深刻な冷え性を招く冷房病! 漢方薬を使った対策や改善方法をご紹介

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

暑さ対策として冷房を使う方は多いものです。体温調整にも役立ち、汗も引いて気持ちがいいと感じることでしょう。しかし、冷房は長時間あたっていたら、冷房病という症状を発症する危険性があります。冷房病は血流を悪くし、自律神経に異常をきたすなど、深刻な冷えを誘発するものです。
「冷房病とはどんな症状?」「治療や対策について知りたい」といった、冷房病に対する疑問を感じ、冷えを防止したいと考える方もいるでしょう。冷房病はきちんとした治し方を知り、ひどくならないようにしなければなりません。
今回は、冷房病の原因や対策に加え、漢方を使った治療などもご紹介します。

  1. 冷房病について
  2. 冷房病の対策や主な治療法について
  3. 漢方を使った冷房病対策について
  4. 冷房病に用いられる漢方薬の購入方法・飲み方
  5. 冷房病や漢方でよくある質問

この記事を読むことで、冷房病とはどのようなものかを知ることができ、ご自身の体調管理に生かすことができるでしょう。冷房を頻繁に使う方は、日常生活への悪影響なども覚えておき、漢方を使った治し方や対策などを理解しておいてください。

1. 冷房病について

冷房病は、冷房の影響を受けてさまざまな体の不調を感じる症状です。原因や症状について触れていきます。

1-1.冷房病とは?

冷房病は正式には医学的な病名ではなく、冷房による温度差で生じる症状を指します。外気と冷えた室温の差で体内に異常が起こり、自律神経のトラブルなどが出るのです。

1-2.冷房病の主な症状

冷房病で最も多いのは、冷え性です。足を中心に下半身全体が冷えやすく、足首に痛みを感じる方もいます。同時に起こりやすいのが、冷えで血流が悪くなることでむくみが生じ、だるさや疲労感を抱くことです。ひどい場合は、めまい・頭痛・下痢・便秘・生理不順といった症状を併発します。自律神経に異常が起こるため、体温調整がうまくできず、メンタルが不安定になるケースもあるものです。

1-3.冷房病の主な原因

オフィスのエアコンなど冷房が一括管理されている環境では、温度調整は自分で行わなければなりません。冷房対策グッズとしてブランケットや温かい飲み物を用意する方もいれば、マッサージやストレッチで緩和する方もいます。しかし、冷房による冷えは深刻で、自分なりに工夫しても環境が変わらない限り、なかなか冷え性を改善することはできないものです。

1-4.冷房病が起こりやすい人・時期など

長時間冷房の下で作業することが多い人や、設定温度が低いまま就寝してしまう方は、気づかないうちに冷房病になるリスクが高いでしょう。発症しやすい時期は、冷房をつけ始める初夏から晩夏にかけてです。外気温が高くなると、どうしても設定温度を低くしてしまいます。冷房病を誘発するため、なるべく28℃前後に設定しておきましょう。

1-5.冷房病による日常生活への影響や関連する病気

下半身の冷えは、全身の血流を悪くし、自律神経の異常をきたします。不眠症・精神不安・手足のしびれを感じるようになり、体がだるい状態が続くでしょう。自律神経失調症は、冷房病に関連する病気です。ひとたび発症したら、元の生活を取り戻すまで時間もかかります。冷房病には注意し、ほかの病気を誘発しないことが重要です。

1-6.冷房病にかんする最近の傾向

冷房病は、以前まで女性に多い症状でした。しかし、冷え性を意識する方が増え、自分なりに対策を講じ、冷えない工夫をするようになり、女性の冷房病は減少傾向です。最近では、冷房病を気にせず過ごす男性の方が発症しやすく、知らぬ間に冷え性や自律神経の乱れが起こっています。

2.冷房病の対策や主な治療法について

冷房病による悪影響は、前述にてご理解いただけたかと思います。冷房病を発症した場合の治療について覚えておきましょう。

2-1.冷房病の対策とは?

エアコンは28℃前後に設定し、就寝中はタイマーを利用してつけっ放しにしないようにしましょう。冷房の効いた室内と外気の差で体調不良を起こすことが多いため、羽織物で温度調整をすることも意識してください。
発汗することも体温調整機能を維持するためには重要で、普段から適度な運動をするようにします。体の免疫機能も上がり、体質改善にも役立つでしょう。冷たいものばかり取らず、たんぱく質・ビタミン・ミネラルを少量でも良質なものを食べるようにすることが大切です。

2-2.冷房病の治療法はあるのか?

冷房病の治療は、内科を受診するといいでしょう。とはいえ、明確な治療法はなく、対症療法が中心となります。頭痛や手足の痛みには痛み止め、胃腸障害には胃腸薬といった処方です。自律神経失調症になっている場合、不眠症や精神不安も感じやすいため、心療内科でも対応できます。具体的に症状が伝えにくいようなら、まずは内科を選んでください。

2-3.気をつけたい生活習慣

健康を維持する基本は、食生活と睡眠です。食べ物は体を温める生姜や温野菜を中心に、肉や魚を積極的に食べてください。好きなものだけ食べる偏った食生活では、免疫力が低下して病気になりやすい体になってしまいます。
睡眠は規則正しく取り、8時間前後しっかり眠るようにしましょう。睡眠は疲労回復効果もあり、冷え性改善にも役立ちます。

3.漢方を使った冷房病対策について

冷え性で悩む方は、漢方を使った体質改善がおすすめです。漢方は根本から体を治し、免疫力を取り戻す治療ができる薬で、さまざまな症状に対応しています。

3-1.冷房病の漢方治療について

冷え性は毛細血管が温度差で狭くなり、血流が悪くなるために起こります。手足の冷えを感じるのは、冷房病特有の症状です。漢方は血流を促し、体内の気・血・水のバランスを整え、正常な状態へと導きます。冷え性改善には、漢方がベストです。自律神経の乱れも改善するため、冷房病による諸症状から解放されるでしょう。

3-2.冷房病に効果がある漢方薬と成分

冷え性や自律神経失調症といった、冷房病によく効く漢方薬をご紹介します。

3-2-1.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

主成分は、当帰(とうき)・せんきゅう・芍薬(しゃくやく)・そうじゅつ・たくしゃ・茯苓(ぶくりょう)です。体力が衰えている方に最適で、冷え性・むくみ・だるいといった症状の改善ができます。冷房病による生理不順にも効果的です。

3-2-2.八味地黄丸(はちみじおうがん)

主成分は、地黄(じおう)・さんしゅくゆ・山薬(さんやく)・茯苓(ぶくりょう)・たくしゃ・ぼたんぴ・桂皮(けいひ)・ぶしです。下半身の冷えやしびれを改善します。

3-3.冷房病に効く漢方薬の効果について

漢方薬はゆっくり体に浸透し、少しずつ体質改善や体調不良を治していきます。西洋薬のような即効性はなくても、長く服用することでしっかり体を本来の姿に戻してくれるでしょう。体はもともと免疫機能が備わっており、冷房などの影響を受けて機能が低下し、体調を崩してしまうのです。漢方薬は体質改善を行い、不調が出にくい体質へと導いてくれます。

3-4.冷房病に効く漢方薬の副作用

漢方薬は効き目が穏やかで、副作用が起こりにくい薬です。副作用の出現は少ないけれど、ほかに薬を服用している場合は注意が必要でしょう。相互作用や相乗効果が報告されている飲み合わせもあり、複数を同時服用する場合は漢方薬局などに相談した方が安全です。

3-5.冷房病対策の漢方薬での注意点

冷え性を改善するためには、漢方薬の服用が効果的です。しかし、服用と同時に生活習慣も見直し、体温調整を自分なりに工夫するようにしてください。また、市販の漢方薬も出ており、気軽に購入できるようになりました。とはいえ、漢方薬を選ぶためには、体質に合うかどうかの専門知識が求められます。自分に合うものを処方してもらうようにしてください。

4.冷房病に用いられる漢方薬の購入方法・飲み方

漢方薬は漢方薬局に相談して処方してもらうと安心です。日常生活の過ごし方も提案してもらえます。

4-1.漢方治療の注意点

4-1-1.漢方薬の飲み方や効果

漢方を使った治療をするときは、飲み方や効果などはあらかじめ知識を持っておき、正しく服用することが理想です。漢方薬の吸収が最もいいとされる、食間や食前を選んで服用し、効果がより得られるようにしましょう。服用してすぐに効果を実感できる方は少なく、10日ほど服用して徐々に体質に変化が出始めます。

4-1-2.漢方薬を選ぶためには体質チェックが重要

漢方薬局では、症状・体質・普段の過ごし方を伺い、体格などを見て漢方薬の処方を決めます。体質チェックを行うのは、漢方のものさしである「証」が、一人ひとり異なるためです。証に合うものを選ぶことが、症状の早期回復には重要なポイントとなるため、知識と処方実績の豊富な漢方薬局に相談しましょう。

4-2.冷房病に効く漢方薬の価格

漢方薬を取り扱う十字屋平蔵薬局では、漢方薬の価格を一律で定めています。1日500円前後で、税抜き価格です。漢方薬は長く服用することが多く、30日分で1万5000円前後の費用を見ておいてください。保険は適用されません。

4-3.漢方薬局の選び方

漢方薬を取り扱う薬局やドラッグストアはたくさんあります。重要視したいのは、体質チェックをしっかり行っているか、実績が豊富であるかなどです。漢方薬への知識が深いことはもちろん、日常生活のアドバイスを的確にできる漢方薬局を選びましょう。

4-4.冷房病の漢方薬をもらうときの注意点

漢方薬局で処方を受けるときは、普段飲んでいる薬の内容が記載されたお薬手帳を持参し、飲み合わせを必ず見てもらってください。漢方薬の効果を最大限に得るためにも、安全に服用することが大切です。また、サプリを服用している場合も、同時に服用しても問題ないかを見てもらってください。

5.冷房病や漢方でよくある質問

冷房病は心身ともにつらい症状を招きます。質問集を生かし、対策や治し方のポイントにしてください。

Q.冷房病は夏が終われば回復する?
A.冷房病の特徴は、長引いて慢性化しやすいことです。体質そのものが冷え性となってしまい、季節が変わっても治りにくくなってしまいます。頭痛や関節痛などが続き、体調不良を訴える方も少なくありません。異常を感じたら、なるべく早めに治療を開始しましょう。

Q.冷房を使わずに快適に過ごすコツは?
A.扇風機を活用するといいでしょう。冷房の設定温度は高めにし、扇風機で風を循環するようにしてみてください。涼しさを感じることができ、冷房病対策にもなります。扇風機の風は、体に直接あてないようにしましょう。

Q.外気と室内の温度差がどのくらいあると冷房病になりやすい?
A.外気と室温の差が5℃以上ある場合、体温調整が難しいとされています。羽織物で温度差を調節し、体への負担がなるべくかからないようにしましょう。

Q.漢方薬局での相談は無料?
A.十字屋平蔵薬局では、無料相談を受けています。処方するまでは無料ですので、お気軽にご連絡ください。メールでの相談は、24時間以内にご返信しています。漢方薬にかんする不安や症状について、丁寧に対応しておりますので、安心していただけるでしょう。

Q.冷房病の症状で長く苦しんでいるけれど、漢方薬で回復する?
A.十字屋平蔵薬局には、長年つらい症状で苦しんでいる方から、たくさんのご相談があります。冷房病は空調が効いた室内で過ごすことが多い方は、慢性的に悩まされる症状です。漢方薬で根本から治すことができます。諦めずに相談してみてください。

まとめ

冷房病は、エアコンで体が冷やされ、頭痛・めまい・胃腸障害・関節痛・自律神経の乱れなどが起こる症状です。手足のしびれや下半身の冷え性になる方が多く、体質そのものが冷え性となって長引き、心身のバランスを崩すこともあります。自律神経の乱れは不眠や精神不安も招くため、きちんと治療することが大切です。冷え性の改善には、漢方薬を使った治療が効果的で、体の免疫力を高め、健康な体へと導いてくれます。漢方薬はほかの薬との飲み合わせにも注意が必要ですから、専門知識がある漢方薬局に相談しましょう。処方前は、無料相談を利用して体質チェックを受けてください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局