後鼻漏の原因・治療法を徹底解説! 漢方で症状をやわらげるポイント

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

後鼻漏(こうびろう)とは、鼻水が喉のほうに垂れてしまう症状のことです。通常の鼻水は、鼻の穴から出てきますが、後鼻漏は喉の奥に落ちます。「ネバネバした鼻水や痰(たん)が口内に流れ落ちる」「鼻水が喉から気管に流れて咳(せき)が出る」という方は要注意です。後鼻漏を放置すると、口臭がひどくなり、蓄膿症に発展する可能性があります。治療法は薬物療法が一般的ですが、薬の副作用が心配な方は「漢方薬」がおすすめです。そこで、本記事では、後鼻漏を改善するために必要な知識や漢方の効果について解説します。

  1. 後鼻漏の基礎知識
  2. 後鼻漏の主な症状
  3. 後鼻漏の主な原因
  4. 後鼻漏の病状の経過影響
  5. 後鼻漏の治療方法
  6. 後鼻漏の漢方薬について
  7. 後鼻漏に関してよくある質問

この記事を読むことで、後鼻漏を改善する方法とポイントが分かります。悩んでいる方や気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

1.後鼻漏の基礎知識

まずは、後鼻漏について、どんな症状なのかをきちんと理解した上で、改善するための適切な治療を受けましょう。

1-1.どんな症状か?

鼻水が多く、喉に垂れることを「後鼻漏」といいます。鼻汁は、鼻粘膜(びねんまく)などにある分泌腺から出る鼻分泌液・涙・呼気(こき)が凝結した水分です。この水分には、吸気中の異物・廃除、吸気の過湿、鼻粘膜を保護する働きがあります。鼻に刺激が加わると鼻汁が増加し、刺激の持続によって鼻汁過多の状態になって、後方の鼻咽腔(びいんくう)に流れ出てしまうのです。具体的には、鼻咽腔に流れ出た鼻汁のことを後鼻漏といいます。

1-2.後鼻漏の特徴

後鼻漏は、慢性副鼻腔炎で見られることが多く、痰として吐き出されたり、咳が出たりすることがあります。そのため、風邪が長引いていると勘違いしやすい傾向があるのです。いつの間にか、症状が進行していたというケースがあるので注意してください。現在、どのような症状が出ているのか改めて確認しましょう。

2.後鼻漏の主な症状

後鼻漏はどんな症状が起きるのでしょうか。

2-1.喉が痛くなる

後鼻漏がひどくなると、喉が痛くなります。なぜなら、細菌による炎症、または蓄膿症が原因で傷むケースが多いからです。アレルギー性鼻炎の場合は、鼻水が出てもサラサラと喉・鼻に流れていきます。しかし、ウイルス・細菌感染の場合は、鼻水にねばりがつくのです。そのため、鼻・喉に付着して、炎症が起こりやすくなります。

2-2.咳が出る

喉に痛みを感じると同時に、咳が頻繁に出るようになるでしょう。鼻水が喉に垂れると、生体反応によって異物を外に押し出そうとします。その結果、咳や痰が頻繁に起きるのです。これらの症状は、悪いものを外に出そうとすることなので、悪い症状ではありません。しかし、頻繁に起きると体に大きな負担がかかるため、早めに改善することが大切です。

2-3.口臭がひどくなる

後鼻漏になると口臭が発生します。口臭は自分で気づきにくい症状なので、周囲の反応で自覚することになるでしょう。特に、鼻水が多く出ているときは要注意です。ウイルス・細菌が常に付着している状態なので、嫌なにおいが鼻から口へ出てきます。蓄膿症へ進展すると、さらに鼻水・鼻くそが臭くなるでしょう。

3.後鼻漏の主な原因

後鼻漏の主な原因は、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎と、疾患、加齢・心因性などがあります。それぞれの特徴を説明しましょう。

3-1.副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎

後鼻漏のおよそ7割を占めている原因が、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎です。副鼻腔炎とは、副鼻腔に炎症が起きることで、痛みと鼻汁が主な症状となります。また、アレルギー性鼻炎はサラサラとした鼻汁が特徴ですが、鼻汁の分泌量が多くなると後鼻漏になる可能性があるのです。アレルギー性鼻炎だから安心、というわけではありません。

3-2.そのほかの疾患

そのほかの疾患としては、風邪と上咽頭炎(じょういんとうえん)などです。風邪の場合は、ウイルス・細菌の侵入によって鼻の中で炎症が起き、鼻汁が大量分泌され、喉へ落ちていきます。根本的な原因となるウイルス・細菌を除去しなければ、後鼻漏の症状も改善しません。
そして、上咽頭炎は鼻から侵入したウイルス・細菌が感染し、上咽頭に炎症が起きる症状のことです。後鼻漏がなかなか改善しない場合は、上咽頭炎の可能性が高いでしょう。

3-3.加齢・心因性

加齢によって、鼻・喉の粘膜が萎縮して乾燥すると鼻汁が張りつきやすくなります。症状を感じているのに診察で判明できないこともあるため、後鼻漏感と呼んでいるのです。ほかに、ストレスを過剰に感じると体が緊張状態になる交感神経が働き、粘膜の炎症を引き起こしやすくなります。

4.後鼻漏の病状の経過影響

後鼻漏になると、どのような影響があるのでしょうか。日常生活と放置の危険について説明します。

4-1.日常生活への影響

いくら鼻をかんでも鼻水が鼻の穴から出ることなく、次々と喉へ流れ込んでいきます。口から吐き出し続けるか、飲みこみ続けるしかないため、その不快感はとても大きいでしょう。重症になると食事がうまくとれない・睡眠妨害になるなど、日常生活に悪影響をおよぼします。口臭が気になる場合は、周囲との交流も消極的になり、対人関係にまで弊害(へいがい)をおよぼしかねません。さらに、ストレスがかかり、症状がひどくなるという悪循環に陥りやすくなるでしょう。

4-2.放置するとどうなるか

後鼻漏を放置すると症状が悪化するだけでなく、深刻な疾患に発展するおそれがあります。放置した結果、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)に進展してしまうのです。悪臭のある鼻水・鼻づまり・頭痛・発熱などの症状が長く続くこともあります。蓄膿症は治りにくく、治療に時間がかかる病気なので、悪化する前に対処しなければなりません。

5.後鼻漏の治療方法

後鼻漏の治療方法は、薬物療法・手術・そのほかがあります。それぞれの具体的な方法とメリットについて解説しましょう。

5-1.薬物療法

一般的な治療は、薬物療法、またはネブライザーなどの鼻洗浄です。軽症であれば、薬物の投与と鼻洗浄で改善できるでしょう。ただし、1週間のうちに2~3回は通院しなければなりません。また、後鼻漏で用いる薬には、抗生物質・ステロイド剤などがあります。ネプライザーによる治療は、これらの薬を霧状にして吸引する方法です。

5-2.手術

薬物療法で改善できない、または重症の場合は、手術で改善することになるでしょう。レーザー治療を用いて、炎症が起きている部分を取りのぞくなどの方法があります。手術の場合は体に負担をかける可能性があるため、医師と相談しながら検討しましょう。

5-3.そのほか

ほかの方法としては、漢方薬があります。漢方薬は、体質改善が目的なので「病気が起こりにくい体にすること」が本質です。薬の副作用が心配、手術する体力がないという方におすすめします。漢方薬に関しては、後ほど【6.後鼻漏に効果的な漢方薬について】で詳しく説明するのでぜひチェックしてください。

5-4.薬の副作用について

薬物療法の際に気をつけてほしいのが、薬の副作用です。副作用が出るか出ないかは本人の体質にもよりますが、医師の指導のもとで正しく服用することが大切なポイントとなります。後鼻漏の薬として、抗ヒスタミン薬を使用することもありますが、眠気が強くなるタイプがあるのです。副作用が心配な方は、医師に相談しましょう。

6.後鼻漏の漢方薬について

では、後鼻漏への効果が期待できる漢方薬とは、どんな種類なのでしょうか。

6-1.漢方のメリット

漢方の大きなメリットは、体に負担をかけにくいことです。自然由来の生薬を組み合わせているため、西洋医学で用いられる薬よりも体への負担が少ないといわれています。また、症状が緩和するまで時間はかかりますが、根本的な体質が改善できる可能性もあるのです。病気になりにくい体を目指すために、漢方薬を使用するのも選択肢の1つといえるでしょう。

6-2.荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

常に鼻がつまっている・粘り気のある鼻水が出るなどの症状に適した漢方薬です。体力中等以上で、手足の裏に脂汗をかきやすい体質の方に向いています。また、蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎にも効果があるといわれているのです。(ただし、効果の有無は体質によって異なります。)

6-3.小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

ウイルス・細菌による炎症に効果があるといわれている漢方薬となります。蓄膿症などに多い粘り気の鼻水が出る方、喉に引っかかりを感じる方、風邪を引きやすい方などにおすすめです。

6-4.辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

慢性鼻炎・副鼻腔炎に伴う後鼻漏に使われる漢方薬です。辛夷(しんい)をはじめとして、山梔子(さんしし)・升麻(しょうま)・百合(びゃくごう)・麦門冬(ばくもんどう)などの生薬が組み合わさっています。

6-5.漢方薬局の選び方

漢方薬は自分の体質・症状に適した種類を選ぶからこそ、効果が発揮できます。そのため、自分で選ぶのではなく、専門知識を有している漢方薬局に相談してください。現在出ている症状を聞きだしながら、あなたにぴったりの漢方薬を提案します。どの漢方薬局に相談すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 漢方処方の実績がある
  • 無料相談を受けつけている
  • スタッフの対応が丁寧かつスピーディー
  • 薬の併用もアドバイスしている
  • ホームページに改善事例が記載されている

十字屋平蔵薬局」では、無料相談を受けつけています。さまざまな症状に合わせた漢方薬を紹介しておりますので、ぜひ1度ご相談ください。すでに、薬を服用している方でも、適切な服用法・併用のアドバイスをしています。

7.後鼻漏に関してよくある質問

後鼻漏に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.市販の漢方薬でも十分な治療効果が期待できるのか?
A.自分の体質・症状に適さない漢方薬は、副作用が起きるなど逆効果になります。市販の漢方薬は、自分に合っているかどうか分からないことが多いでしょう。そのため、安心して服用するためにも、きちんと専門の医療施設または漢方薬局で相談をしてから服用してください。相談する際は、自分の身に起きている症状を具体的に伝えることが大切です。

Q.生活習慣で気をつけるべきこととは?
A.ウイルス・細菌に感染しないよう、手洗い・うがいなど基本的な感染防止に努めてください。また、外出の際はマスクをするなど工夫を心がけましょう。鼻から喉にかけての加温・加湿が症状の緩和につながることもあります。室内にいるときも、加湿器などを使用して乾燥を防ぐとよいでしょう。さらに、ストレスによる後鼻漏も増加しているため、リラックスして落ち着ける環境をつくってみてください。

Q.後鼻漏のケアとは?
A.鼻や喉を乾燥させないようにすることです。たとえば、ミストを吸入したり、マウススプレーをしたりするなどのケアがあります。中には、鼻うがいをする方もいますが、慣れないと方法を間違えたり、中耳炎になるおそれもあるので注意してください。

Q.予防のために気をつけたいこととは?
A.風邪の症状と似ているため、あまく考えてしまい、蓄膿症にまで発展したケースがよくあります。後鼻漏や蓄膿症に発展しないためには、耳鼻咽喉科を受診することが大切です。特に、鼻水だけがずっと出る・鼻づまりが2週間以上続く場合は、1度受診したほうがよいでしょう。

Q.漢方の効果はどのくらいで分かるのか?
A.体質によって効果が異なるため、中には2週間の服用で症状が緩和したという方もいます。漢方は、長く飲み続けることが大切なポイントです。もし、3か月間以上服用し続けて効果が現れない場合は、合っていない可能性があるので漢方薬局に相談してください。

まとめ

いかがでしたか? 後鼻漏は、通常、鼻の穴から出る鼻水が喉に垂れてしまう症状のことです。放置すると、喉・鼻に鼻水や膿がたまり慢性化する可能性があります。いくら鼻をかんでも出てこない・喉につまっている感じがする場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。主な治療法は、薬物療法ですが、漢方薬を使用する方法もあります。自分の体質・症状に合っている漢方を選ぶためにも、漢方薬局に相談してください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局