原因で夫婦仲が悪化してしまうのでしょうか

そろそろ子供が欲しいな

が主人と結婚したのは28歳のときです。結婚後しばらくは、仕事を続けたいという気持ちから、子どもはまだ先と考えていました。

「そろそろ子どもが欲しい」そう思い始めたのは30代半ばに差し掛かかったころ。仕事もひと段落し、新たな家族と過ごす未来に期待を膨らませていました。

もしかしたら不妊症?

かし、現実はそう甘くはなかったのです。1年経っても2年経っても、子どもを授かることはできませんでした。

「私に原因があるのかも」脳裏をよぎったのは「不妊」の二文字。年齢による焦りや不安を感じていたこともあり、不妊治療を始める決断をします。

不妊検査がつらい

院は常に混み合っていて、予約をして行っても1時間待ちは当たり前。検査の中には激しい痛みを伴うものもあり、精神的な負担を感じるものもありました

医師や看護師の機械的な対応に怯えたことも一度や二度ではありません。それでも、子どもを授かるために必要なこと。そう自分に言い聞かせ、耐えていました。

不妊治療がうまくいかない

初に私たちが取り組んだのはタイミング法です。医師の指導を受けながら排卵日に合わせてタイミングを取っていくのですが、3か月、4か月と続けても妊娠検査は陰性。少しでも妊娠の確率を上げようと排卵誘発剤を取り入れても、結果は同じでした。

人工受精や体外受精にもトライしましたが、これもだめ。生理が来るたびに憂鬱になり、何度も泣きました

夫婦の温度差が浮き彫りに

る私とは対称的に、夫はまるで他人事のような態度。不妊治療のつらさや不安を打ち明けても、真剣に話を聞いてくれることはありませんでした。

「副作用に耐えながらこんなに頑張っているのに・・・」協力的でない夫についイライラし、口論になることも増えました。妊活に対する温度差が浮き彫りとなり、次第に夫婦仲がぎくしゃくしてしまったのです

不妊治療を始めて2年。気付けば、費やした金額は140万円にも上っていました

不妊治療において、身体的な負担や経済的な負担は深刻な問題です。ストレスを抱えたまま妊活を続けた場合、たとえ妊娠できてもお腹の子どもに悪影響が出ることも考えられます。良好な関係を保ちながら妊活に取り組むためには、不妊の原因を知り、根本から見つめていくことが大切なのです

不妊治療をしても妊娠できない原因は?

現在、日本の不妊治療クリニックは約600軒、体外受精の実施件数は年間40万件を超えています。しかし、体外受精の成功率は、30代前半で35〜40%、35歳で35%弱、40歳で20%弱と決して高い数字とは言えません。

なぜ、人工的に受精している場合でさえ、妊娠できない可能性のほうが高いのでしょうか?

精子と卵子が出会うだけでは妊娠できない

妊治療クリニックでは、タイミング法や人工授精・体外受精など、さまざまな治療が行われていますが、これらはあくまで卵子と精子を出会わせることが目的です。

しかし、人間の体は精子と卵子が出会えば妊娠できるという単純なものではありません。母体に受精卵を育む力が備わっていなければ、妊娠・出産に至ることはできないのです

妊娠・出産に必要な母体の準備ができていない

やかな妊娠・出産のためには、受精卵を育む力が母体にしっかりと備わっていることが大切です

しかし、何らかの影響によってホルモンバランスが乱れると、卵巣や子宮の働きが悪くなり、妊娠するために必要な環境を維持できなくなってしまいます。冷えや血流不足など、その要因は人それぞれです。一人一人の体質・症状に合わせた対策を選択する必要があります

妊活時のストレスが妊娠を妨げてしまう

トレスは血流を悪化させ、妊娠を妨げる要因です。妊活を成功させるためには、ストレスを抱えないことも重要なポイントとなります。にもかかわらず、妊活中は多くのストレスにさらされがちです。

クリニックの多くは、いつも混み合っており、予約しても一時間待ちは当たり前という状況。医師や看護師の態度にストレスを感じることもあるでしょう。また、夫婦間のちょっとしたすれ違いなどもストレスを抱える原因となります。

どれだけ必死になって妊活・不妊治療に取り組んでも、不妊の原因が解消されていなければ妊娠・出産に至ることはできません。妊活成功のためには、一つずつ問題をクリアにしていく必要があるのです

妊活が原因で
夫婦仲が壊れてしまう?

ここ数年、問題となっているのが、不妊治療や妊活をきっかけにした夫婦関係の悪化です。最悪、離婚に至ってしまうこともあるといいます。なぜ、妊活が原因で夫婦仲が悪化してしまうのでしょうか

が主人と結婚したのは28歳のときです。結婚後しばらくは、仕事を続けたいという気持ちから、子どもはまだ先と考えていました。

「そろそろ子どもが欲しい」そう思い始めたのは30代半ばに差し掛かかったころ。仕事もひと段落し、新たな家族と過ごす未来に期待を膨らませていました。

しかし、現実はそう甘くはなかったのです。1年経っても2年経っても、子どもを授かることはできませんでした。

「私に原因があるのかも」脳裏をよぎったのは「不妊」の二文字。年齢による焦りや不安を感じていたこともあり、不妊治療を始める決断をします。

病院は常に混み合っていて、予約をして行っても1時間待ちは当たり前。検査の中には激しい痛みを伴うものもあり、精神的な負担を感じるものもありました

医師や看護師の機械的な対応に怯えたことも一度や二度ではありません。それでも、子どもを授かるために必要なこと。そう自分に言い聞かせ、耐えていました。

最初に私たちが取り組んだのはタイミング法です。医師の指導を受けながら排卵日に合わせてタイミングを取っていくのですが、3か月、4か月と続けても妊娠検査は陰性。少しでも妊娠の確率を上げようと排卵誘発剤を取り入れても、結果は同じでした。

人工受精や体外受精にもトライしましたが、これもだめ。生理が来るたびに憂鬱になり、何度も泣きました

焦る私とは対称的に、夫はまるで他人事のような態度。不妊治療のつらさや不安を打ち明けても、真剣に話を聞いてくれることはありませんでした。

「副作用に耐えながらこんなに頑張っているのに・・・」協力的でない夫についイライラし、口論になることも増えました。妊活に対する温度差が浮き彫りとなり、次第に夫婦仲がぎくしゃくしてしまったのです

不妊治療を始めて2年。気付けば、費やした金額は140万円にも上っていました

不妊治療において、身体的な負担や経済的な負担は深刻な問題です。ストレスを抱えたまま妊活を続けた場合、たとえ妊娠できてもお腹の子どもに悪影響が出ることも考えられます。良好な関係を保ちながら妊活に取り組むためには、不妊の原因を知り、根本から見つめていくことが大切なのです

不妊治療をしても
妊娠できない原因は?

現在、日本の不妊治療クリニックは約600軒、体外受精の実施件数は年間40万件を超えています。しかし、体外受精の成功率は、30代前半で35〜40%、35歳で35%弱、40歳で20%弱と決して高い数字とは言えません。

なぜ、人工的に受精している場合でさえ、妊娠できない可能性のほうが高いのでしょうか?

不妊治療クリニックでは、タイミング法や人工授精・体外受精など、さまざまな治療が行われていますが、これらはあくまで卵子と精子を出会わせることが目的です。

しかし、人間の体は精子と卵子が出会えば妊娠できるという単純なものではありません。母体に受精卵を育む力が備わっていなければ、妊娠・出産に至ることはできないのです

健やかな妊娠・出産のためには、受精卵を育む力が母体にしっかりと備わっていることが大切です

しかし、何らかの影響によってホルモンバランスが乱れると、卵巣や子宮の働きが悪くなり、妊娠するために必要な環境を維持できなくなってしまいます。冷えや血流不足など、その要因は人それぞれです。一人一人の体質・症状に合わせた対策を選択する必要があります

ストレスは血流を悪化させ、妊娠を妨げる要因です。妊活を成功させるためには、ストレスを抱えないことも重要なポイントとなります。にもかかわらず、妊活中は多くのストレスにさらされがちです。

クリニックの多くは、いつも混み合っており、予約しても一時間待ちは当たり前という状況。医師や看護師の態度にストレスを感じることもあるでしょう。また、夫婦間のちょっとしたすれ違いなどもストレスを抱える原因となります。

どれだけ必死になって妊活・不妊治療に取り組んでも、不妊の原因が解消されていなければ妊娠・出産に至ることはできません。妊活成功のためには、一つずつ問題をクリアにしていく必要があるのです

今すぐ無料相談を申し込む

心と体を大切にした不安・不満のない妊活

幸せな妊活を実現する3つの約束

妊活における不安・悩みを解決!

活期間が半年、一年、三年と長くなればなるほど、「いつまでこの状態が続くのか」「ひょっとして授からないのではないか」と不安や焦り・孤独感を抱えているものです。また、夫婦間で言いたいことが言えずにギクシャクしてしまっていることもあるでしょう。

当薬局では、一人一人の悩みに寄り添い、最適なアドバイスをいたします。来店時の対面相談で終わるのではなく、その後もチャットワーク(ブラウザ上で動作するチャットツール)を使った個別相談、夫婦揃っての相談など、継続的にサポートします。「話を聞いてもらっただけで心が軽くなった」とおっしゃる方も少なくありません。

体に負担をかけずに妊娠しやすい体質へ!

妊治療を受けられている方の中には、浮腫みや吐き気・気分の落ち込みなど、ホルモン剤投与による副作用に苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。体調の悪化によって、治療自体を続けられなくなってしまうこともあるでしょう。

一方、漢方は植物や動物といった自然由来の生薬を原料としており、体に優しいのが特徴です。ホルモン剤と異なり、無理にホルモンの働きを変えるのではなくホルモンバランスが悪くなっている根本原因に働きかけ体質を改善していきます。副作用の心配もほとんどなく、負担なく続けることが可能です。

病院の不妊治療に比べ費用負担が少ない!

般的に、不妊治療には高額な費用がかかります。例えば、体外受精を行う場合、1周期でかかる医療費は40万円~60万円ほどです。一回でうまく妊娠できず採卵・胚凍結などを数回繰り返せば、すぐに車一台分の費用となってしまいます。

一方、漢方薬であれば、一か月にかかる費用は2万円から3万円程度です。決して安いとは言えませんが、医療機関などでの不妊治療に比べればかなり費用を抑えることができます

今すぐ無料相談を申し込む

幸せな妊活を実現する
3つの約束

妊活期間が半年、一年、三年と長くなればなるほど、「いつまでこの状態が続くのか」「ひょっとして授からないのではないか」と不安や焦り・孤独感を抱えているものです。また、夫婦間で言いたいことが言えずにギクシャクしてしまっていることもあるでしょう。

当薬局では、一人一人の悩みに寄り添い、最適なアドバイスをいたします。来店時の対面相談で終わるのではなく、その後もチャットワーク(ブラウザ上で動作するチャットツール)を使った個別相談、夫婦揃っての相談など、継続的にサポートします。「話を聞いてもらっただけで心が軽くなった」とおっしゃる方も少なくありません。

不妊治療を受けられている方の中には、浮腫みや吐き気・気分の落ち込みなど、ホルモン剤投与による副作用に苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。体調の悪化によって、治療自体を続けられなくなってしまうこともあるでしょう。

一方、漢方は植物や動物といった自然由来の生薬を原料としており、体に優しいのが特徴です。ホルモン剤と異なり、無理にホルモンの働きを変えるのではなくホルモンバランスが悪くなっている根本原因に働きかけ体質を改善していきます。副作用の心配もほとんどなく、負担なく続けることが可能です。

一般的に、不妊治療には高額な費用がかかります。例えば、体外受精を行う場合、1周期でかかる医療費は40万円~60万円ほどです。一回でうまく妊娠できず採卵・胚凍結などを数回繰り返せば、すぐに車一台分の費用となってしまいます。

一方、漢方薬であれば、一か月にかかる費用は2万円から3万円程度です。決して安いとは言えませんが、医療機関などでの不妊治療に比べればかなり費用を抑えることができます

今すぐ無料相談を申し込む

不妊を乗り越えた妊娠成功ストーリー

『平蔵の子宝相談』を利用いただいたお客様がどのようにして成功を手にしたのか? ストーリー形式で紹介します。

5回の流産を乗り越え40歳で待望の赤ちゃんを出産

東京都西東京市 O.Y様(40歳)

病院の不妊治療に対する不信感・・・

西東京市在住の0.Yさんは、もともと妊娠しづらい体質な上に、妊娠しても出産までたどり着くことができませんでした。

病院で検査を受けたものの原因はわからずじまい。それでも、どうしても子どもが欲しいという思いから、タイミング法に始まり人工授精や体外受精に至るまで、言われるままさまざまな治療を試します。

しかし、結局どの方法も出産までたどり着くことはできませんでした。次第に、不妊や流産の原因を突き止めないまま次々と治療を勧めてくる病院に不信感を抱くようになり、別の方法を探し始めます

十字屋平蔵薬局との出会い

んな中で出会ったのが、地元のミニコミ誌で十字屋平蔵薬局が連載していた漢方コラム『平蔵の漢方相談』です。体質を改善することで症状を克服するという漢方医学の考え方に魅力を感じ、すっかりファンになりました。「ここなら何とかしてくれるかも知れない」病院での治療から漢方薬に切り替えることを決意します

相談に訪れた時点の0.Yさんは東洋医学でいう『腎陽虚』で、顔色が悪く冷え性体質、基礎体温が乱れ生理も遅れていました。ホルモンバランスが悪く血液が不足しているために、卵巣や子宮内に栄養がいきわたらず、排卵・着床が難しい状態だったのです。

漢方薬の効果は現れたが・・・

速、漢方を飲み始めると、次第に基礎体温が整っていきました。病院の治療から漢方薬に切り替えた7か月後には妊娠がわかります。ところが、このとき不運にも急性気管支炎を患い緊急入院となり、その間に胎児の心拍が停止し流産となってしまいました。

5回目の流産ということでひどく落ち込みましたが、「漢方は裏切らない」という店長の言葉に励まされ、退院後すぐに漢方の服用を再開します

諦めずに続けた結果ついに・・・

方を飲み続けることで、胃腸をはじめ体全体が温まり基礎体温の高温周期も安定。初めて来店したときは青白かった顔色が明らかに良くなり、体がどんどん元気になっていくのがわかりました。漢方の効果を実感してしばらく経ったころ、嬉しい出来事が起こります。40歳にして再び妊娠することができたのです

体質が改善されたことによって、順調に経過。無事に元気な赤ちゃんを出産することができました。

漢方を飲み始めて6か月不妊治療お休み中に妊娠判明

東京都西東京市 T.Y様 (38歳)

不妊の悩みからまさかのがん発覚

T.Yさんは、7年前に長男を授かったものの、なかなか2人目ができない「2人目不妊」に悩まされていました

そろそろ不妊治療をと考えていた矢先、病院の検査で子宮頸がんが発覚します。「もう二人目を産むことはできないのだろうか」「子供の将来はどうなってしまうんだろう」頭の中をさまざまな不安が駆け巡りました。

手術後すぐに不妊治療を開始

期段階での発見、妊娠を強く希望していたこともあり、子宮を温存したまま治療できる円錐切除術を選択。幸いに手術は成功し、転移・再発もありませんでした。

「また何かあったときに後悔したくない」T.Yさんは、退院後すぐに妊娠しやすい体づくりに取り組みます。病院で不妊治療を受けながら、豆乳を飲んだり体を温めたり、良いと聞いたものはすぐに実践していきました。

副作用の少ない漢方への期待

まざまな情報を集める中で、特に興味を引かれたのが漢方薬です。不妊治療による体への負担や薬の副作用に不安を感じていたため、長く飲んでも害がないというのは非常に魅力的でした

数ある漢方薬局の中から、不妊に関して専門性が高く近所で通いやすいということから十字屋平蔵薬局に決め、さっそく『平蔵の子宝相談』を申し込みます。

相談を受けた時点のT.Yさんは、基礎体温が不安定で基礎体温表のグラフはガタガタ、卵胞も15mmから育たないという状況で、子宮筋腫が3個ありました。なかなか妊娠できないという精神的な不安から、ストレスと疲労も大きかったようです。

漢方薬の効果を次々と実感

「とにかく焦らないでくださいね」という店長の言葉に励まされながら、T.Yさんは漢方の服用を開始します。漢方を飲み始めると、基礎体温は徐々に安定していきました。それだけではありません。風邪をひきにくくなり、明らかに健康になっていることが実感できました。

漢方を飲み始めて6か月、ついに第二子の妊娠がわかります。不妊治療を休んでいた時期だったため驚きを隠せず、喜びのあまりご主人に知らせるよりも早く店長に報告したほどでした。十字屋平蔵薬局に出会えて本当に良かったと大変喜ばれています。

不妊治療から漢方に切り替え40歳で自然妊娠

東京都小金井市 S.T様 (40歳)

不妊治療のステップアップに対する抵抗感

金井市在住のS.Tさんは、37歳で結婚後、2年経っても授からなかったことから不妊治療を開始します。約1年かけてタイミング療法に取り組みましたが、毎回望んだ結果を得られずにがっかりするばかりでした。

30代後半という年齢を考慮してか、医師からは排卵誘発剤や人工授精といった次のステップでの治療を提案されます。しかし、どうしても自然妊娠へのこだわりを捨てきれず、受け入れることができませんでした

漢方を取り入れれば自然妊娠できる?

のステップへの決断をできないまま、S.Tさんは40歳の誕生日を迎えます。年齢的な焦りを感じる中、43歳で妊娠した知人から耳寄りな情報を手にしました。「自分が妊娠できたのは漢方のおかげ」だというのです。

「これなら私でも間に合うかもしれない」さっそくインターネットで調べてたどり着いたのが、『平蔵の子宝相談』でした。「子どもを授かりました」「元気な男の子を出産しました」など、掲載されている数々の『お客様の声』に引かれ、すぐに申し込みをします

相談に訪れた時点で体に大きな問題は見られませんでした。しかし、妊娠するには高齢だったことから、血を補う働きのある漢方を服用。妊娠しやすく胎児が育ちやすい体を作るために努めました

漢方薬を4ヶ月飲み続けた結果・・・

S.Tさんが嬉しい結果を手にしたのは、漢方を飲み始めて4か月が経ったころ。ついに待望の妊娠がわかったのです。高齢出産によるさまざまなリスクや体力面での不安から、妊娠中も安胎薬として漢方薬を服用。そのかいあって無事に元気な男の子を出産することができました。現在は育児と仕事に励んでいます。

『平蔵の子宝相談』を利用いただいたお客様がどのようにして成功を手にしたのか? ストーリー形式で紹介します。

5回の流産を乗り越え
40歳で待望の赤ちゃんを出産

東京都西東京市 O.Y様(40歳)

西東京市在住の0.Yさんは、もともと妊娠しづらい体質な上に、妊娠しても出産までたどり着くことができませんでした。

病院で検査を受けたものの原因はわからずじまい。それでも、どうしても子どもが欲しいという思いから、タイミング法に始まり人工授精や体外受精に至るまで、言われるままさまざまな治療を試します。

しかし、結局どの方法も出産までたどり着くことはできませんでした。次第に、不妊や流産の原因を突き止めないまま次々と治療を勧めてくる病院に不信感を抱くようになり、別の方法を探し始めます

そんな中で出会ったのが、地元のミニコミ誌で十字屋平蔵薬局が連載していた漢方コラム『平蔵の漢方相談』です。体質を改善することで症状を克服するという漢方医学の考え方に魅力を感じ、すっかりファンになりました。「ここなら何とかしてくれるかも知れない」病院での治療から漢方薬に切り替えることを決意します

相談に訪れた時点の0.Yさんは東洋医学でいう『腎陽虚』で、顔色が悪く冷え性体質、基礎体温が乱れ生理も遅れていました。ホルモンバランスが悪く血液が不足しているために、卵巣や子宮内に栄養がいきわたらず、排卵・着床が難しい状態だったのです。

早速、漢方を飲み始めると、次第に基礎体温が整っていきました。病院の治療から漢方薬に切り替えた7か月後には妊娠がわかります。ところが、このとき不運にも急性気管支炎を患い緊急入院となり、その間に胎児の心拍が停止し流産となってしまいました。

5回目の流産ということでひどく落ち込みましたが、「漢方は裏切らない」という店長の言葉に励まされ、退院後すぐに漢方の服用を再開します

漢方を飲み続けることで、胃腸をはじめ体全体が温まり基礎体温の高温周期も安定。初めて来店したときは青白かった顔色が明らかに良くなり、体がどんどん元気になっていくのがわかりました。漢方の効果を実感してしばらく経ったころ、嬉しい出来事が起こります。40歳にして再び妊娠することができたのです

体質が改善されたことによって、現在まで順調に経過。無事に元気な赤ちゃんを出産することができました。

漢方を飲み始めて6か月
不妊治療お休み中に妊娠判明

東京都西東京市 T.Y様 (38歳)

T.Yさんは、7年前に長男を授かったものの、なかなか2人目ができない「2人目不妊」に悩まされていました

そろそろ不妊治療をと考えていた矢先、病院の検査で子宮頸がんが発覚します。「もう二人目を産むことはできないのだろうか」「子供の将来はどうなってしまうんだろう」頭の中をさまざまな不安が駆け巡りました。

初期段階での発見、妊娠を強く希望していたこともあり、子宮を温存したまま治療できる円錐切除術を選択。幸いに手術は成功し、転移・再発もありませんでした。

「また何かあったときに後悔したくない」T.Yさんは、退院後すぐに妊娠しやすい体づくりに取り組みます。病院で不妊治療を受けながら、豆乳を飲んだり体を温めたり、良いと聞いたものはすぐに実践していきました。

さまざまな情報を集める中で、特に興味を引かれたのが漢方薬です。不妊治療による体への負担や薬の副作用に不安を感じていたため、長く飲んでも害がないというのは非常に魅力的でした

数ある漢方薬局の中から、不妊に関して専門性が高く近所で通いやすいということから十字屋平蔵薬局に決め、さっそく『平蔵の子宝相談』を申し込みます。

相談を受けた時点のT.Yさんは、基礎体温が不安定で基礎体温表のグラフはガタガタ、卵胞も15mmから育たないという状況で、子宮筋腫が3個ありました。なかなか妊娠できないという精神的な不安から、ストレスと疲労も大きかったようです。

「とにかく焦らないでくださいね」という店長の言葉に励まされながら、T.Yさんは漢方の服用を開始します。漢方を飲み始めると、基礎体温は徐々に安定していきました。それだけではありません。風邪をひきにくくなり、明らかに健康になっていることが実感できました。

漢方を飲み始めて6か月、ついに第二子の妊娠がわかります。不妊治療を休んでいた時期だったため驚きを隠せず、喜びのあまりご主人に知らせるよりも早く店長に報告したほどでした。十字屋平蔵薬局に出会えて本当に良かったと大変喜ばれています。

不妊治療から漢方に切り替え
40歳で自然妊娠

東京都小金井市 S.T様 (40歳)

小金井市在住のS.Tさんは、37歳で結婚後、2年経っても授からなかったことから不妊治療を開始します。約1年かけてタイミング療法に取り組みましたが、毎回望んだ結果を得られずにがっかりするばかりでした。

30代後半という年齢を考慮してか、医師からは排卵誘発剤や人工授精といった次のステップでの治療を提案されます。しかし、どうしても自然妊娠へのこだわりを捨てきれず、受け入れることができませんでした

次のステップへの決断をできないまま、S.Tさんは40歳の誕生日を迎えます。年齢的な焦りを感じる中、43歳で妊娠した知人から耳寄りな情報を手にしました。「自分が妊娠できたのは漢方のおかげ」だというのです。

「これなら私でも間に合うかもしれない」さっそくインターネットで調べてたどり着いたのが、『平蔵の子宝相談』でした。「子どもを授かりました」「元気な男の子を出産しました」など、掲載されている数々の『お客様の声』に引かれ、すぐに申し込みをします

相談に訪れた時点で体に大きな問題は見られませんでした。しかし、妊娠するには高齢だったことから、血を補う働きのある漢方を服用。妊娠しやすく胎児が育ちやすい体を作るために努めました

S.Tさんが嬉しい結果を手にしたのは、漢方を飲み始めて4か月が経ったころ。ついに待望の妊娠がわかったのです。高齢出産によるさまざまなリスクや体力面での不安から、妊娠中も安胎薬として漢方薬を服用。そのかいあって無事に元気な男の子を出産することができました。現在は育児と仕事に励んでいます。

今すぐ無料相談を申し込む

私も妊娠できた!続々届く喜びの声

幸せな妊娠・出産を迎えた方々。次はあなたの番です!

不安や泣き事にも耳を傾けていただき、何度も励まされました。

東京都西東京市 O.Y様(40歳)

O.Y様

初期流産を繰り返し、紹介先の大学病院で検査したものの原因は不明でした。原因がわからないままの治療に成果があるはずもなく、果てには人工授精や体外受精を勧めてくる病院の方針に疑問を抱き、自分の体は自分で見ようと決意。病院の治療を止めました。

「まずは胎内環境作りを」という事でたどり着いたのが漢方治療です。自宅から通える漢方薬局をインターネットで探したところ十字屋さんを見つけ、相談に伺いました。以来、足かけ3年、毎月体調に合わせて薬を調合してくださり、不安や泣き言にも耳を傾けていただき、何度も励まされました。

おかげで、今年の初めに妊娠できました。今度は「これまでの事は何だったの?」と思うほど順調に経過しています。あと少しで待望の赤ちゃんを迎える事ができます! 諦めないで続けて本当に良かったです。ありがとうございました。

とても温かく話を聞いてくださり、長い目で見るゆとりができました。

東京都西東京市 T.Y様 (38歳)

 

7年前に長男を出産後、なかなか2人目ができず、そろそろ不妊治療をと思っていた矢先に子宮頸がんが見つかりました。病名を聞いたときは子どもの将来が見られないのかと泣きましたが、円錐切除術を受け、幸い転移・再発はなし。後悔しないようにと、タイミング療法を実践しながら、妊娠しやすい体に近づけるよう豆乳を飲んだり体を温めることを心がけたりしていました。

十字屋さんのもとへ伺ったのは、漢方は長く飲んでも害はないとの話を聞いたからです。とても温かく話を聞いてくださり、長い目で見るゆとりができました。調合していただいた漢方を飲み始めて6ヶ月足らず、タイミング療法をお休みしている間になんと自然妊娠!! 思えば風邪を引くこともなくなり、これも漢方のおかげだと思います。十字屋さんにめぐりあえて本当に良かったです。ありがとうございました!!

漢方を飲み続けて4ヶ月。無事に妊娠できました。

東京都小金井市 S.T様 (40歳)

 

37歳で結婚後、39歳になっても授からず、約1年間、不妊治療専門病院でタイミング療法を受けていました。40歳である私の年齢を考慮してか、医師からは排卵誘発剤や人工授精等、次のステップを強く勧められていましたが、自然に妊娠したいという気持ちが強く躊躇していました。

そんな中、43歳で出産した方から漢方薬を勧められ、ホームページの「お客様の声」を決め手に十字屋平蔵薬局さんへ足を運びました。「漢方薬は子宮の状態を整えて妊娠しやすい体質作りをするもの」という説明に納得し、漢方を飲み続けて4ヶ月。無事に妊娠できました。

現在は臨月に入りましたが、高齢のリスクを感じることなく、赤ちゃんは順調に育っています。富居先生に出会えたことに感謝しています。

優しく話を聞いてくださり、心底気が楽になったのを覚えています。

東京都西東京市 無記名

3月31日、無事に元気な男の子を出産しました。平蔵先生の漢方を飲み始めてから、3・4回(1年弱程)は行かせていただいたでしょうか? 漢方と毎日の散歩、不妊治療を組み合わせたのが良かったのだと思います。漢方を飲んていた間は、毎年ひいていた風邪に一度もかかりませんでした。水のように冷たかった体が、半年~9ヶ月の間に少しずつ変化していったのは何となく感じました。

体外受精で失敗した時にも、平蔵先生は優しく聞いてくださいました。友人でもパートナーでも家族でもないからこそ、聞いてくださった後は心底気が楽になったのを覚えています。早く連絡したかったのですが、元気な子を産んでからと思っていたので、今、明日退院する病院で書いています。

本当にありがとうございました。今度、子供を連れて伺います。

身体がぽかぽかするのを実感し、2ヶ月目にして妊娠できました。

埼玉県狭山市 C.S様(41歳)

C.S様

ぜいたくかもしれませんが、3人目が欲しくて試行錯誤していました。婦人科系の病院に行こうにも、41歳という年齢や3人目ということもあり、電話口で断られていました。

なかなか授からず1年が過ぎた頃、漢方で妊娠したという話を聞き、ネットで探してこちらへ相談に伺いました。丁寧に話を聞いてくださり、「焦らず体を大事にしてください」と励ましていただきました。この言葉にどれだけ温かな気持ちになったことか。

漢方を飲み始め、冷え性の身体がぽかぽかするのを実感。本当に体の芯から温まっているのがわかったのです。そして、2ヶ月目にして妊娠することができました

安くないので最初は悩みましたが、続けて良かったと思います。ありがとうございます。

38歳となりましたが、希望が叶い妊娠することができました。

埼玉県所沢市 M.K様(38歳)

M.K様

結婚して3年、なかなか妊娠できず悩んでいました。病院での不妊治療はできればしたくなかったので、自宅(所沢市)から近い十字屋平蔵薬局さんにお願いしました。

身体の状態から精神的なことまで丁寧に問診してくださり、基礎体温表も参考にしながら処方してくださいました。38歳となりましたが、希望が叶い妊娠することができました。11月末に出産予定です。心から感謝申し上げます。

体質にあった漢方を調合していただき、5ヶ月目に妊娠できました。

東京都西東京市 Y.Y様(36歳)

 

第2子を流産後、すぐにでも欲しいと望んでおりましたが、なかなか授からず悩んでいました。そのような時、漢方で妊娠された方の記事をタウン情報誌で読み、体質改善することで自然妊娠できたらと十字屋平蔵薬局さんをお訪ねしました。

丁寧な対応で、私の体質にあった漢方を調合していただきました。他の病気と違ってすぐに効果がわからないので不安に思う時もありましたが、飲み始めて5ヶ月目に妊娠できました

『平蔵の子宝相談』を利用して本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

相談に乗っていただき、体の変化に合わせて薬を変えてくれました。

東京都練馬区 M.T様(35歳)

 

自分の年齢もそうですが、父が高齢ということもあり、早く赤ちゃんが欲しくて焦ってました。焦ると何か探したくなり、インターネットなどで「不妊」という言葉を見付けては落ち込んで悩む毎日でした。

ある日、オレンジページで漢方の記事を見て興味を持ち十字屋さんへ。すぐに、妊娠しやすい体作りを始めました。毎月相談に乗っていただき、体の変化に合わせて薬を変えてくれました。そして、8回目のお薬を飲み終わる頃に妊娠が判明

お店に報告に行くと、皆さん本当に喜んでくれました。あの時、私も本当に嬉しかったです。赤ちゃんが無事に生まれたら見せに行きます。ありがとうございました。

漢方薬と一緒に送られてくる手書きの手紙に元気づけられました。

愛知県知立市 A.H様(26歳)

 

結婚して1年ちょっと、子供ができず悩んでいる時、漢方薬を飲むと良いとの情報を聞き、インターネットで探して注文し始めました。

十字屋平蔵さんはとても親切丁寧で、色々相談に乗りながら一人一人に見合った漢方薬を調合してくれます。漢方薬と一緒に送られてくる心温まる手書きの手紙に元気づけられ、「今日はどんなことが書いてあるのだろう?」と毎月楽しみでした。また、漢方薬の中身や効能などもきちんと説明していただけるので、とても信頼できます。

1年飲み続け、3か月ほど前にやっと子供を授かりました。今はとても嬉しく、半年後に産まれてくる赤ちゃんの誕生を待ちわびています。信じて飲み続けてよかったです。本当にありがとうございました。

※基本的にはお客様ご本人の写真を使用していますが、一部イメージ写真で代用させていただいています。
※掲載のコメントは個人の感想であり、個人差があります。

幸せな妊娠・出産を迎えた方々
次はあなたの番です!

不安や泣き事にも耳を傾けていただき、何度も励まされました。

東京都西東京市 O.Y様(40歳)

O.Y様

初期流産を繰り返し、紹介先の大学病院で検査したものの原因は不明でした。原因がわからないままの治療に成果があるはずもなく、果てには人工授精や体外受精を勧めてくる病院の方針に疑問を抱き、自分の体は自分で見ようと決意。病院の治療を止めました。

「まずは胎内環境作りを」という事でたどり着いたのが漢方治療です。自宅から通える漢方薬局をインターネットで探したところ十字屋さんを見つけ、相談に伺いました。以来、足かけ3年、毎月体調に合わせて薬を調合してくださり、不安や泣き言にも耳を傾けていただき、何度も励まされました。

おかげで、今年の初めに妊娠できました。今度は「これまでの事は何だったの?」と思うほど順調に経過しています。あと少しで待望の赤ちゃんを迎える事ができます! 諦めないで続けて本当に良かったです。ありがとうございました。

とても温かく話を聞いてくださり、長い目で見るゆとりができました。

東京都西東京市 T.Y様 (38歳)

 

7年前に長男を出産後、なかなか2人目ができず、そろそろ不妊治療をと思っていた矢先に子宮頸がんが見つかりました。病名を聞いたときは子どもの将来が見られないのかと泣きましたが、円錐切除術を受け、幸い転移・再発はなし。後悔しないようにと、タイミング療法を実践しながら、妊娠しやすい体に近づけるよう豆乳を飲んだり体を温めることを心がけたりしていました。

十字屋さんのもとへ伺ったのは、漢方は長く飲んでも害はないとの話を聞いたからです。とても温かく話を聞いてくださり、長い目で見るゆとりができました。調合していただいた漢方を飲み始めて6ヶ月足らず、タイミング療法をお休みしている間になんと自然妊娠!! 思えば風邪を引くこともなくなり、これも漢方のおかげだと思います。十字屋さんにめぐりあえて本当に良かったです。ありがとうございました!!

漢方を飲み続けて4ヶ月。無事に妊娠できました。

東京都小金井市 S.T様 (40歳)

 

37歳で結婚後、39歳になっても授からず、約1年間、不妊治療専門病院でタイミング療法を受けていました。40歳である私の年齢を考慮してか、医師からは排卵誘発剤や人工授精等、次のステップを強く勧められていましたが、自然に妊娠したいという気持ちが強く躊躇していました。

そんな中、43歳で出産した方から漢方薬を勧められ、ホームページの「お客様の声」を決め手に十字屋平蔵薬局さんへ足を運びました。「漢方薬は子宮の状態を整えて妊娠しやすい体質作りをするもの」という説明に納得し、漢方を飲み続けて4ヶ月。無事に妊娠できました。

現在は臨月に入りましたが、高齢のリスクを感じることなく、赤ちゃんは順調に育っています。富居先生に出会えたことに感謝しています。

優しく話を聞いてくださり、心底気が楽になったのを覚えています。

東京都西東京市 無記名

3月31日、無事に元気な男の子を出産しました。平蔵先生の漢方を飲み始めてから、3・4回(1年弱程)は行かせていただいたでしょうか? 漢方と毎日の散歩、不妊治療を組み合わせたのが良かったのだと思います。漢方を飲んていた間は、毎年ひいていた風邪に一度もかかりませんでした。水のように冷たかった体が、半年~9ヶ月の間に少しずつ変化していったのは何となく感じました。

体外受精で失敗した時にも、平蔵先生は優しく聞いてくださいました。友人でもパートナーでも家族でもないからこそ、聞いてくださった後は心底気が楽になったのを覚えています。早く連絡したかったのですが、元気な子を産んでからと思っていたので、今、明日退院する病院で書いています。

本当にありがとうございました。今度、子供を連れて伺います。

身体がぽかぽかするのを実感し、2ヶ月目にして妊娠できました。

埼玉県狭山市 C.S様(41歳)

C.S様

ぜいたくかもしれませんが、3人目が欲しくて試行錯誤していました。婦人科系の病院に行こうにも、41歳という年齢や3人目ということもあり、電話口で断られていました。

なかなか授からず1年が過ぎた頃、漢方で妊娠したという話を聞き、ネットで探してこちらへ相談に伺いました。丁寧に話を聞いてくださり、「焦らず体を大事にしてください」と励ましていただきました。この言葉にどれだけ温かな気持ちになったことか。

漢方を飲み始め、冷え性の身体がぽかぽかするのを実感。本当に体の芯から温まっているのがわかったのです。そして、2ヶ月目にして妊娠することができました

安くないので最初は悩みましたが、続けて良かったと思います。ありがとうございます。

38歳となりましたが、希望が叶い妊娠することができました。

埼玉県所沢市 M.K様(38歳)

M.K様

結婚して3年、なかなか妊娠できず悩んでいました。病院での不妊治療はできればしたくなかったので、自宅(所沢市)から近い十字屋平蔵薬局さんにお願いしました。

身体の状態から精神的なことまで丁寧に問診してくださり、基礎体温表も参考にしながら処方してくださいました。38歳となりましたが、希望が叶い妊娠することができました。11月末に出産予定です。心から感謝申し上げます。

体質にあった漢方を調合していただき、5ヶ月目に妊娠できました。

東京都西東京市 Y.Y様(36歳)

 

第2子を流産後、すぐにでも欲しいと望んでおりましたが、なかなか授からず悩んでいました。そのような時、漢方で妊娠された方の記事をタウン情報誌で読み、体質改善することで自然妊娠できたらと十字屋平蔵薬局さんをお訪ねしました。

丁寧な対応で、私の体質にあった漢方を調合していただきました。他の病気と違ってすぐに効果がわからないので不安に思う時もありましたが、飲み始めて5ヶ月目に妊娠できました

十字屋平蔵薬局さんに相談して本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

相談に乗っていただき、体の変化に合わせて薬を変えてくれました。

東京都練馬区 M.T様(35歳)

 

自分の年齢もそうですが、父が高齢ということもあり、早く赤ちゃんが欲しくて焦ってました。焦ると何か探したくなり、インターネットなどで「不妊」という言葉を見付けては落ち込んで悩む毎日でした。

ある日、オレンジページで漢方の記事を見て興味を持ち十字屋さんへ。すぐに、妊娠しやすい体作りを始めました。毎月相談に乗っていただき、体の変化に合わせて薬を変えてくれました。そして、8回目のお薬を飲み終わる頃に妊娠が判明

お店に報告に行くと、皆さん本当に喜んでくれました。あの時、私も本当に嬉しかったです。赤ちゃんが無事に生まれたら見せに行きます。ありがとうございました。

漢方薬と一緒に送られてくる手書きの手紙に元気づけられました。

愛知県知立市 A.H様(26歳)

 

結婚して1年ちょっと、子供ができず悩んでいる時、漢方薬を飲むと良いとの情報を聞き、インターネットで探して注文し始めました。

十字屋平蔵さんはとても親切丁寧で、色々相談に乗りながら一人一人に見合った漢方薬を調合してくれます。漢方薬と一緒に送られてくる心温まる手書きの手紙に元気づけられ、「今日はどんなことが書いてあるのだろう?」と毎月楽しみでした。また、漢方薬の中身や効能などもきちんと説明していただけるので、とても信頼できます。

1年飲み続け、3か月ほど前にやっと子供を授かりました。今はとても嬉しく、半年後に産まれてくる赤ちゃんの誕生を待ちわびています。信じて飲み続けてよかったです。本当にありがとうございました。

※基本的にはお客様ご本人の写真を使用していますが、一部イメージ写真で代用させていただいています。
※掲載のコメントは個人の感想であり、個人差があります。

『平蔵の子宝相談』で
不安・不満のない妊活への一歩を

十字屋平蔵薬局では、妊活・不妊治療に関する無料相談を受け付けています。店舗までお越しいただく対面形式で、所要時間は1時間ほどです。 この無料相談に申し込むことで、あなたは以下のポイントについて知ることができます。

幸せな妊活を送るために知っておくべきこと(これを知らずに妊活を始めてしまうと、後になって夫婦間のすれ違いが起きる恐れがあります。)

東洋医学と西洋医学の違い(どちらが良い悪いではなく、体の状態や状況に応じて判断することが大切です。それぞれの違いや併用する方法について説明します。)

あなたにとって最適な妊活方法(これまでの不妊治療の経緯や体調・体質についてお聞きし、あなたに合った妊活を提案します。)

妊活で問題となる費用のこと(妊活にはある程度の出費はやむを得ませんが、経済的な負担によって生活が苦しくなることは避けたいもの。不妊治療のトータルコストについてお話します。)

妊活の本当のゴールとは?(妊娠・出産することだけがゴールではありません。本当に大切にすべきことについて説明します。)

今、あなたの目の前には
2つの選択肢があります。

どちらを選ぶもあなた次第です。しかも、相談は無料、あなたにリスクはありません。試してみる価値があると思いませんか?

もちろん、無料相談をお申し込みになったからといって、無理に商品を勧めるようなことはありません。安心してお申し込みください。

妊活・不妊治療に関するよくある質問

病院で不妊治療を受けていますが、併用することはできますか?

子宝のためにご来店いただく方の半数以上は不妊外来での治療と併用しており、これまで相互作用の問題が起きたケースはありません。むしろ西洋医学の治療と漢方薬による妊娠しやすいからだづくりは相性も良く、妊娠率を高めることが期待できます。

旦那や両親にも相談できずにいるのですが、話だけでも聞いてもらえますか?

時間の制限はございますが、お話だけでもご相談に乗らせていただきます。子宝のための漢方薬を服用するにあたっての不安やご質問等お気軽にお尋ねください。

病院やクリニックで自然妊娠は難しいと言われたのですが、漢方で何とかならないでしょうか?

不妊外来では、タイミング指導による自然妊娠で結果が出ない場合、人工授精そしてART(生殖補助医療)といわれる体外受精や顕微授精などへステップしていきます。お客様の中には、あくまでも自然な妊娠を希望されるご夫婦も一定数おられます。周期療法などに漢方薬を取り入れることでホルモンバランスが整い、妊娠しやすいからだづくりが可能です。西洋医学の治療で精子と卵子を出会いやすくすることはできますが、赤ちゃんを育む力を養うには漢方薬がおすすめです。

相談前に何か用意しておいたほうがいいものはありますか?

基礎体温表・病院での検査データ・普段服用しているお薬やサプリメントがありましたらご持参ください。これまでの治療の経過や体質などを判断するうえで助けになります。店主は救急病院や調剤薬局での実務経験もあり、西洋医学にも精通しております。ご安心ください。

相談の際は夫婦で伺った方がよろしいでしょうか?

妊活を成功させるにはご夫婦の思いが大切ですが、仕事や時間の都合でご一緒できないケースが多くあります。ですから、ご来店はお一人でも構いません。当店では、漢方薬の調合と同時に電話や妊活専用チャットでのご相談サービスも行っております。ご夫婦でご利用ください。

予算や期間はどのくらいかかりますか?

価格帯に幅はありますが、一か月分でおよそ2万円台から3万円台が多く、ご夫妻で一緒に服用する場合は3万円台から4万円台になります。期間については、すぐにでも妊娠していただければこちらも嬉しく思いますが、焦らずに半年あるいは一年以内位の妊娠を目標にされることをおすすめしております。ご予算などご希望がある場合はおっしゃってください。

男性不妊にも漢方は有効でしょうか?

もちろん有効です。不妊治療はとかく女性側だけになりやすいですが、精子の運動率・数不足など、男性側の原因の場合も多くあり漢方薬が効果的です。

何歳くらいまで相談に乗ってもらえますか?

男女ともに、年齢制限はありません。ですが、女性の場合は特に45歳以上になるとホルモンのバランスが悪くなり排卵しにくい状態になってきます。ですからなおのこと、補腎薬などアンチエイジングに対応する漢方薬でチャンスを十分に生かしていただきたいと思います。

遠方なのですが、どのくらいのペースで通えばよいでしょうか?

基本的に他の慢性疾患と同様に、一か月に一度ご来店いただいております。生理の具合や他の体調も合わせてお伺いさせていただきます。特に問題がなければ、二回目以降の相談時間は約30分以内です。ご足労でも当店まで足をお運びください。

まだ結婚前なのですが、今からできることはありますか?

もちろん、ございます。お客様の中には子宮内膜症や子宮筋腫、高プロラクチン血症(HPRL)、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、ストレスや冷え・疲労からの生理不順などでお悩みの方も多数おられます。これらの症状は、一朝一夕に体質改善とはなりません。早め早めの対応が大切です。

医療費控除は受けられますか?

治療目的の漢方薬は医療費控除の対象になります。病院の治療費などを合わせて年間10万円を超えた場合、所得税の控除が受けられるお得な制度です。お会計の際は念のためこちらよりお伝えしておりますが、ご不明な点がありましたら何なりとお尋ねください。

子連れで相談に伺っても大丈夫でしょうか?

お子様とご一緒の相談でもくつろいでいただけるよう配慮しております。ご予約のうえご来店ください。

一回の相談時間はどのくらいでしょうか?

初回はこれまでの不妊治療の経過や経緯、生理前後あるいは生理中のご様子、体質などをお聞きするため、およそ1時間ほどお時間をいただいております。二回目以降は30分前後ですが、お客様のご様子や状況に合わせて臨機応変に対応しております。ご安心ください。

流産を繰り返しているのですが、不育症にも漢方は有効でしょうか?

これまで、不妊症に関するさまざまなご相談に対応してまいりました。諦める前に是非一度ご相談ください。どなたにもほっとしていただける、喜んでいただける漢方薬局を目指して日夜励んでおります。

オーナープロフィール

 

富居 博典
北海道出身・東京薬科大学卒業・クリスチャン薬剤師(プロテスタント教会)

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会/緑健会/日本中医薬研究会

総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。
漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。

十字屋平蔵薬局
〒202-0002 東京都西東京市ひばりが丘北3-5-22
電話・FAX:042-438-8482
フリーダイヤル:0120-982-566(関東エリアのみ対応)
営業案内:平日:10:00~19:00 土曜日:10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
西武池袋線『ひばりが丘駅』(急行で池袋から2つ目)北口より徒歩1分。みずほ銀行の通りを保谷駅方面にまっすぐ歩いてすぐ。

オーナープロフィール

 

富居 博典
北海道出身
東京薬科大学卒業
クリスチャン薬剤師
(プロテスタント教会)

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会/緑健会/日本中医薬研究会

総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。
漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。
地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。

十字屋平蔵薬局
〒202-0002
東京都西東京市ひばりが丘北3-5-22
電話・FAX:042-438-8482
フリーダイヤル:0120-982-566(関東のみ)
西武池袋線『ひばりが丘駅』北口より徒歩1分。みずほ銀行の通りを保谷駅方面にまっすぐ歩いてすぐ。

無料相談お申し込みフォーム

無料相談をご希望の方は、以下のフォームに必要事項を記入し送信してください。相談は十字屋平蔵薬局(西武池袋線『ひばりが丘駅』北口より徒歩1分)までお越しいただき、対面で行います。初回の相談時間は1時間ほどです。相談日時につきましては、当社休業日を除き通常24時間以内にお知らせします。都合により日程・時間の調整をさせていただく場合がございますので了承ください。
相談日時が決まりましたら、交通案内等をお知らせします。

0120-982-566
必須入力
必須入力
--
必須入力
必須入力
※日・祝日は定休日になります
必須入力
必須入力
※日・祝日は定休日になります
必須入力

十字屋平蔵薬局
〒202-0002
東京都西東京市ひばりが丘北3-5-22
電話・FAX:042-438-8482
フリーダイヤル:0120-982-566(関東のみ)
平日:10:00~19:00 土曜日:10:00~17:00 
定休日:日曜・祝日