眠れない悩みには漢方薬が効果的? 不眠の種類や対策を解説

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

睡眠に関する悩みを抱えている人は珍しくありません。「眠りたいのに眠れない」ことは、とても苦しいものです。また、睡眠の質が悪くなると睡眠時間が長くても寝不足になり、日常生活に支障が出るでしょう。眠れなくなる原因はさまざまですが、漢方による治療が効果的なケースもあります。
今回は眠れなくなる原因や対処法、不眠の治療に用いられる漢方薬について解説しましょう。

  1. 眠れない原因
  2. 眠れないときの対処方法
  3. 漢方による不眠の治療について
  4. 自分に合った漢方薬を処方してもらう方法
  5. 不眠や漢方に関するよくある質問

この記事を読めば、漢方薬を用いた治療が効果的なケースもよく分かります。不眠に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.眠れない原因

はじめに、不眠になる原因や不眠の弊害を解説します。

1-1.眠れないとはどのようなことか?

不眠というと、布団に入っても目がさえていつまでも寝つけないというイメージがあります。しかし、不眠の症状はそれだけではありません。以下のような症状が出ることもあります。

  • 短時間で何度も目が覚め、寝た気がしない
  • 早朝に覚醒し、再び入眠できない
  • 眠りが浅く、睡眠時間が長くてもすっきりと目覚めることができない

1-2.眠れない原因

眠れなくなる原因には、以下のようなものがあります。

  • 精神的な原因:不安などが眠りを妨げる
  • 肉体的な原因:痛みやかゆみなどが眠りを妨げる。加齢により不眠になることも
  • 生活習慣が原因:昼夜逆転生活・入眠時間が不規則・カフェインの過剰摂取など
  • 病気が原因:うつ病・睡眠時無呼吸症候群など

1-3.不眠による弊害

眠れない日が続くと、集中力の低下やイライラ、うつ状態になることもあります。また、自動車・自転車・バイクなどを運転している場合は、事故を起こしやすくなるでしょう。さらに、睡眠時無呼吸症候群を発症している場合は、日中に突然意識が途切れてしまうこともあります。状況によっては、大きな事故につながることもあるでしょう。脳出血や心筋梗塞などのリスクもアップします。

2.眠れないときの対処方法

この項では、眠れないときの対処方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.生活習慣を整える

毎日同じ時間に布団へ入るだけで、不眠はある程度解消します。スマートフォン・テレビ・パソコン・ゲーム等をしていると、脳が活性化するので、布団に入る1時間前には操作をやめ、眠る準備を整えましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、筋肉がほぐれて体が温まり眠りやすくなります。飲酒は眠りを浅くするので控えてください。また、おなかがいっぱいだと睡眠中でも胃腸は休めず、眠りが浅くなります。やや空腹くらいがちょうどいいでしょう。

2-2.適度な運動を心がける

適度な運動をすると、体が疲れて眠りやすくなりストレス解消にもなります。今は、室内で行える運動のDVD付き教本なども多数販売されているので、利用してみましょう。通勤手段を徒歩や自転車に変えても効果的です。

2-3.寝具を見直す

布団が硬すぎたり柔らかすぎたりしても、寝にくいものです。また、寝室の温度や湿度にも気を配りましょう。暑すぎても寒すぎても、睡眠の質が下がります。

2-4.病院を受診する目安

以下のような症状が現れたら、病院を受診しましょう。

  • 不眠のほか、気分の落ち込みややる気が出ないといった症状が現れる
  • 家族からひどいいびきを指摘される
  • 日中、耐えがたい眠気に襲われる
  • 運動やストレス解消方法などを試してみたが、全く効果がなく眠れない
  • 年を取るにつれて睡眠時間が短くなってきた

不眠の治療は、心療内科・精神科などが行っています。また、睡眠時無呼吸症候群の場合は耳鼻咽喉科が治療を行うのが、一般的です。かかりつけ医がある場合は、まずそこで不眠の相談をして別の病院を紹介してもらってもいいでしょう。

3.漢方による不眠の治療について

この項では、漢方を用いた不眠の治療方法について解説します。

3-1.東洋医学による不眠の考え方

東洋医学とは、中国を中心に東アジア一帯で発展してきた医学です。東洋医学では、気(生命エネルギー)・血(血液)・水(血液以外の体液)が、バランスよく体を巡り、健康を維持していると考えています。病気とはこれらのバランスが崩れた状態であり、漢方薬を用いて再びバランスを整える治療が行われるのです。
東洋医学では不眠を気が滞(とどこお)り、スムーズに流れなくなったために起こると考えています。ですから、気の流れを改善する漢方薬が治療に用いられるのが一般的です。

3-2.不眠の改善に用いられる漢方薬

不眠の改善に用いられる漢方薬の代表的なものは、以下のとおりです。

  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう):イライラして不安感が強く眠れない、という症状に用いられる
  • 帰脾湯(きひとう):体力がなく冷え性、ささいなことで不安を感じやすいという症状に用いられる
  • 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう):更年期障害が原因で不眠になったという症状に用いられる

これ以外にも、症状に合わせた漢方薬が用いられます。

3-3.漢方を用いた治療が向いている人

漢方薬は病院で処方されている薬よりも効き目が穏やかで、長期間服用できます。そのため、「病気ではないけれど不調を感じやすい」という人や、「体質的に不眠になりやすい」という人に効果的です。また、病院を受診した結果、「病気ではないので、生活習慣を改善してみましょう」と指導された場合、生活改善を心がけつつ、漢方薬も服用してみましょう。

4.自分に合った漢方薬を処方してもらう方法

漢方薬はドラッグストアでも販売されています。しかし、調合済みの漢方薬では効果が実感できないという人もいるでしょう。自分に合った漢方薬を処方してもらうには、漢方薬局の利用がおすすめです。漢方薬局は漢方薬の調合・販売を専門とする薬局になります。現在は、体の不調や漢方薬に関する相談ができる窓口を設けている漢方薬局も増え、利用しやすくなりました。相談窓口で、薬剤師に自分の体質や改善したい症状を詳しく説明すれば、自分に合った漢方薬を処方してもらえます。すでに別の薬を服用している人は、必ずお薬手帳を持参してください。
漢方薬で体質を改善するには、2週間以上の服用が必要です。ですから、まずは2週間分を処方してもらって様子を見ましょう。費用は1万円代~が相場です。

5.不眠や漢方に関するよくある質問

Q.子どもでも「眠れない」と悩むことはありますか?
A.はい。特に思春期は人間関係や受験のストレスで不眠に悩む人は珍しくありません。

Q.勤務が三交代制でどうしても睡眠時間が不規則になります。
A.この場合、可能ならば夜勤、日勤の勤務日が続くようにしましょう。たとえば、夜勤1週間、日勤1週間ならばまだリズムを作りやすいと思います。

Q.睡眠薬のような漢方薬はあるでしょうか?
A.睡眠薬のように飲めばすぐに眠くなるという漢方薬はありませんが、神経を落ち着かせ入眠しやすくなる漢方薬はあります。

Q.漢方薬はサプリメントとちがうのでしょうか?
A.はい。漢方薬はれっきとした薬です。ですから、健康食品やサプリメントとは異なり、薬剤師の指示通りに服用してください。

Q.海外から漢方薬を個人輸入することはできるでしょうか?
A.可能ですが、海外製の漢方薬は日本では禁止されている成分が含まれていることがあります。安全性を考えるならば、国内の漢方薬局で処方をしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は眠れない原因や漢方を用いた不眠の治療などについて解説しました。不眠は、長引くほど健康に悪影響を与えます。「最近、寝つきが悪くなった」という場合や「早朝に目が覚めてしまう」という場合は、まずは生活習慣を改善してみましょう。効果が実感できない場合は、漢方薬の服用を考えてみてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局