花粉症の症状を和らげる漢方薬は? 飲み方や購入方法も紹介します!

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

花粉症に効く漢方薬があるのをご存じでしょうか? くしゃみや目の充血など、つらい症状が続く花粉症に悩んでいる人は多いと思います。「市販の薬を飲むと眠くなってしまう」「症状を抑えるだけでなく完全に治すことはできないのか?」という人のために、漢方薬をおすすめしましょう。漢方薬によって体質を改善し、花粉症に負けない体を手に入れることができる可能性があります。

この記事では、花粉症に用いられる漢方薬や正しい取り入れ方を詳しくご紹介しましょう。

  1. 花粉症のメカニズム
  2. 花粉症の症状
  3. 漢方医学における花粉症の考え方
  4. 花粉症に用いられる漢方薬
  5. 花粉症に漢方薬を取り入れる方法
  6. 花粉症の漢方治療に関するよくある質問

この記事を読むことで、花粉症に効く漢方薬について分かるはずです。ぜひ参考にして花粉症の苦しみから解放されてください。

1.花粉症のメカニズム

まずは、花粉症のメカニズムについて解説します。

1-1.花粉症とは?

花粉症とは、植物の花粉が原因となってアレルギー症状を起こす病気のことです。原因となる花粉にはスギやヒノキ・シラカバなどがあり、その植物の花粉が飛ぶ季節にだけ花粉症の症状が現れます。

1-2.メカニズム

花粉が体内に侵入すると、リンパ球が花粉を異物と認識して排除しようとし、IgE抗体(免疫グロブリンE抗体)を作ります。再び花粉が侵入すると目や鼻の粘膜にある抗体と結合し、ヒスタミンなどの化学物質が分泌されるのです。この化学物質の働きによって、花粉を体外に排出しようとするための症状が現れるようになります。たとえば、くしゃみをすることで鼻の中の花粉を吹き飛ばそうとしたり、鼻水や涙を出して洗い流そうとしたりするのです。

1-3.なりやすい人、患者数

特に花粉症になりやすいのは、以下のような人です。

  • アレルギー体質の人
  • 生活習慣が乱れている人
  • 花粉にさらされる環境にいる人

現在、日本人の3人に1人が花粉症であるという調査結果があります。患者数は年々増加しており、その背景には食生活の欧米化が大きく関係しているといえるでしょう。肉中心の食生活はアレルギーを起こしやすくすることが分かっているのです。

2.花粉症の症状

花粉症にはさまざまな症状があります。代表的なものをご紹介しましょう。

2-1.鼻の症状

くしゃみ・鼻水・鼻づまりは鼻に現れる三大症状です。特にくしゃみは発作のように連続して起こり、回数が多くなります。鼻水は粘り気のあるものではなく、サラサラしていて水っぽいのが特徴です。

2-2.目の症状

目に現れる症状としては、かゆみ・充血・涙が出るなどがあります。目やまぶたに炎症が起きてかゆみが生じ、結膜炎を起こすこともあるでしょう。かゆみとともに涙が出るため、強くかいたりこすったりしてしまいがちです。

2-3.そのほかの症状

鼻や目以外にも症状が出る場合があります。喉から侵入した花粉が気管に入り、乾いたセキが続く場合や、耳の中に花粉が入ってかゆみが起こる場合などもあるのです。また、鼻づまりが原因で頭痛やだるさなどの全身症状が現れることもあります。

3.漢方医学における花粉症の考え方

西洋医学と漢方医学では、花粉症に対する考え方が異なります。漢方医学では、体内の水分バランスが乱れることによって花粉症の症状が起こると考えられているのです。漢方医学の概念である「気(生命エネルギー)」「血(血液)」「水(水分)」のバランスを整えるために、漢方薬を使用します。そうすることで体質が改善され、花粉症の症状を抑えることができるというのが漢方医学の考え方なのです。

4.花粉症に用いられる漢方薬

花粉症の改善に効果があるといわれているのは、以下の漢方薬です。

4-1.小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

鼻を温めて水分循環を促し、余分な水を体から排出します。水のようなサラサラした鼻水が止まらないときに飲むとよいでしょう。花粉が飛び始める直前から飲むと、症状の進行を抑えることができます。

4-2.補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

花粉症をはじめとするアレルギー体質を改善する漢方薬です。胃腸の働きを高め、体を元気にする効果があります。アレルゲンに負けない強い体を作ることができるため、風邪気味のときや疲れているときにおすすめです。

4-3.荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

抗炎症作用によって鼻水や目の充血を鎮め、鼻炎を緩和する働きがあります。余分な熱を冷やして体の外に出し、鼻のとおりをよくする効果も期待できるでしょう。通年性の慢性鼻炎にも使用される漢方薬です。

5.花粉症に漢方薬を取り入れる方法

漢方薬の飲み方や購入方法についてご紹介します。

5-1.どこで購入できるのか?

漢方薬はドラッグストアなどでも販売されていますが、できれば漢方薬局で購入するのがおすすめです。漢方薬局では、漢方に詳しい薬剤師が症状や体質に合った漢方薬を処方してくれます。最近はインターネットで利用できる漢方薬局も増えてきているため、ぜひチェックしてみてください。「十字屋平蔵薬局」では、こちらから無料相談を受け付けています。西洋薬との併用についてもアドバイスをもらえるため、相談してみるとよいでしょう。

5-2.効果的な飲み方

基本的に、漢方薬を飲むタイミングは食前または食間の空腹時が効果的とされています。空腹時は漢方薬の吸収がよくなるためです。できるだけ毎日同じタイミングで飲むようにすることで飲み忘れを防止しましょう。ジュースや牛乳などではなく、白湯(さゆ)で飲むことをおすすめします。

5-3.副作用について

「漢方薬には副作用がない」と思っている人も多いでしょう。確かに西洋薬に比べると副作用の心配は少ないのですが、まったくないというわけではありません。体質に合わないものを飲むと副作用が出る場合もあるため注意してください。服用する前に、どんな副作用が出る可能性がある漢方薬なのか把握しておくことをおすすめします。

5-4.価格について

医師の処方箋がない場合、健康保険の適用外になります。価格は漢方薬局によって異なるため、事前に確認しておきましょう。「十字屋平蔵薬局」では、1日分の漢方薬を500円前後で販売しています。花粉症の場合は長期服用が必要になることが多いため、30日分15,000円前後で購入可能です。

5-5.注意点

漢方薬の種類によっては効果が実感できるまで1か月以上かかるものもあります。西洋薬に比べると即効性のないものが多いため、効果が出ないからといって途中で服用をやめないようにしてください。自己判断でやめてしまうと効果が得られないまま終わってしまい、もったいないことになってしまいます。

6.花粉症の漢方治療に関するよくある質問

「花粉症を漢方薬で治したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.花粉症は遺伝するのでしょうか?
A.花粉症の両親から生まれた子どもは、そうでない子どもに比べて発症リスクが約4倍といわれています。必ず遺伝するというわけではありませんが、その可能性は高くなるでしょう。

Q.病院での花粉症治療にはどのようなものがありますか?
A.治療法は主に薬物療法・減感作療法・手術療法の3つです。減感作療法とは、少しずつ増やしながら花粉を注射し、アレルギー反応を弱めていく治療法のことをいいます。手術療法では鼻の粘膜をレーザーで焼くことで花粉が付着してもアレルギー反応が起こらないようにしますが、粘膜は再生するため花粉症も再発する可能性が高いでしょう。

Q.花粉症を予防するための方法を教えてください。
A.できるだけ花粉を吸い込まないように、外出時にはマスクを着用しましょう。帰宅時には全身に付着した花粉を払い落とすようにすること、洗濯物を屋外に干さないことなども予防につながります。また、普段から睡眠を十分にとってバランスのよい食事を心がけるなど、体調を整えておくことも大切です。

Q.花粉症に効く漢方薬は飲んでも眠くなりませんか?
A.漢方薬には眠くなる成分が入っていないため、安心して服用することが可能です。

Q.花粉症は漢方薬で完治しますか?
A.漢方薬は体質改善を目的としているため、最終的に花粉症の症状が現れない体質に改善できる可能性はあるでしょう。

まとめ

花粉症の漢方治療について詳しくご紹介しました。毎年つらい思いをする花粉症は、ひどくなると生活に支障をきたすこともあります。「いろいろ対策をしているけれどよくならない」という人は、漢方薬の服用を検討してみてはいかがでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、漢方薬の取り入れ方を知ってください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局