腸疲労って何? 原因や症状を徹底検証! 漢方で改善できるって本当?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

腸疲労の症状にお悩みではありませんか? 「下痢や便秘が続いている」「おならの臭いが気になる」などの症状は、腸疲労が原因の可能性があるでしょう。暴飲暴食などで腸に大きな負担がかかると、腸は疲れてしまいます。まずは、腸疲労について詳しく知る必要があるでしょう。この記事では、腸疲労の原因や症状・漢方薬による改善方法などをご紹介します。

  1. 腸疲労とは?
  2. 腸疲労度をチェックしよう
  3. 腸疲労を改善するには?
  4. 腸疲労と漢方
  5. 腸疲労に関するよくある質問

この記事を読むことで、腸疲労について詳しく分かるはずです。ぜひ参考にして健康な腸を取り戻してください。

1.腸疲労とは?

まずは、腸の働きや腸疲労の症状についてまとめました。

1-1.腸の働きやメカニズム・役割・重要性は?

腸には小腸と大腸があり、胃や十二指腸で分解された食べものは、小腸で消化されて栄養が吸収されます。残ったものが大腸に運ばれ、大腸内にある水分を吸収して便になり、ぜんどう運動によって排せつされるというしくみです。このような「消化機能」以外にも、腸には「免疫機能」や「解毒機能」などの役割があります。腸の働きが悪くなるとこうした機能が低下し、健康的な毎日を送ることができなくなってしまうのです。

1-2.腸疲労とは?

腸の状態が健康だと、食べものから栄養や水分を十分吸収できるため、排便も正常な状態を維持することができます。しかし、何らかの要因によって腸にかかる負担が大きくなり、下痢や便秘といった症状が長引くようになるのです。

1-3.主な症状

腸疲労の症状として主なものは「便秘」「下痢」「臭いのきついおなら」です。消化機能が低下して腸内環境が悪くなると、便秘や下痢になってしまいます。特に、便秘になると長時間便が腸内に留(とど)まるため、おならの臭いもきつくなるのです。さらに、肌荒れやだるさなどの症状も関連して現れるようになるでしょう。

1-4.主な原因

特に多いのが、暴飲暴食や睡眠不足・ストレスなどです。いずれも腸に負担を与えて疲れさせる要因になるため、普段から不規則な生活をしている人は注意してください。また、お酒の飲み過ぎも腸疲労の原因になります。十分に休息をとり、腸を休ませてあげるように心がけましょう。

2.腸疲労度をチェックしよう

自分が腸疲労を起こしていないか、起こしやすい生活習慣を送っていないかをチェックしてみましょう。当てはまる項目が多い人ほど、注意が必要です。

  • ストレスを感じやすい
  • 普段から運動不足である
  • 甘いものや油ものを好んで食べる
  • 外食が多い
  • アルコールを飲む機会が多い
  • 1日3食とらないことが多い
  • 睡眠不足気味である
  • 水分の摂取量が少ない

3.腸疲労を改善するには?

腸疲労を改善するための方法や注意点をまとめました。

3-1.腸を休める

最も大切なのは、腸を休めることです。食べたり飲んだりすると腸は働かなければならなくなるため、プチ断食をして一時的に飲食をストップしましょう。もちろん、何日も続ける必要はありません。半日程度でよいので飲食せず、腸を休めてあげてください。

3-2.腸を温める

プチ断食で腸を休めた後は、腸の機能を高めるために、温かい飲みものを飲みましょう。冷たい飲みものではなく、白湯(さゆ)やお茶など温かい飲みものがおすすめです。

3-3.十分な睡眠をとる

腸の働きをコントロールしているのは自律神経です。自律神経のバランスは睡眠不足によって崩れてしまうため、腸疲労が気になるときは必ずしっかりと睡眠をとるようにしましょう。忙しくても1日7~8時間は睡眠をとるように心がけ、腸の疲れを取り除いてあげてください。

3-4.食事について

外食や飲み会続きで腸疲労になっている場合は、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんととることを心がけるようにしてください。特に、腸内環境をよくする食物繊維を積極的にとることが大切です。野菜や果物を豊富に摂取しましょう。

3-5.やってはいけないこと

注意したいのが、冷たいものや刺激物の摂取です。腸に負担を与え、腸疲労の悪化につながります。特に、アルコールの飲み過ぎには十分注意しましょう。また、ストレスをためたままにしておくことも危険です。自律神経を整えるために、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

4.腸疲労と漢方

腸疲労の改善には漢方薬もおすすめです。漢方薬のメリットや選び方などをまとめました。

4-1.腸と漢方について

漢方における「健康」とは、「気」「血」「水」のバランスが保たれている状態のことだと考えられています。

  • 気:人の体を支えるすべての原動力のようなもの
  • 血:全身の組織や器官に栄養を与えるもの
  • 水:血液以外の体液。人の体をうるおすもの

体調不良はこの3つのバランスが乱れることで起こるというのが漢方の考え方です。

4-2.メリットとは?

漢方薬のメリットは、体質改善が期待できるという点です。漢方薬は、西洋薬のように病気に直接効くものではありません。体質を改善して体の不具合を治すことを目的としているため、副作用も少ないものが多いのです。「薬の副作用が心配」という人も、安心して服用できるでしょう。

4-3.効果のある漢方薬、成分

腸疲労のときに服用すべきなのは、人参や柴胡(さいこ)・生姜(しょうきょう)・甘草(かんぞう)などの生薬が配合された漢方薬です。具体的には、以下のような漢方薬をおすすめします。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 四君子湯(しくんしとう)
  • 六君子湯(しっくんしとう)
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

4-4.漢方薬の取り入れ方

漢方薬を服用するタイミングは、空腹時がおすすめです。胃が空の状態だと成分を吸収しやすくなるため、食間に服用するようにしてください。また、漢方薬は毎日飲み続けることが大切です。症状がよくなってきたからといって自己判断で服用をやめないようにしましょう。

4-5.漢方薬局の選び方

漢方薬局とは、漢方薬を専門に扱う薬局のことです。最近は全国に漢方薬局が増えてきているため、気軽に利用してみるとよいでしょう。ただし、漢方薬局を選ぶ際には、実績や評判などをしっかりとチェックしてください。また、無料相談を受け付けている漢方薬局を選ぶことをおすすめします。特に初めて漢方薬を利用するという人は、まずいろいろと相談してみるとよいでしょう。

4-6.相談、購入について

漢方薬は一人一人の体質や症状に合ったものを服用する必要があります。市販薬を自分で選ぶよりも、漢方の知識を持つ薬剤師に相談して選んでもらうのがおすすめです。東京の漢方薬局「十字屋平蔵薬局」では、こちらから無料相談を受け付けています。ぜひチェックしてみてください。

5.腸疲労と漢方に関するよくある質問

「腸疲労と漢方について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜストレスで腸の機能が低下するのでしょうか?
A.ストレスを感じると脳内で分泌されるアドレナリンには、腸の機能を低下させる働きがあるためです。

Q.腸内環境を整えるために普段から注意すべきなのはどのようなことでしょうか?
A.食べ過ぎや飲み過ぎを避け、栄養バランスのよい食事を規則正しくとるようにしてください。また、おなかを冷やさないこと、ストレスをためないことも大切です。

Q.腸内環境をよくするためには食物繊維がよいと聞きました。具体的にどのようなものを摂取すればよいでしょうか?
A.食物繊維は2種類あるため、バランスよく摂取することが大切です。不溶性食物繊維は玄米やライ麦・根菜・豆類など、水溶性食物繊維は果物や海藻・キノコなどに多く含まれています。

Q.漢方薬は西洋薬と併用して飲んでも問題ないでしょうか?
A.中には飲み合わせに注意が必要なものもあります。「十字屋平蔵薬局」には西洋薬にも詳しい薬剤師がいるため、相談してみるとよいでしょう。

Q.漢方薬には副作用がまったくないのですか?
A.薬である以上、副作用がまったくないというわけではありません。湿疹(しっしん)やじんましん・胃腸障害などの症状が出ることもあるでしょう。副作用が出たときは漢方薬の使用をやめ、漢方薬局に相談してください。

まとめ

いかがでしたか? 腸疲労の症状や原因・改善方法などをまとめてご紹介しました。「腸の調子が悪い」という状態が続いているときは、腸疲労を起こしている可能性があります。思い当たる原因がある人は、ご紹介した改善方法を試してみるとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、漢方薬を取り入れることも検討してみてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局