つらいしもやけに! 漢方が効く?原因と対策・治療法や予防法まとめ

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

寒さで手足や顔がジンジン痛い・手に発疹(ほっしん)ができてしまった、という方はしもやけになっている可能性があります。急激な温度差を繰り返したり、ぬれた手を寒い空気に長時間さらしたりすることで、しもやけになる可能性が上がってしまうのです。

今回は、しもやけについて、原因や対処法、予防法、漢方による治療方法などをご紹介します。

  1. しもやけができてしまったら
  2. しもやけの対処法は?
  3. しもやけと漢方の関係は?
  4. しもやけ改善に用いられる漢方薬は?
  5. 漢方薬の飲み方・購入方法
  6. よくある質問

しもやけに悩んでいる方や、今年こそしもやけになりたくないという方、子供のしもやけに困っているという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.しもやけができてしまったら

まずは、しもやけについて基礎知識をご紹介しましょう。

1-1.しもやけとはどんな症状なのか?

しもやけとは、寒さや血行不良により、肌に赤い発疹(ほっしん)のようなものができてしまったり、皮膚に痛みやかゆみなどの症状が出てしまったりすることを言います。手足や耳たぶ・ほほ・鼻などに現れることが多いでしょう。凍瘡(とうそう)とも呼ばれています。

1-2.しもやけの原因は?

血管は、寒くなると収縮します。動脈は、温まるとすぐにもとに戻るのですが、静脈は少し時間がかかるのです。すると、手足など末端部分への血液循環が滞ってしまい、栄養不足によってうっ血したり炎症を引き起こしたりしてしまいます。

1-3.しもやけができやすいのはどんな人?

しもやけは、女性や子供に起こりやすいと言われています。女性は冷え性や血行不良になりやすいことが原因です。一方、子供は、大人よりも肌が弱いうえに、新陳代謝がいいので汗の量が多く、汗が乾く際に体温が下がってしまうことが原因とされています。また、日常的に寒い環境にいる人や、手足がぬれたまま冷たい風にさらされたり、パンプスなどで足の血行が悪い方も、しもやけになりやすいでしょう。

1-4.主な治療法は?

しもやけには、ステロイド系の薬が効きます。しもやけの症状を病院で相談して処方してもらいましょう。また、ビタミンEが配合された塗り薬も効果があります。しかし、しもやけが起こらない体質にすることも大切です。しもやけを根本から防ぐ対処法などを次項からご紹介します。

2.しもやけの対処法は?

この項では、しもやけの対策・予防法・治療法などをご紹介しましょう。

2-1.自分でできる対策

しもやけを予防するには、以下の方法が効果的です。

  • 体(特に末端部分)を冷やさない
  • なるべく急な温度変化を避ける(手袋・耳あて・マスクなどを付ける)
  • 汗や水にぬれた手足はこまめにふく
  • 足をしめつけるようなパンプス類は控える
  • クリームなどを塗って手足の乾燥を防ぐ(ただし、病院に相談してから)
  • ビタミンEを摂取する
  • 漢方で体質改善を行う

2-2.病院での治療法

しもやけで病院にかかる場合は、皮膚科(子供は小児科)へ行きましょう。症状に応じて、ステロイド系の塗り薬や、血管を拡張する飲み薬などをもらえます。子供は、しもやけ以外の病気が、しもやけに似た症状を引き起こしている場合もあるので、ほかに体調の変化があれば必ず伝えましょう。

2-3.薬について

ステロイド剤は、皮膚がただれてしまった場合や炎症を抑えるのに有効です。皮膚科に相談すれば、ほとんどの場合に処方してもらえます。また、市販の化膿(かのう)止めもかゆみや炎症に効果があるでしょう。

2-4.予防の大切さ

上記のような薬は、あくまで、しもやけの症状を緩和したりかゆみを抑えたりするためのものなので、しもやけそのものの原因を抑えられるわけではありません。「2-1.自分でできる対策」を日常生活の中で実行することが大切です。

3.しもやけと漢方の関係は?

しもやけと漢方について、概要をご紹介します。

3-1.漢方におけるしもやけの考え方

漢方薬の世界では、寒熱を大切にした対処法が多く取られています。冷え性体質や血行不良を改善することで、しもやけの原因を根本から解決しようというものです。

3-2.しもやけ改善・予防には漢方が向いている?

しもやけを根本から解決するには、漢方が向いていると言われています。しもやけを含む皮膚疾患の原因は、冷え性・血行不良・体力の低下・ストレスなどさまざまです。漢方による体質改善を図ることで、しもやけの症状が改善する可能性もあります。

3-3.子供の場合

漢方は、子供でも飲むことができます。年齢や症状によって、飲み方や剤形(粉末・粉・粒など)を変えてもらうこともできるでしょう。

4.しもやけ改善に用いられる漢方薬は?

しもやけと漢方について、もう少し詳しくご紹介します。

4-1.どんな漢方薬・生薬があるか

しもやけ改善には、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)などの漢方が有効とされています。体を温め熱を作る手助けをする漢方です。

4-2.漢方治療のすすめ方

まずは、漢方薬剤師のいる薬局へ相談に行きましょう。しもやけの症状と、それ以外にも体質で改善したい部分があれば相談します。症状に合わせた漢方を作って処方してもらえることもあるでしょう。

4-3.注意点

市販の漢方は、万人向けに作られているため、誰でも効果が出るとはかぎりません。なるべく、薬剤師に相談して、自分の症状にあった漢方を飲むようにしてください。

5.漢方薬の飲み方・購入方法

漢方薬の薬局選びや、価格・飲み方の注意点などについてご紹介します。

5-1.漢方薬局の選び方のポイント

漢方薬局を選ぶ際は、薬剤師がしっかり相談に乗ってくれるかどうかが大切です。逆に、よく症状も聞かずにあれこれと漢方を売ってくるようなところは避けたほうがいいでしょう。十字屋平蔵薬局では、無料でカウンセリングを行っていますので、しもやけの症状などでお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。来店可能な方は、こちらのフォームもご利用いただけます。

5-2.価格について

漢方は、1日約500円(子供は約300円)かかります。症状が改善されたら、服用をやめていただいても大丈夫です。

5-3.飲み方の注意点

漢方は、飲み方や飲むタイミングが一般的な薬とは異なる点があるので注意しましょう。薬剤師の指示に従って飲んでください。また、漢方薬はとん服薬ではありませんので、症状が出たときだけ飲んでもあまり効果がありません。毎日決まった時間に飲むことでより効果を発揮するのです。

6.よくある質問

しもやけや漢方について、よくある質問をまとめました。

Q.ビタミンEの多い食べ物をおしえてください
A.ビタミンEは、せん茶・アーモンド・赤ピーマン・大根の葉などに多く含まれています。サプリメントで摂取することもできますが、頼りすぎないようにしましょう。なるべく食べ物から摂(と)ったほうが、吸収がいいと言われています。

Q.漢方は苦くて飲みにくそう
A.漢方薬は、錠剤にできる場合もあります。また、オブラートなどに包んで飲んでも効果は落ちませんのでご安心ください。

Q.妊娠中でも漢方は飲めますか?
A.服用に注意しなければならないことがあるので、必ず薬剤師に相談してください。

Q.サプリメントなどと漢方を飲み合わせても大丈夫ですか?
A.副作用の心配はほとんどありません。しかし、漢方だけで済む場合や、サプリメントを飲まないほうがいい場合もあるので、相談したほうがよいでしょう。また、病院で薬を処方してもらっている場合は必ずお知らせください。

Q.漢方薬局に行くのが面倒なのですが
A.漢方を処方する際は、どの薬局も30分~1時間程度のカウンセリングや相談が必須となります。しもやけ以外にも体の症状を詳しく知る必要があるためです。十字屋平蔵薬局では、一度注文いただいた漢方であれば、お電話で再注文することが可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

まとめ

しもやけの対策や予防法・漢方による治療方法についてご紹介しました。毎年しもやけに悩んでいる方、ステロイド剤が効かないという方は、ぜひ漢方による体質改善に挑戦してみてください。体温が上がったり、血流がよくなったりすることで、しもやけ以外の体調不良が改善する可能性もあるでしょう。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局