小青龍湯はどんな症状に効果があるの? 服用する際の注意点は何?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

小青龍湯(しょうせいりゅうとう)は鼻風邪・アレルギー性鼻炎・花粉症の方に処方されることの多い漢方薬です。漢方薬の中では葛根湯と並んでポピュラーな薬で、病院で処方される他、ドラッグストアでも購入することができます。妊娠中に風邪をひいた場合などは、風邪薬として処方されることもあるでしょう。

今回は、小青龍湯の効果や服用する際の注意点を紹介します。

  1. 小青龍湯の基礎知識
  2. 小青龍湯の利点や服用する際の注意点
  3. 小青龍湯を安全に服用するための注意点
  4. 小青龍湯の服用に対するよくある質問

この記事を読めば、他の漢方薬を服用する際の注意点なども分かることでしょう。小青龍湯を服用したいと考えている方や、現在服用中の方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.小青龍湯の基礎知識

はじめに、小青龍湯の成分や効能を紹介します。どのような薬効があるのでしょうか?

1-1.小青龍湯の薬効とは?

小青龍湯は、前述したように鼻風邪やアレルギー性鼻炎・花粉症・気管支炎などの患者さんに処方される薬です。特に、「水っぽい鼻水が出て咳が止まらない」という方には効果が高いといわれています。また、発汗作用や体内の水分を調整する働きがあるので、冷え性の方にも処方されることがあるでしょう。

1-2.小青龍湯の主な成分

漢方薬は、自然の草木をそのまま使用した「生薬」を調合して作られます。小青龍湯は、

  • 麻黄(まおう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 甘草(かんぞう)
  • 半夏(はんげ)

といった生薬が使われているのです。配合は製薬会社や漢方薬剤師によって異なり、ドラッグストアで販売されている小青龍湯の中には、病院や漢方薬局で処方される漢方薬に比べると生薬成分が少ないものもあります。

1-3.小青龍湯を購入する方法

前述したように、小青龍湯はドラッグストアでも販売されているほか、病院で風邪薬や花粉症の薬・気管支炎の薬として処方されることがあります。これらの病気で病院を受診した際、医師から「漢方薬を出しておきます」と言われた場合は小青龍湯が処方されることが多いでしょう。

ドラッグストアで販売される場合も、製薬会社によって独自の商品名がつけられることはなく、「小青龍湯」で販売されています。葛根湯と並んでよく利用される漢方薬ですので、大手チェーン店なら大抵の場所で手に入るでしょう。

また、漢方薬局で自分に合った配分で小青龍湯を調合してもらうこともできます。ただし、漢方薬局で本人に合わせて調合された小青龍湯は、他の人が使うことができません。注意してください。

2.小青龍湯の利点や服用する際の注意点

この項では、小青龍湯を利用するメリットや、服薬する際の注意点を紹介します。副作用などはあるのでしょうか?

2-1.小青龍湯の利点について

アレルギー性鼻炎や花粉症の治療薬として処方・販売されている薬の中には、眠気を催すものがあります。そのため、仕事中に服用できず、鼻づまりや鼻水に悩まされている方も多いことでしょう。小青龍湯に含まれている麻黄は覚醒効果があるため、眠くなりません。ですから、車やバイクなどを運転する方も安心して使用できます。また、試験や仕事など眠気に襲われては困る時にも、おすすめです。

さらに、病院で処方される薬と比べると漢方薬は効き目が穏やかで、長期間飲み続けることができます。花粉症やアレルギー性鼻炎は治るまでに時間がかかるので、病院で処方される薬を服用し続けると体に負担がかかる方もいるでしょう。そんな方にも漢方薬の服用がすすめられています。

2-2.冷え性などにも効果あり?

漢方薬は、病気ではなく症状によって処方する薬が決まります。小青龍湯は、むくみや冷えなどを改善する効果があるため、花粉症の症状が強く出る時にむくみやすいという方や、冷え性で風邪をひきやすいという方にも効果が期待できるでしょう。ですから、風邪をひきやすく、冷え性でやや虚弱体質という方におすすめです。

2-3.小青龍湯の服用方法

小青龍湯は食前や食間など、空腹時に飲むようにすすめられます。しかし、飲んだ後で食欲不振やむかつきを感じる方もいますので、そのような方は少し食べ物をおなかに入れたあとで飲んでもよいでしょう。医師から処方してもらった場合は、医師に相談してください。
粉薬として処方されることが多いので、ぬるま湯か常温の水で飲みましょう。味が苦手という場合は、オブラートに包んで飲んでも大丈夫です。

2-4.小青龍湯を服用する際の注意点

漢方薬には副作用がないというイメージがありますが、そのようなことはありません。前述したように小青龍湯には麻黄が含まれていますが、これには、交感神経を刺激する「エフェドリン類」が含まれます。そのため、心臓に負担をかける恐れがあるのです。高血圧や心臓病の方が服用する場合は、必ず医師と相談してから服用しましょう。

また、甘草には「偽アルドステロン症」を引き起こす成分が含まれています。そのため、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)など、甘草を主成分とする漢方薬と小青龍湯を同時に服用したいという場合は、医師の判断を仰ぎましょう。
なお、小青龍湯だけを飲んでいる方でも、手足のだるさやこわばり・こむら返り・脱力感などをたびたび覚えるようになった場合は、病院へ行ってください。これらは、偽アルドステロン症の主な症状です。

3.小青龍湯を安全に服用するための注意点

この項では、小青龍湯を安全に服用するための注意点を紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.薬を飲んでいる方や持病がある方は、医師に相談をする

小青龍湯は、ドラッグストアで誰でも購入することができる漢方薬です。しかし、薬を飲んでいる方や高血圧・心臓病などの持病がある方は、必ず医師に相談してから服用を開始しましょう。

また、妊娠中にも注意が必要です。妊娠中は普段健康な方でも大きく体調が変化します。小青龍湯を服用して心臓に負担がかかると、体調不良になる恐れもいるでしょう。服用したい場合は産婦人科医と相談して病院で処方してもらってください。
さらに、授乳中に大量の汗をかくと脱水症状になりやすくなります。服用する場合はやはり医師と相談し、水分補給を十分に行いましょう。

3-2.最低2週間は飲み続ける

漢方薬は病院で処方される薬に比べると、効き目が穏やかです。その分、最低でも2週間は飲み続けないと効果が実感できません。事情があって鼻水や鼻づまりを今すぐ解消したいという方は、病院で処方される一般的な薬を使用しましょう。

また、飲んだり飲まなかったりしても効果は期待できません。

3-3.虚弱体質な方は注意する

小青龍湯は交感神経を活発にし、発汗を促します。ですから、病み上がりなどで体が弱っている方には、負担がかかりすぎる恐れがあるでしょう。体が弱っていたり虚弱体質な方は、「麻黄附子細辛湯(まおうぶさいしんとう)」という漢方薬の方がおすすめです。こちらは、虚弱体質の方や高齢者に処方されることが多く、小青龍湯と同じ症状に効果が期待できます。

3-4.消費期限に注意する

漢方薬は生薬を使用している分、成分が変質しやすくなっています。特に、漢方薬局で処方してもらい、密閉されていない薬は注意しましょう。1か月分処方されたら1か月以内に飲みきってください。密閉されたパッケージに入った漢方薬でも、古いものは処分しましょう。

4.小青龍湯の服用に対するよくある質問

Q.小青龍湯とサプリメントの併用は問題ありませんか?
A.はい。サプリメントは薬ではありませんから一緒に飲んでも大丈夫です。

Q.小青龍湯は何歳から飲めますか?
A.2歳以上から服用可能ですが、苦みが強いので小さい子どもには飲みにくいでしょう。無理に飲ませない方がよいですね。

Q.食間とは、どのような意味でしょうか?
A.食事と食事の間という意味で、食事を終えてから2時間以上たった頃が目安です。

Q.ドラッグストアで販売されている小青龍湯でも効果は十分にあるのでしょうか?
A.漢方薬局や病院で処方してもらった薬の方が、より効果が期待できます。特に、漢方薬局で調合してもらえば、自分の体質や症状にあった小青龍湯を購入できるでしょう。また、漢方薬局では漢方に関する相談も受けられますので、長期間服用したい場合は、漢方薬局の利用がおすすめです。

Q.漢方薬局と普通の薬局の違いは何でしょうか?
A 漢方薬局は、漢方薬を専門に調剤・販売しています。漢方医の処方箋に基づいて薬を処方することもありますし、漢方薬剤師が顧客から体調や改善したい点を聞いて薬を調合することもあるでしょう。初めての方は、相談窓口を設けている薬局に行くとよいですね。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、小青龍湯の薬効や服用する際の注意点について紹介しました。漢方薬は副作用がないというイメージもあり、健康食品やサプリメントのような感覚で服用する方もいるかもしれません。しかし、漢方薬はれっきとした薬です。持病がある方や妊娠中の方、薬を服用している方は医師と相談の上、服用を開始しましょう。また、漢方薬同士の飲み合わせにも注意が必要です。漢方薬局でも相談に乗ってくれますので、複数の漢方薬を服用したい場合は、漢方薬局で調合してもらうとよいでしょう。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局