便秘が体にもたらす悪影響は? 漢方薬を取り入れた解消法も紹介!

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

便秘が私たちの体に及ぼす影響についてご存じでしょうか? 便秘が健康や美容にとってよくないことは分かっていても、具体的にどのような悪影響を及ぼすことになるのか知っておくべきです。一見便秘とは関係がなさそうな体の不調も、便秘が原因で起こっている可能性があるでしょう。

この記事では、便秘が体に及ぼす影響や便秘の解消法について詳しくまとめています。おすすめの漢方薬もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  1. 便秘が体に及ぼす影響について
  2. なぜ便秘が体に悪影響をもたらすのか?
  3. 便秘の解消法
  4. 便秘と漢方薬
  5. 便秘の影響に関するよくある質問

この記事を読むことで、便秘による影響について分かるはずです。漢方薬も活用して、頑固な便秘を解消しましょう。

1.便秘が体に及ぼす影響について

まずは、便秘が体に及ぼす影響にはどのようなものがあるのかをまとめました。

1-1.便秘は万病の元

「便秘は万病の元」といわれています。便秘になると腸内で便が腐敗し、そこから発生した有害物質が血液とともに流れ、全身に悪影響をもたらすのです。単に便の出が悪くなるだけでなく、体のさまざまな部位で不調が現れるようになります。免疫力が低下して病気にかかりやすくなる可能性もあるため、便秘を甘く見ないようにしましょう。

1-2.有害物質を排除しようとして肌荒れが起こる

血液の流れにのって全身に運ばれた有害物質を、皮膚細胞が体外に排出しようとします。その結果、皮膚細胞に負担がかかり、正常なターンオーバー(肌の生まれ変わり)ができなくなって肌荒れが起こるのです。便秘によって起こった肌荒れを治すためには、根本原因である便秘を解消しなければなりません。

1-3.ガスがたまると腰痛の原因に

便秘によって発生したガスがたまり、神経や血管を圧迫して腰痛を起こすこともあります。血管が圧迫されると血液の流れが悪くなり、腰の筋肉が硬くなってさらに痛みが増してしまうのです。

1-4.自律神経の乱れから頭痛を起こす

便秘になると自律神経が乱れ、その結果、頭痛を起こすこともあります。便秘に伴う頭痛は「機能性頭痛」と呼ばれ、締め付けられるような痛みや重い痛みが特徴です。

1-5.放置すると深刻な状態になることも

便秘を放置すると、深刻な状態になることもあります。たとえば、便から発生した有害物質が血液に混ざってドロドロになる、胃腸の機能が低下して消化不良を起こすなども考えられるでしょう。また、大腸がんのリスクを高める原因にもなるということを覚えておいてください。

2.なぜ便秘が体に悪影響をもたらすのか?

便秘が体に悪影響をもたらすメカニズムについて、詳しく解説します。

2-1.便秘のメカニズム

まずは、便秘がどのように起こるのか、そのメカニズムを知っておきましょう。通常、食べものが胃に入ると、胃から大脳に信号が送られて大腸がぜん動運動を開始します。この運動によって、大腸で作られた便が肛門(こうもん)へと送られるというしくみです。何らかの要因によって腸のぜん動運動が正常に起こらなくなり、便が滞るようになるのが便秘のメカニズムになります。

2-2.腸内環境の悪化によってさまざまな悪影響がもたらされる

便秘は腸内環境が悪くなっていることが原因で起こり、全身にさまざまな悪影響をもたらすものです。腸内には免疫細胞の多くが存在しており、腸内環境が悪くなることで免疫細胞の働きは低下します。その結果、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、病気にかかりやすくなったりするのです。また、便秘は自律神経の乱れにもつながります。自律神経の乱れから頭痛や冷えを引き起こすこともあるでしょう。

3.便秘の解消法

では、便秘を解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。具体的な方法や病院への受診についてご紹介しましょう。

3-1.便秘解消のポイントは食生活と生活習慣の見直し

便秘解消のためには、食生活と生活習慣を改善する必要があります。便秘の原因として特に多いのは、乱れた食生活や不規則な生活習慣です。この2つを見直すことで、便秘の悩みを解消できるでしょう。具体的にどうすればよいのか、以下にご紹介します。

3-2.食物繊維や乳酸菌・オリゴ糖をしっかり摂取!

便秘を解消するためには、食物繊維や乳酸菌・オリゴ糖・脂質を含む食材を積極的にとることが大切です。食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があるため、両方をバランスよく摂取するようにしましょう。不溶性食物繊維は野菜や豆類・キノコ類などに多く、水溶性食物繊維は海藻類や果物などに多く含まれています。また、食事は1日3回、規則正しくとるようにしてください。特に、ダイエットを理由に食事を抜くと便秘になりやすいため注意が必要です。

3-3.規則正しい生活習慣で自律神経のバランスを整える

規則正しい生活習慣も、便秘の解消につながります。不規則な生活を送ると自律神経のバランスが乱れ、便秘になりやすくなるのです。睡眠不足や運動不足は解消し、できるだけストレスをためない生活を心がけてください。

3-4.便秘外来の受診も検討しよう

自分で便秘を解消するのが難しい場合は、便秘外来の受診も検討してみてください。最近は便秘外来が設けられている医療機関も増えてきているのです。便秘外来では、血液検査や腹部X線検査・大腸内視鏡検査により、腸内の便のたまりや病気の有無などを確認します。食事や運動のアドバイスとともに、必要な薬も処方されるため、効果的に便秘を解消できるはずです。

4.便秘と漢方薬

便秘解消のために漢方薬を取り入れる方法もおすすめです。漢方における便秘の考え方や漢方薬の購入方法、飲み方などをご紹介しましょう。

4-1.便秘は「気」「血」「水」の異常によって起こる

漢方医学では、便秘は「気」「血」「水」の異常によって起こると考えられています。この3つは漢方の基本的な考えであり、「気」は目に見えない生命エネルギー、「血」は全身をめぐる血液、「水」は血液以外の体液全般のことです。漢方では、3つの要素がバランスよく保たれている状態を「健康」と考えます。便秘は「気」と「血」の異常、「水」の不足が原因で起こるとされており、改善するためには漢方薬を使用してバランスを整えることが大切といわれているのです。

4-2.漢方薬にはさまざまなメリットがある

漢方薬には以下のようにさまざまなメリットがあります。

  • 副作用が少ない
  • 体質に合わせて選べる
  • 体質改善を期待できる
  • 細かい症状に対応できる

特に、「便秘体質を根本から改善したい」「薬の副作用が怖い」という人は、漢方薬がおすすめです。

4-3.便秘に効果的な漢方薬を紹介

便秘に効果的な漢方薬には、以下のようなものがあります。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):女性の便秘・貧血やダイエットによる便秘に効果的
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう):生理時や出産後の便秘に効果的
  • 桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう):便意はあるがトイレに行っても出ない・残便感がある場合に効果的

4-4.漢方薬局で購入するのがおすすめ!

漢方薬はドラッグストアなどでも市販されていますが、できれば専門の漢方薬剤師がいる漢方薬局で購入するのがおおすすめです。症状や体質を相談しながら処方してもらえるため、自分に合った漢方薬を購入できるでしょう。最近はインターネットで利用できる漢方薬局も増えてきているため、豊富な実績があり、親身に相談にのってくれる薬局を選んでください。十字屋平蔵薬局では、こちらから無料相談を受け付けています。気軽に相談してみるとよいでしょう。

4-5.毎日同じタイミングで飲むのがおすすめ

漢方薬は、できるだけ毎日同じタイミングで飲むのがおすすめです。基本的には、食前または食間の空腹時に、水か白湯(さゆ)で飲むようにしてください。ジュースや牛乳などで飲むと薬の吸収に影響してしまうため、避けたほうがよいでしょう。

4-6.価格は漢方薬局によって異なる

漢方薬の価格は、薬局によって異なります。十字屋平蔵薬局では、1日分の漢方薬を500円前後で購入可能です。長期の服用が必要な場合は、30日分を15,000円で購入できますので、相談してみるとよいでしょう。

4-7.飲み合わせに注意が必要な場合も

基本的に、漢方薬は西洋薬と一緒に飲んでも問題がない場合がほとんどです。しかし、便秘に処方された漢方薬を抗生剤と一緒に飲むと、生薬の効き目が弱くなってしまう場合もあります。また、複数の漢方薬を同時に服用することで、生薬の過剰摂取になる可能性があるでしょう。飲み合わせについては、必ず漢方薬剤師に相談してください。

5.便秘の影響に関するよくある質問

「便秘の影響について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.男性に比べて女性に便秘が多いのはなぜですか?
A.女性のほうが腹筋や横隔膜の筋力が弱く、便を排出しにくいことが理由の一つでしょう。また、女性ホルモンが関係し、便が硬くなりやすいという理由もあります。

Q.市販の便秘薬は使用しないほうがよいですか?
A.市販薬は緊急措置として使用する程度にしておきましょう。むやみに市販薬を飲んでいると、病気が原因だった場合、発見が遅れてしまう可能性もあります。

Q.便秘によって口臭や体臭がきつくなるのですか?
A.腸内で発生したガスが血液と一緒に流れ、息から吐き出されたり、体の汗として排出されたりします。そのため、口臭や体臭が便臭に似てしまうことがあるのです。

Q.姿勢が悪いと便秘になりやすいというのは本当でしょうか?
A.本当です。姿勢が悪く腸が圧迫されると、骨盤がゆがんで内臓の位置が下がってしまいます。その結果、腸が影響を受けて便秘になってしまうのです。

Q.環境が変わると便秘になるのはなぜでしょうか?
A.生活リズムの変化などによって自律神経が乱れることが原因です。特に旅行先などでは、トイレのタイミングがつかめないことで便秘になるケースも珍しくありません。

まとめ

便秘が体にもたらす悪影響や便秘の解消法などを詳しくご紹介しました。便秘は私たちの健康にとってよくないものです。具体的にどのような影響をもたらし、解消するためにはどうしたらよいのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局