冷え性の改善に漢方薬が効果的? 症状や購入方法と共に解説

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「少し気温が下がると、すぐに手足の先が氷のように冷える」「体が芯から冷えてしまうと、なかなか温まらない」と悩んでいる人はいませんか? これらは、冷え性の代表的な症状です。冷え性は体質だからと思っている人も多いことでしょう。しかし、漢方薬を服用することにより、冷え性が改善する人もいます。

今回は、冷え性の原因や対処方法、漢方薬を用いた改善方法などを紹介しましょう。

  1. 冷え性の基礎知識
  2. 冷えの弊害
  3. 漢方薬を用いた冷え性の改善方法
  4. 漢方薬局の利用方法
  5. 冷え性や漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、漢方薬を服用することにより、改善する可能性が高い冷え性の特徴などもよく分かります。冷え性に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.冷え性の基礎知識

はじめに、冷え性の定義や症状・冷え性になりやすい人などを紹介します。

1-1.冷え性は体温に関係なく体が冷えていると感じること

冷え性とは、「体がすぐに冷える・なかなか温まらない」と感じる症状の総称です。しかし、体温自体が低下しているわけではありません。本人が「自分の体はすぐに冷え、なかなか温まらない」と感じれば、冷え性と言えます。

1-2.冷え性の症状

冷え性の代表的な症状には、以下のようなものがあります。

  • 手足の末端がすぐに冷たくなる
  • お腹や腰回りが冷え、下痢をしやすい
  • 上半身はそれほどでもないが、下半身に冷えを感じやすい
  • 体全体が冷えやすく、一度冷えると温まるまで時間がかかる
  • 体に常に冷えを感じ、冷えが強くなると体調も悪くなる

このように、冷えといっても人によってさまざまな症状があるのです。ちなみに、手足の末端が冷えやすい場合は末端冷え性、全身が冷える場合は全身型冷え性とも言われています。

1-3.自覚のない冷え性もいる

年を取るにしたがって、身体は冷えやすくなります。また、年を取るにしたがって感覚が鈍くなるので自分が「冷えている」という自覚がない隠れ冷え性の人もいるでしょう。特に、中年以降の男性は「自分は冷えと無縁である」と思いやすく、女性の中でも冷えに無自覚な人もいます。

1-4.冷え性の原因

冷え性の主な原因は以下のようなものです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経の乱れ
  • 貧血
  • 新陳代謝の低下
  • 喫煙などにより、血管が収縮傾向にある
  • 冷たいものの取りすぎ

つまり、冷えを感じる人は病気ではないけれど体の不調を抱えている可能性が高いでしょう。

2.冷えの弊害

前述したように、冷えを感じやすくなるのは、自律神経や血行・新陳代謝などが乱れや悪化が関係している可能性があります。そのため、風邪をひきやすくなる・疲れやすい・食欲不振などの症状が現れることもあるでしょう。また、血行が悪くなると、冷えだけでなく、筋肉も硬くなり、肩こりや腰痛が起こりやすくなります。さらに、月経不順などが症状として現れた場合、不妊につながることもあるでしょう。そのため、「冷えは万病のもと」と言われることもあります。

3.漢方薬を用いた冷え性の改善方法

この項では、漢方薬を用いて冷え性を改善する方法や、自分に合った漢方薬を処方してもらう方法を紹介します。

3-1.東洋医学における冷え性の考え方

東洋医学では、体の働きや機能を「肝・心・脾(ひ)・肺・腎(じん)」の5つ(五臓)に分類し、そこを気(生命エネルギー)・血(血液)・水(血液以外の体液)が規則ただしく巡っている状態を、健康と考えています。冷え性は、気が不足したり、血や水が滞っていたりするため起こると考えられているのです。

3-2.漢方薬を用いて冷え性を改善するメリット

東洋医学には、「未病」という考え方があります。未病とは、病気ではない体の不調の総称で、放置しておくと病気の原因となる可能性があるものです。西洋医学では病気を治す方法は豊富ですが、病気ではない体の不調を治す方法はほとんどありません。東洋医学では、漢方薬を服用して体質を改善することにより、未病の治療を試みます。冷えは、まさに未病の代表的なものです。冷えからくる食欲不振・不眠・月経不順に悩んでいる人も、漢方薬を服用してみましょう。

3-3.冷え性の改善に用いられる漢方薬

ここでは、冷え性の改善に用いられる漢方薬の一例を紹介します。なお、漢方薬は病院で処方される薬と併用できますが、必ずお薬手帳を薬局に持参し、薬剤師に相談してください。

3-3-1.十全大補湯(じゅうぜんたいほほとう)

体力・気力共に不足し、貧血や手足の冷えなどに悩まされている人に処方される漢方薬です。気力を充実させ、消化機能の改善や自律神経を整える効果も期待できるので、病み上がりの人にも処方されます。

3-3-2.温経湯(うんけいとう)

温経湯は、女性の冷え性の改善に用いられることの多い漢方薬です。ホルモンバランスを整える効果が期待できるので、更年期障害の人にも処方されることがあります。不妊治療の改善にも用いられることも多いでしょう。

3-3-3.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散も女性に用いられることが多く、特に体力がない人や月経不順の人によく処方されます。体内を巡る水の流れを整え、滞っていた余分な水を体外へ排出する効果も期待できるでしょう。

4.漢方薬局の利用方法

漢方薬局は、通常の薬局とは異なり、漢方薬の調剤や販売を専門に行う薬局です。漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しているので、症状や体質の相談をしながら、自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。冷え性の原因や症状は人ごとに異なるため、自分に適した漢方薬を調合してもらえるでしょう。現在は、サイトから相談を予約できたり、メールで相談ができたりする薬局も増えています。
なお、漢方薬を用いて体質を改善したい場合は、2週間以上服用しないと効果が実感しにくいものもあるでしょう。そのため、まずは2週間分処方してもらい、効果が実感できたら継続して服用してください。十字屋平蔵薬局では、1日分500円前後で漢方薬を処方しています。

5.自分でできる冷えの改善方法

漢方薬の服用と併せ、以下のような方法を試すとより冷え性を改善しやすくなるでしょう。

  • おなか周りを冷やさないように服装を心がける
  • 夏でも、冷たいものを控えて温かいものを食べたり飲んだりする
  • 規則正しい生活をする
  • 暴飲暴食以外のストレス解消を試みる
  • 適度な運動をする

なお、前述したように喫煙は血管を収縮させて冷えを悪化させるので、喫煙の習慣がある人は禁煙を第一に考えましょう。また、夏でも冷房が強い場所に長時間いる場合は、服装に気を付けることが大切です。

6.冷え性や漢方薬に関するよくある質問

この項では、冷え性や漢方薬に関するよくある質問を紹介します。

Q.冷え性は、子どもでも起こるでしょうか?
A.はい。特に思春期の女性はホルモンバランスが崩れやすく冷えを感じやすくなります。

Q.冷え性は、男性でも起こるでしょうか?
A.もちろんです。40代以降になると男性も脂肪が増えて体が冷えやすくなります。しかし、自覚がなく冷えと気づかない人もいるでしょう。

Q.冷え性は、漢方薬ですぐに改善しますか?
A.飲めば数時間で冷え性が治る、ということはありませんが、2週間以上服用することで効果を実感する人もいるでしょう。

Q.漢方薬は、子どもから高齢者まで服用できますか?
A.はい。漢方専門の薬剤師に相談すれば、それぞれの人の症状に合った漢方薬が処方されるでしょう。

Q.冷え性は、厚着をしたほうがいいですか?
A.厚着をしてもいいですが、汗をかくと体が冷えることがあります。脱ぎ着できる服装をして調節できるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は冷え性の原因や症状、漢方薬を用いた改善方法を紹介しました。体を温めることで、内臓の働きもよくなります。食欲不振・便秘・下痢なども改善する可能性があるでしょう。ぜひ、漢方薬を冷えの改善に取り入れてみてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局