ほてりの原因や対処方法を解説! 漢方薬を効果的に取り入れるには?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

ほてりとは、異常な熱感を覚えることです。ほてりを感じる場所は首から上が多く、一時的なほてりは誰もが一度は感じたことがあると思います。しかし、何らかの原因でほてりが頻繁に起こるようになると、生活に支障が出ることもあるでしょう。ほてりを解消する方法はいろいろありますが、漢方薬が効果的なケースもあるのです。
今回は、ほてりの原因や解消法、漢方薬を用いた改善方法などを紹介します。

  1. ほてりの基礎知識
  2. ほてりの対処方法や予防方法
  3. 漢方薬でほてりを改善する方法
  4. 自分に合った漢方薬を処方してもらう方法
  5. ほてりや漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、自分の症状に合った漢方薬を処方してもらう方法もよく分かるでしょう。ほてりに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ほてりの基礎知識

はじめに、ほてりが起こる原因や体に与える影響を解説します。

1-1.ほてりとはどのようなもの?

前述したように、ほてりとは体の一部、もしくは全身に熱感を覚える症状のことです。一般的に、首から上に熱さを感じること人が多いでしょう。発熱や日焼けなどでほてりを感じることもあれば、体は冷えているのに首から上だけ汗をかくほどほてりを感じることもあります。ほてりがひどいと、首から上だけ大量の汗をかくこともあるでしょう。

1-2.ほてりの原因

ほてりの原因には、以下のようなものがあります。

  • 発熱や日焼け
  • 冷え
  • 自律神経の乱れ
  • 女性ホルモンの影響(更年期障害など)
  • 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)や高血圧症などの病気
  • 寒暖差疲労(急激な寒暖差を頻繁に感じると、体温調節機能が混乱して起こる疲労)

ほてりを急に感じたらまず熱をはかってみましょう。また、日焼けによるほてりはやけどの一種なので、ほてりとともに痛みや水ぶくれがある場合は、冷水で皮膚を冷やした後で皮膚科を受診してください。

1-3.ほてりの影響

ほてりは病気ではありません。しかし、病気の症状としてほてりが現れることもあります。ほてりを頻繁に感じるようになった場合は、念のために病院を受診しましょう。かかりつけ医がある場合は、そこで相談してください。また、原因によっては首から上は汗をかくほどほてっているのに、下半身や手足の末端は冷たいということもあるでしょう。そのような状態が長く続くと、ストレスで体調をくずす人もいます。さらに、更年期障害が原因でほてりが起きる場合、ほてり以外にも気分の不調・頭痛・抑うつ状態などの症状が出ることもあるでしょう。

1-4.ほてりを感じやすい人とは?

ほてりは、性別や年齢問わずに感じる症状ですが、以下のような人は特にほてりを感じやすいでしょう。

  • 冷え性
  • 40代半ば以上の女性
  • ストレスによって自律神経が乱れやすい人
  • 性別問わず、更年期を迎えた人
  • 外気温の影響を受けやすい人
  • 高血圧の人

2.ほてりの対処方法や予防方法

この項では、ほてりの対処方法や予防方法を解説します。

2-1.ほてりを感じたら?

ほてりを感じたら、まず熱をはかってみましょう。熱がある場合は、体を温めて額やわきの下を冷やします。風邪による発熱ならば、安静にして適度に水分と栄養を補給していれば下がるでしょう。急に38℃以上の熱が出た場合はインフルエンザの可能性があるため、病院を受診してください。また、熱が2日以上下がらない場合も病院を受診しましょう。
日焼けによるほてりは、冷水や冷シップなどで冷やしてください。前述したように、痛みや水ぶくれが生じた場合は皮膚科を受診しましょう。

2-2.冷えや自律神経の乱れなどによるほてりの対処方法

冷えや自律神経の乱れなどが原因でほてりを感じる場合は、体を温めて血行をよくしたり体と心をリラックスさせたりするのが効果的です。体を温める効果が期待できるショウガ・ネギなどを食べ、お風呂にゆっくり入るのも効果的でしょう。夏はシャワーで入浴をすます人もいますが、顔はほてっているのに体は冷えているという場合は、夏でも湯船にしっかりつかって温かい飲みものを飲んでください。
また、夜更かしや暴飲暴食は控え、規則正しい生活をするのも効果的です。適度な運動も血行改善やリラックスに効果があります。

2-3.こんな症状が出た場合は病院へ

更年期障害など、女性ホルモンの乱れが原因でほてりを感じる場合は、病院を受診しましょう。ほてりだけではなく、ほかのつらい症状を緩和する治療が受けられます。また、閉経後、もしくは30代以下でほてりを頻繁に感じる場合は病気の可能性があるため、病院を受診してください。さらに、前項でご紹介した改善方法を試してもほてりが改善しない場合も、念のために病院を受診しましょう。

2-4.ほてりを予防する方法

ほてりを予防するには、以下のような方法を試してみましょう。

  • 体を冷やさないよう服装に工夫する(厚手の靴下をはく、腹巻きをつけるなど)
  • 冷たいものを飲みすぎない
  • 適度な運動を心がける
  • ストレスをためすぎないよう、暴飲暴食以外のリラックス方法を見つける
  • 大豆製品や、女性ホルモンの分泌を促す効果が期待できるサプリメントを摂取する
  • 定期的に健康診断を受ける

特に、高血圧は自覚症状がないので健康診断を受けたとき以外にも、定期的に測定することがおすすめです。

3.漢方薬でほてりを改善する方法

この項では漢方薬でほてりを改善する方法や、漢方薬を用いた治療がおすすめなケースを紹介します。

3-1.東洋医学におけるほてりの考え方

東洋医学とは、中国を中心に東アジアで発展してきた医学です。西洋医学とは異なり、気・血・水(血以外の水分)が規則正しく体を巡ることによって、健康が保たれていると考えています。東洋医学では、ほてりを血や水が不足・気の不足・気の停滞と考えており、これを解消するために漢方薬を用いた治療を行うのです。

3-2.漢方薬を用いたほてりの改善が向いている人

漢方薬とは、草木や鉱物等をそのまま利用した生薬を原料としています。そのため、効き目が穏やかで長期間飲み続けることが可能です。また、冷えや自律神経の乱れなど病気未満の体の不調を改善する効果も期待できるでしょう。更年期障害にも、病院で出される薬より漢方薬が効果的だったという人もいます。ですから、冷えや自律神経の乱れ・更年期障害などが原因でほてりに悩んでいる人は、漢方薬を用いた改善方法を試してみてください。

3-3.ほてりの改善に用いられる漢方薬

ほてりの改善には、以下のような漢方薬が用いられます。

  • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):更年期障害の改善に多く用いられる漢方薬。のぼせのほか、イライラや頭痛などにも
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):冷え性や貧血・体力不足の改善に用いられる
  • 桃核承気湯トウカクジョウキトウ):効果があるのぼせのほか、月経時のイライラや精神不安、高血圧改善にも用いられる

これはあくまでも一例で、このほかにも症状に合わせていろいろな漢方薬が用いられるでしょう。

4.自分に合った漢方薬を処方してもらう方法

漢方薬は、漢方薬局で処方してもらうのがおすすめです。漢方薬局とは漢方薬の調剤・販売を専門とする薬局で、漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しています。最近は、初めての人でも利用しやすいように相談窓口を設けるところも増えてきました。自分に合った漢方薬を処方してもらうためには、薬剤師に悩んでいる症状を詳しく相談し、漢方薬を調剤してもらいましょう。なお、すでに服薬している場合は、必ずお薬手帳を持参してください。また、漢方薬は最低でも2週間以上飲み続けないと効果が実感できません。ですから、まずは2週間分調剤してもらい、効果が実感できたら続けて飲み続けてください。費用は1万円代~が相場です。

5.ほてりや漢方薬に関するよくある質問

Q.ほてりは、首から上以外でも感じることはありますか?
A.はい。人によっては足や手がほてるケースもあります。

Q.一般的なドラッグストアでも漢方薬は販売していますが、漢方薬局で調剤してもらったものとの違いは何ですか?
A.ドラッグストアで販売されている漢方薬は、万人に効果が出やすいように調合されているので、人によっては効果を実感しにくいこともあります。一方、漢方薬局で調剤された漢方薬はその人の症状に合わせたものです。

Q.漢方薬局で調剤してもらった漢方薬は、同じ症状の人と共有できますか?
A.できません。必ず処方をしてもらった人だけ服薬してください。

Q.漢方薬は苦くて苦手ですが、どうしたらいいでしょうか?
A.粉薬ならば、オブラートに包んで飲むと飲みやすくなります。

Q.家の近くに漢方薬局がありません。
A.十字屋平蔵薬局では、電話による無料相談を受けつけていますので、ぜひご利用ください。

まとめ

いかがでしたか? 今回はほてりの原因や対策、漢方薬を用いた改善方法を紹介しました。ほてりは病気ではありませんが、頻繁に起こったり症状がひどかったりすれば生活に支障が出ます。体を温めたり、自己流のリラックス方法を試したりしても効果が実感できない場合は、漢方薬による改善方法を試してみてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局