鼻水が喉に引っかかるときの対処法は? 後鼻漏の症状・原因など

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「鼻水が喉に引っかかる」「いつも痰(たん)が絡んでいるような感じがする」という症状に当てはまる方は、「後鼻漏(こうびろう)」を引き起こしている可能性があります。後鼻漏とは、喉の奥へ鼻水が流れ込む症状です。後鼻漏が発症する原因には、副鼻腔(ふくびくう)の病気が関係していることがあります。その場合は、まず副鼻腔を治さなければなりません。主な治療法は薬を使用する保存療法ですが、副作用が心配な方もいるでしょう。副作用を抑えたい方や、症状をやわらげたい方におすすめしたいのが「漢方薬」です。漢方薬の中には、後鼻漏・副鼻腔の病気に効果的な種類があります。

本記事では、鼻が喉に引っかかる原因や関連する病気、適切な対処法・漢方薬の使用ポイントについて解説しましょう。

  1. 鼻水が喉に引っかかってつらい!
  2. 鼻水が喉に引っかかる原因と関連する病気
  3. 鼻水が喉に引っかかる場合の対処法と治療法
  4. 鼻水が喉に引っかかる症状と漢方は?
  5. 鼻水が喉に引っかかる状態に関してよくある質問

この記事を読むことで、鼻水が喉に引っかかる症状と原因、適切な対処法と治療法が分かります。悩んでいる方や漢方の使用を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.鼻水が喉に引っかかってつらい!

まずは、鼻水が喉に引っかかるというのは、どのような状態を指すのかチェックしておきましょう。

1-1.いつも痰が絡んでいるような感じがする

よくあるケースとしては、「いつも痰が絡んでいるような感じがすること」です。喉に異物が引っかかっているような違和感を覚えるでしょう。常に、喉の奥に絡まっている痰を吐き出そうと、自然と咳(せき)をすることも多くなります。風邪を引いているわけでもないのによく咳をする場合は、鼻水が喉に引っかかっているかもしれませんね。

1-2.夜に苦しくなる

鼻水が喉に引っかかる状態が長引くと、睡眠にも悪影響をおよぼす可能性があります。鼻と喉はつながっているため、鼻水が喉に引っかかると空気の通り道も狭くなるのです。その結果、夜に息苦しくなり、なかなか寝付けず、睡眠時間が少なくなってしまいます。長引くほど睡眠不足状態が続くため、日中にも悪影響をおよぼすでしょう。

1-3.むせることが多い

突然、むせたように咳き込むことがありませんか? 鼻水が喉に引っかかると、咳が増えるだけでなく、むせることが多くなります。たとえば、何かを口にしたり息を吸ったりするときにむせるはずです。空気の通り道が鼻水で埋まっているため、息苦しさを感じむせるようになります。咳やむせることが増えると、必要以上に体力が奪われ、体調不良に陥りやすくなる可能性もあるので要注意です。

2.鼻水が喉に引っかかる原因と関連する病気

鼻水のメカニズムと、喉に引っかかる原因、関連する病気について解説します。

2-1.鼻水のメカニズムや原因

風邪を引いたときに、鼻水が出ることが多いでしょう。この場合は、体内に侵入した病原体を外へ排除するための鼻水です。つまり、風邪による鼻水は、体内から不要なものを出す免疫機能の1つと言えるでしょう。花粉症などアレルギーの場合は、アレルゲンを鼻水で体外へ洗い流そうとします。副鼻腔炎という鼻の病気の場合は、膿(うみ)と一緒に鼻水が出るでしょう。
また、鼻水の原因は、状態によって異なります。たとえば、サラサラした透明な鼻水はアレルギー性鼻炎や風邪の引き始めの可能性があるでしょう。主な鼻水の状態とその原因を以下にまとめました。

  • サラサラとした透明な鼻水:アレルギー性鼻炎・風邪の引き始め
  • ドロドロとした黄色の鼻水:風邪を引いている証拠。症状がきついときは副鼻腔炎の可能性がある
  • そのほかの原因:急激な温度変化・ストレスなど

2-2.関連する病気は?

鼻水が喉に引っかかる場合は、ある病気が隠れている可能性があります。考えられる病気をいくつかピックアップしてみました。

2-2-1.後鼻漏

最も可能性の高い病気は「後鼻漏」です。喉の奥へ鼻水が流れ込み、粘りのある鼻水が溜(た)まります。主に、喉に違和感を覚えることが多いでしょう。鼻腔内粘膜の腫れが強くなると、鼻をかんでも鼻水が出ず、飲み込み続けるか口から吐き出すしかありません。また、不快感が強まるだけでなく、咳・痰の原因や睡眠の妨げになり生活に支障をきたすおそれがあります。

2-2-2.慢性副鼻腔炎

鼻の穴の周囲にある4つの空洞を「副鼻腔」と言います。何らかの原因で副鼻腔に細菌などが入ると炎症を起こし、鼻づまりや鼻水など不快が症状が現れるのです。これを「副鼻腔炎」と言いますが、この症状を放置すると「慢性副鼻腔炎」になります。いつも鼻がつまった状態となり、膿のような鼻水が副鼻腔に溜まる状態です。

2-2-3.アレルギー性鼻炎

花粉・ハウスダストなどのアレルゲンが体内に侵入することで、くしゃみ・鼻水・鼻づまりが続く症状を「アレルギー性鼻炎」と言います。最近は、ハウスダストとスギ花粉におるアレルギー性鼻炎の患者が多くなり、ハウスダストが原因の場合は1年中症状が続くのが特徴です。

2-2-4.逆流性食道炎

強酸性の胃液や消化中の食べ物が食道に逆流し炎症が続くことを「逆流性食道炎」と言います。主な症状は、胸やけなどの不快な症状です。食道は胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされると炎症が起きやすくなります。その結果、粘膜がただれ潰瘍が生じたり、不快な症状が出たりするのです。

2-2-5.無呼吸症候群

鼻水が喉に引っかかると、無呼吸症候群に陥りやすくなります。無呼吸症候群とは、10秒以上呼吸が止まる状態が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態のことです。無呼吸症候群は、放置すると、睡眠時に呼吸ができず、そのまま死に至る可能性もあるおそろしい病気と言えるでしょう。

3.鼻水が喉に引っかかる場合の対処法と治療法

では、鼻水が喉に引っかかる場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは、漢方薬による改善法についても解説します。

3-1.自分でできること

自分でできる対処法としては、「市販薬の使用」があります。市販薬には、鼻水や咳を止める作用などさまざまな効力が期待できるでしょう。ただし、市販薬を使用する際は乱用しないように気をつけてください。1日何錠までと決まっているので、記載されている使用量を守ることが大切です。
ほかには、手洗い・うがいで原因物質を今以上に寄せつけないようにする、体力を回復させるために消化に良い食事をとる、鼻炎に効果のある内服薬を使用するなどがあります。

3-2.病院での治療法

症状がひどく、どんな手法を取ってもなかなか改善しない場合は、病院で治療を受けてください。病院での治療法は、最初に鼻に溜まっているものをすべて吸い出します。鼻全体から鼻水をなくしたところで、薬を使用した保存療法を行うケースが多いでしょう。たとえば、霧状の抗菌薬またはステロイドを直接副鼻腔に送る「ネブライザー治療」があります。考えられる病気によって治療法が異なるため、まずは検査をして原因を突き止めることが大切です。

3-3.漢方薬による改善法は?

「漢方薬」を使用して症状をやわらげるのも方法の1つです。漢方薬は治療で使う薬よりも副作用が少なく、体質改善を目的としています。自然由来の素材を組み合わせているため、免疫力が落ちた方でも使用できるでしょう。詳細は、後ほど【4.鼻水が喉に引っかかる症状と漢方は?】で説明するのでぜひ最後までチェックしてください。

4.鼻水が喉に引っかかる症状と漢方は?

鼻水が喉に引っかかる症状が現れた際の漢方の服用を解説します。

4-1.漢方による鼻水の考え方

漢方は現れている症状を見て、体のバランスを整える生薬を組み合わせて服用します。何かしら異変が起きるのは、体のバランスが崩れている証拠です。適切な漢方薬を選ぶための判断基準はさまざまですが、主に以下のような「物差し」があります。

  • 陰陽:体が冷えているか、熱を持っているか
  • 気・血・水:エネルギーの源の「気」、血液の「血」、体液などの「水」のバランスが整っているか
  • 五行:肝・心・脾・肺・腎の5本柱に異変が起きているか

鼻水がつまったり溜まったりするのは、「水」のバランスが乱れている証拠です。うまく「水」の排出や循環ができていないため、不要なものが溜まり続けます。また、「気」の流れが滞るのも原因と言えるでしょう。

4-2.漢方薬のメリット

主なメリットは、体質改善につながることです。そもそも、漢方薬は人間本来が持つ体の治癒力を高める目的があります。少しずつ服用することで、不具合が現れていた体調をもとに戻すことが可能です。また、西洋薬に比べて副作用が少ない点もメリットとなります。ただし、体質と症状に合っていない漢方を服用すると、頭痛・吐き気・めまいなど副作用が現れることもあるので注意が必要です。

4-3.鼻水症状に用いられる漢方薬は?

透明な鼻水や、くしゃみ・鼻づまりなど初期症状の場合は、「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」と呼ばれる漢方薬が最適です。体力中等度または虚弱体質の方に向いており、アレルギー性鼻炎・花粉症・気管支炎・むくみに効果があると言われています。鼻づまりが長く続き、症状が悪化した場合は、「辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)」がおすすめです。慢性期の鼻炎や副鼻腔炎に用いられることが多く、痰が絡む咳・喉の痛みにも効果が期待できるでしょう。

4-4.効果はあるのか?

漢方薬は、効果が現れるのがゆっくりという特徴があります。体のバランスを整えることを目的としているため、長期間の服用が大切です。早い人で飲み始めてから約2週間~1か月、長くて3か月間かかる可能性があります。また、自分の体質と症状に適した種類でなければ、効果が現れません。

4-5.漢方薬の購入方法・飲み方は?

漢方に詳しい専門家に尋ね、体質と症状に適した種類を服用しましょう。漢方薬局は、豊富な漢方の知識を持つ人が相談に乗り、適切な種類をセレクトしてくれます。漢方の正しい飲み方も教えてもらえるので、ぜひ相談してください。「十字屋平蔵薬局」では無料相談を受けつけています。西洋薬との併用もアドバイスできるので、ぜひ1度お問い合わせください。

5.鼻水が喉に引っかかる状態に関してよくある質問

鼻水が喉に引っかかる状態に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.後鼻漏のセルフチェックは?
A.簡単なセルフチェックをする際は、以下のポイントに注目してください。

  • 鼻水が喉に下がる
  • 痰が絡む(喉がゴロゴロしている)
  • 咳き込みや咳払いが増えた
  • 頻繁につばを吐き出すことがある
  • 口の中がネバネバする
  • 口の中に分泌物があふれる
  • 胃の不快感がある
  • 喉の違和感がある
  • あお向けで安眠できない

Q.注意すべき症状は?
A.濃くドロドロとした鼻水が出る、ひどい鼻づまりが長く続く場合は注意が必要です。慢性副鼻腔炎など鼻の病気をわずらっている可能性があります。症状を放置するほど治療にかかる時間が長くなるため、早めに治療を受けてください。

Q.日常で注意すべきことは?
A.風邪をきっかけに、鼻水が喉に引っかかり慢性副鼻腔炎などの症状が起こりやすくなります。そのため、できるだけ風邪を引かないこと、風邪を引いても長引かせないことが大切です。栄養のある食事をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

Q.漢方の飲み方にはどんな種類があるの?
A.幅広く普及しているのは、「エキス錠剤」と呼ばれる種類です。エキス錠剤は、生薬を煎じたエキスを乾燥させ顆粒剤または錠剤にしたものを指します。ほかには、粉末状にした「散財」、散財をはちみつなどで固めて粒状にした「粒状」などです。

Q.漢方薬局の選び方が知りたい
A.漢方処方の実績があるか、丁寧に相談に乗ってくれるかなど、相手の対応に注目してください。丁寧な対応をしてくれるところなら、安心して相談できるでしょう。

まとめ

鼻水が喉に引っかかる場合は、体に異変が起きている証拠です。特に、ドロドロとした濃い鼻水が出るなら、慢性副鼻腔炎の可能性があります。鼻水・鼻づまりなどがひどく現れるため、早めに治療を受けなければなりません。さまざまな治療法がありますが、「漢方薬」も鼻水など症状を抑える方法の1つです。ただし、漢方を選ぶ際は、体質と症状に適した種類を服用することがポイントとなります。個人では何を服用すべきか分からないと思うので、漢方に詳しい薬局へ相談してください。漢方薬局ならあなたの症状と体質を聞き、適切な種類を選んでくれるでしょう。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局