大柴胡湯の効能とは? 成分・適した症状・漢方薬局について徹底解説

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

大柴胡湯(だいさいことう)を処方された・試してみたいという方は、効能が気になりますよね。大柴胡湯は、脂肪の代謝を助ける漢方です。余分な脂肪が体内に吸収されるのを抑える作用もあります。便秘がちな方や肥満症の方にもおすすめです。漢方の服用前は、大柴胡湯の成分や効能をきちんと理解しておきましょう。

  1. 大柴胡湯の効能とは?
  2. 大柴胡湯について
  3. 大柴胡湯はどこで処方してもらえるのか?
  4. 大柴胡湯でよくある質問

この記事を読むことで、大柴胡湯の効能についてよく分かります。 大柴胡湯に適応する症状や、漢方薬の入手先なども覚えておきましょう。

1.大柴胡湯の効能とは?

大柴胡湯にはどのような効能があるのでしょうか?

1-1.肝臓での脂質代謝を上げる効果がある

肝臓は、脂肪を分解する臓器です。肝臓の代謝能力が低下していると、余分な脂肪が血液に流れ込み、肥満や便秘を招きます。大柴胡湯は肝臓の脂質代謝を上げる効能があり、肝機能の向上も期待できる漢方です。「気」の巡りを改善し、心身のバランスを整える働きもあります。

1-2.大腸から脂肪を排出するように働きかける

大柴胡湯には、3つの特徴があります。

  • 小腸での脂質吸収を抑える
  • 肝臓の脂肪代謝能力アップ
  • 大腸から脂肪を排出する

脂質は体内に溜(た)まりやすいものです。 また、更年期の女性は代謝能力が落ち、肥満になりやすい傾向があります。大柴胡湯は、加齢による代謝能力低下などにアプローチし、体質改善を促すのも特徴です。

2.大柴胡湯について

大柴胡湯が処方されるケースや向いている症状などを解説します。

2-1.8つの生薬が配合された漢方薬

大柴胡湯には、8つの生薬が配合されています。

  • 柴胡(さいこ)
  • 黄ごん
  • 半夏(はんげ)
  • 枳実(きじつ)
  • 大黄(だいおう)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 大棗(たいそう)

柴胡と黄ごんには、抗炎症作用があります。吐き気や精神不安には、半夏と枳実が有効です。便秘改善に役立つ大黄と鎮痛作用のある芍薬が含まれています。漢方の生薬は単独で服用するより、組み合わせることでより高い効能を得られるようになっているのです。

2-2.肝臓や胃腸障害・高血圧の症状緩和に処方されることが多い

大柴胡湯は、肝臓・胆のう・胃腸障害がある場合や、高血圧によるめまいや肩こりなどがある場合に処方されます。便秘や痔の改善を目的に処方されることも多い漢方です。更年期の女性はエストロゲンが減少し、筋力や代謝能力の低下が起こります。脂肪を蓄積しやすい体質に変化する時期で、肥満や便秘に悩まされることがあるでしょう。大柴胡湯は、更年期の女性が肥満や便秘に悩んでいる場合に処方されることが多い漢方です。

2-3.体力がある人向けの漢方

漢方薬は、体質や症状によって処方されるものが異なります。大柴胡湯の場合、体力があり、体格ががっちりしている人向けの漢方です。軟便傾向にある人には大柴胡湯去大黄(だいさいことうきょだいおう)のほうが向いています。大柴胡湯が適応となるのは、慢性便秘の方です。また、冷え性や虚弱体質の方には向きません。

2-4.ストレスに負けない体を作ることができる

「気」の巡りを改善する大柴胡湯は、代謝能力を上げるだけでなく、ストレスによるイラつきなどの症状にも効能を示します。服用を続けることで心身のバランスを取り戻し、ストレスに負けない体を作ることができるでしょう。

3.大柴胡湯はどこで処方してもらえるのか?

大柴胡湯の処方を受けられるところや、飲み方などをご紹介します。

3-1.漢方医がいる病院や漢方薬局で処方してもらえる

漢方は、個々の体質・体格・症状を見極め、適切な処方をしてもらうことが大切です。そのため、漢方に関する専門知識が豊富であることが求められます。東洋医学について学んだ漢方専門医がいる病院や、処方実績が豊富な漢方薬局に相談しましょう。

3-2.漢方薬局の無料相談を利用する方法がおすすめ

漢方薬の処方前は、カウンセリングをしっかり行ってもらいましょう。症状の改善には、漢方薬を服用するだけでなく、普段の過ごし方や症状などを聞いてもらい、飲み方や生活スタイルの見直しなどのアドバイスを受けることも大切です。無料相談を行っている漢方薬局を利用し、漢方薬に関する不安や疑問なども事前に解消しておきましょう。無料相談は、十字屋平蔵薬局までお問い合わせください。

3-3.体内に吸収されやすい空腹時の服用が適している

生薬の成分が体内に吸収されやすいのは、空腹時です。漢方薬は食後ではなく、食間や食前に服用しましょう。食間とは、食後2時間程度が経過したころです。毎日同じ時間帯に服用すると、より効能を得られやすくなります。

3-4.漢方薬の費用は?

漢方薬の費用は、漢方薬局によって異なります。十字屋平蔵薬局では、一律で漢方薬の費用を決めているので安心です。1日あたり500円前後(税抜き)となっています。予算に上限がある場合は、無料相談の際にお伝えください。

3-5.服用中の薬を申告してから処方を受けること

既往症があり服用中の薬がある場合は、処方前に申告してください。飲み合わせが悪いと副作用が起こる場合があるからです。大柴胡湯だけでなく、ほかの漢方薬を服用している場合も、生薬の重複には気をつけなければなりません。特に、大黄を含んだものは過剰摂取をしないよう注意が必要です。お薬手帳など服用中の薬が分かるものを持参しましょう。

4.大柴胡湯でよくある質問

大柴胡湯に関する質問を集めました。漢方薬局に関する疑問もご紹介します。

Q.妊娠の可能性がある場合、大柴胡湯の服用は避けたほうがいいのか?
A.大柴胡湯に配合されている大黄により、子宮の収縮や骨盤内臓器の充血を招く恐れがあります。妊娠の可能性がある場合は、流産や早産などのリスクが高まるので注意してください。妊娠の可能性がある方だけでなく、授乳中の方も自己判断で服用せず、医師に相談してから服用しましょう。

Q.吐き気がある場合は服用するタイミングを変えてもいいのか?
A.食欲不振・吐き気などの症状がある場合は、食後に服用しても構いません。漢方薬の服用を続けても症状が改善しないようなら、処方された病院や漢方薬局に相談しましょう。

Q.大柴胡湯で起こり得る副作用とは?
A.副作用には、食欲不振・吐き気・下痢・胃の不調・腹痛などがあります。漢方は副作用が比較的起こりにくいとされていますが、違和感を抱いたらすぐに処方先に相談してください。

Q.漢方薬はどのような形状で処方されるのか?
A.十字屋平蔵薬局では、煎じ薬か粉薬での処方を行っています。漢方薬は継続して服用することで体質改善につながるため、飲みやすいものであることが大切です。形状に希望がある場合は、処方前にご相談ください。

Q.大柴胡湯の処方はメールや電話だけではできないのか?
A.初回は、十字屋平蔵薬局の店頭に来店していただく必要があります。カウンセリングをし、体質や症状などを確認するためです。来店時は、事前に予約していただいたほうがスムーズなご案内ができます。2回目以降は、再注文の申し込みメールフォームや電話でも対応可能です。

まとめ

大柴胡湯は、肝臓・胃腸障害・高血圧による諸症状に対応した漢方です。肝機能の脂肪代謝能力を高め、脂肪の蓄積を防ぐ効能があります。更年期で代謝が落ちて肥満や便秘がある方などに処方されるケースも多いものです。漢方薬は、飲み合わせや体質を見ながら処方する必要があります。十字屋平蔵薬局では無料相談を行っているので、お気軽にご相談ください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局