胃もたれに効く漢方は? 漢方の正しい飲み方・購入方法について

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

食べすぎや飲みすぎなどで“胃もたれ”を起こすことがあるでしょう。1日で治ればいいですが、くり返したり、長く続いたりしていると、つらい状態から抜け出すことができません。気分がスッキリせず、体調も優れない日々が続くでしょう。いずれ、日常生活や仕事にも悪影響が出てきてしまいます。「何をしても胃もたれが治らない……」と悩んでいる方は、漢方薬を使用してみてはいかがでしょうか。ただし、漢方薬の効果を実感するためには、正しく服用することが大切です。

そこで本記事では、胃もたれの基礎知識や効果のある漢方・飲み方・購入方法などについて詳しく説明します。

  1. 胃もたれの基礎知識
  2. 胃もたれと漢方について
  3. 胃もたれに効果のある漢方について
  4. 漢方薬の飲み方・購入方法
  5. 胃もたれと漢方に関するよくある質問

この記事を読むことで、胃もたれに効く漢方薬を知ることができ、正しく飲むことができます。胃もたれを改善したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.胃もたれの基礎知識

症状を改善するためには、胃もたれについて詳しく知ることが大切です。胃もたれとはどんなものなのか、主な症状や原因・メカニズム、なりやすい人、放置の危険、治療法をきちんと把握しておきましょう。

1-1.胃もたれとは

飲みすぎや暴飲暴食をしたときに起こるのが「胃もたれ」です。胃がスッキリしないときに、「胃もたれかもしれない…」と思う方は多いことでしょう。簡単に説明すると、胃もたれとは食べものがきちんと消化されずに胃の中に残っている状態です。基本的に、口にした食べものは食道を通って、胃液でドロドロとした粥(かゆ)状になります。粥(かゆ)状になったものは、十二指腸へと送る流れです。しかし、胃もたれは十二指腸に送られずに、滞留してしまいます。よって、胃もたれが起こるというわけです。

1-2.主な症状

胃が重い・スッキリしない・何となく不快などの症状が起きます。ほかにも、食べすぎできちんと消化されないので胃の張りや膨張感、食欲不振が起きることもあるでしょう。中には、胃にたまった内容物が食道へ逆流する“吐き気”も起こります。どのような症状が現れているのか、確認してみてください。

1-3.主な原因・メカニズム

胃もたれの原因はさまざまです。中でも、食生活の乱れ・胃機能の低下・ストレスが関係しています。刺激物や脂っこいものをたくさん食べすぎたり、暴飲暴食・早食いをしたりすると、胃に大きな負担がかかるのです。また、運動不足や加齢によって、胃の働きが低下します。食べたものの消化に時間がかかり、長くたまってしまうので胃もたれが起こりやすいのです。さらに、ストレスは交感神経が活性化し、自律神経のバランスが崩れます。胃の機能に乱れが生じ、胃もたれが起こりやすくなるでしょう。

1-4.なりやすい人

胃もたれになりやすい人は、食生活や私生活が乱れている人・過剰なストレスをためこみやすい人です。基本的に、日ごろの生活をきちんと正しくしておけば、胃もたれを防ぐことができます。特に、食生活が大きなポイントです。暴飲暴食やレトルト食品・ファストフード食品ばかり食べていると、胃の機能が低下してしまいます。偏った食生活は胃もたれを引き起こす要因です。

1-5.放置するとどうなるか

胃もたれを放置していると、慢性化してしまいます。常に胃もたれの症状が続き、毎日スッキリしない状態になるでしょう。日常生活や仕事にも支障が出てしまいます。また、胃炎をわずらう可能性もあるのです。胃炎の症状には、胃もたれのほかにも、下痢・むかつき・食欲不振などが挙げられます。胃もたれから胃炎になり、胃炎を放置すると、胃潰瘍・胃がんと命にかかわる病気へつながるのです。

1-6.主な治療法

胃もたれは、基本的に、胃を休めることで解消できます。暴飲暴食や食生活の乱れが原因だとわかっている場合は、胃にやさしい食べものを摂取して休めてあげましょう。また、自律神経が乱れている場合は、体をリラックス状態へ導く副交感神経を活性化させてください。ぬるめのお湯につかってリラックスする・運動をするなどさまざまな方法があります。

2.胃もたれと漢方について

胃もたれに効く薬は、ドラッグストアで購入できます。しかし、薬はあくまで症状を一時的に抑えるものです。そこで、根本的な原因にアプローチできるのが漢方薬となります。

2-1.漢方について

まずは、漢方の考え方や特徴・注意点について詳しく説明します。

2-1-1.漢方の考え方

漢方は、人間に本来そなわっている自然治癒力を高めることに目的を置いています。健康的な人のことを「平人(へいじん)」といい、平人(へいじん)は陰・陽・虚・実・寒・熱・気・血・津液などのバランスが取れている人です。どれか1つでもバランスが崩れれば、肉体・精神面に症状が現れます。また、漢方には五臓六腑(ごぞうろっぷ)という考え方があることをご存じでしょうか。五臓は肝・心・脾・肺・腎を指し、六腑は胆・小腸・胃・大腸・膀胱(ぼうこう)・山焦を指しているのです。五臓六腑の生理的な関係が崩れると、平人(へいじん)ではなくなります。

2-1-2.漢方の特徴

漢方は、自然界にある植物や鉱物の中で薬効を持つもののことです。それらは生薬と呼ばれ、生薬を複数組み合わせてつくられています。自然の恵みを利用しているため、化学薬品などは一切含まれていません。だからこそ、薬よりも副作用が少ない特徴があります。

2-1-3.注意点

漢方薬は生薬の組み合わせによって、さまざまな症状に対応できます。胃もたれに効果的な漢方薬もいくつか存在しているのです。しかし、漢方の効果を発揮させるためには、利用する人の体質に合っているかが大きなポイントとなります。体質に合っていない漢方薬は、症状が悪化するなどの症状が現れる恐れがあるため、注意しなければなりません。

2-2.漢方における胃もたれの考え方

漢方における胃もたれの考え方があります。気が不足している「気虚」や胃腸に対する考え方について詳しくチェックしておきましょう。

2-2-1.気が不足している「気虚」

漢方における「気」は、エネルギーの一種です。規則正しい生活を送れば、気が不足した状態になってもすぐに回復します。しかし、過労が続いたり、不規則な生活を送ったりしていると、慢性的に気が不足した状態になるのです。それを「気虚」といいます。基本的に、食べたり飲んだりしたものを胃腸が消化・吸収して生み出すのが「気」です。つまり、胃もたれは気が不足している「気虚タイプ」に当てはまります。

2-2-2.胃腸に対する考え方

漢方において、胃腸は健康を維持し続けるための大切な部位です。エネルギーである気を生み出し、余分な水分を排出するために必要な機能があります。胃腸の機能が低下することで、気が不足状態になり、無駄な水分や老廃物がたまりやすくなってしまうのです。そのため、いかに胃腸の機能が活性化できるかが、大切な要素となります。

3.胃もたれに効果のある漢方について

多数の生薬があり、量や種類の組み合わせによってさまざまな種類の漢方薬が生まれます。果たして、胃もたれに効果のある漢方とは、一体どのようなものなのでしょうか。

3-1.どんな漢方薬があるか

胃もたれに使用される漢方薬といえば、六君子湯(りっくんしとう)・四君子湯(しくんしとう)・安中散(あんちゅうさん)の3つです。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 六君子湯(りっくんしとう):胃腸が弱く、疲れやすい方向け。胃腸虚弱・消化不良に効果的
  • 四君子湯(しくんしとう):体力虚弱でやせ型・疲れやすい方向け。胃腸虚弱・胃もたれなど
  • 安中散(あんちゅうさん):胃痛・胃もたれがある方向け。胃腸虚弱・慢性胃炎など

胃もたれに効く漢方薬は、甘草(かんぞう)・桂皮(けいひ)・良姜(りょうきょう)・芍薬(しゃくやく)・茯苓(ぶくりょう)などの生薬が含まれています。

3-2.副作用について

市販の薬や病院で処方される薬には、化学薬品が含まれています。しかし、漢方薬は自然由来のものだけが入っているため、一般的な薬よりも副作用は少なめです。けれども、まったくないとは限りません。自分の体質に合っていない場合は、頭痛・吐き気・めまいなどの副作用が現れることもあります。

3-3.効果について

漢方薬に即効性は期待できません。体質改善を目的としているため、効果が現れるまで最低3か月以上はかかるといわれています。人によっては、2週間で効果が現れることもあるようです。飲み始めて効果が現れないからと、途中で服用をやめないでください。最低でも3か月は飲み続けていきましょう。

3-4.市販の漢方薬について

近くのドラッグストアや薬局にも、胃もたれに効くといわれる漢方薬が手に入ります。「市販の漢方薬が手っ取り早いから」「安いから」と、利用する方は多いのですがおすすめしません。なぜなら、自分の体質に合っているかわからないからです。漢方の知識を持っている人でなければ、体質に合っている種類が選べません。市販よりも、漢方薬局で手に入れたほうが安心して服用できます。

4.漢方薬の飲み方・購入方法

胃もたれを漢方で改善するためには、正しい飲み方と購入方法を把握しておかなければなりません。

4-1.漢方薬局への相談

自分に合った漢方薬を利用するためにも、漢方薬局へ相談してください。漢方薬局は、漢方に詳しい知識を持っているスタッフがいます。どんな症状が起きているのか、どんな体質なのか、できるだけ詳しく伝えてください。そうすれば、あなたに合った漢方薬を選んでくれます。また、正しい飲み方についてもレクチャーしてくれるので安心です。

4-2.漢方薬局の選び方

どの漢方薬局に相談すべきか、悩んでいる方は多いでしょう。漢方薬局を選ぶときは、以下のポイントに注目してみてください。

  • 漢方薬処方の実績がある
  • 漢方薬の飲み方や養生法なども丁寧に説明する
  • 無料相談を受けつけている
  • 低価格で漢方が利用できる
  • 口コミ・評判がいい

4-3.注意点

漢方薬局を選ぶ際は、きちんと自分の話に耳を傾けてくれるかどうかをチェックしてください。中には、一方的に話をすすめ、漢方薬の押し売りを行うところがあります。詳しい説明もなく、「この漢方薬を飲めばよくなる」だけしかいわないところは危険です。きちんと自分が納得できる漢方薬を選びましょう。疑問を感じた場合は、その場ですぐに尋ねてみてください。

4-4.飲み方

漢方薬の飲み方は、普通の薬と変わりません。ただし、服用時間が決まっているため、必ず守って服用してください。また、漢方薬は煎じるタイプ・粉末タイプ・丸薬タイプ・エキス製剤・錠剤タイプなどがあります。苦い味が苦手な方は、錠剤や丸薬タイプがいいでしょう。難なく飲み続けることができるタイプを選んでください。

4-5.使用期間・期限は?

生薬でできている漢方薬は、腐る心配がありません。袋に密封されている状態でない限り、決められた期限内に飲みきりましょう。ほとんどの漢方薬は、与えられた日数分がそのまま使用期限となります。きちんと毎日飲み続けていけば、期限内で飲みきることができるでしょう。

4-6.飲み合わせについて

漢方薬の服用で注意しなければならないのが、ほかの薬との飲み合わせです。すでに、病院から処方されている薬を服用している方は、漢方薬を飲む前に漢方薬局または担当医師に相談してください。自分の判断で服用してはいけません。飲み合わせの悪い種類を服用すれば、症状がさらに悪化する恐れがあります。

4-7.価格相場

「漢方薬は値段が高い」というイメージを持っている方はたくさんいるでしょう。生薬の種類によって異なりますが、価格相場は1か月分でおよそ5,000円~1万円です。漢方薬局の中には、低価格で提供しているところもあります。数か月飲み続けるためにも、毎月支払える漢方薬かどうかも大切なポイントです。

4-8.相談窓口

「自分に合った漢方薬が知りたい」「漢方について教えてほしい」など、疑問や質問がある方は、漢方薬局の「十字屋平蔵薬局」に相談してください。十字屋平蔵薬局では、さまざまな症状や悩みに対応しています。無料相談も受けつけているので、ぜひ1度相談してみてはいかがでしょうか。

5.胃もたれと漢方に関するよくある質問

胃もたれと漢方に関するよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.「胸やけ」との違いは?
A.胃もたれと胸やけは同類と思われがちですが、症状の現れ方が異なります。胃もたれは、胃が重く感じる・鈍痛がする・むかつきなどの不快な症状が胃に現れるものです。一方、胸やけは胸がしめつけられる・チリチリと焼けつくように感じるなど、食道に不快が現れます。

Q.胃もたれの薬物治療は?
A.生活習慣を改善しても症状が改善しない場合は、胃腸薬を服用します。胃酸の分泌を抑える制酸薬・胃の粘膜を保護する胃粘膜保護薬・胃腸での消化を助ける消化薬などです。薬物治療を行う際は、副作用の有無や服用の注意点をきちんと把握しておきましょう。

Q.妊婦・子どもでも漢方は使えるのか?
A.妊婦や子どもでも漢方薬は使用できます。しかし、体質や症状・漢方の種類によっては、強い刺激を与えるものもあるので注意が必要です。漢方薬を利用するときは、事前に担当医師や薬剤師に相談してください。

Q.漢方薬が向いているのはどんな人?
A.体が弱い・薬物治療は刺激が強すぎる・症状が一向に改善できない方は、漢方薬をおすすめします。漢方薬を3か月以上飲み続けて効果が現れない場合は、漢方薬局に相談してほかの漢方薬を試してみてください。

Q.漢方薬の効果を高めるコツが知りたい。
A.日常生活を規則正しく送ることこそ、漢方薬の効果を高めるポイントです。昼夜逆転生活や睡眠不足が続いている方は、生活リズムを戻して身も心もリラックスできる環境をつくりましょう。適度な運動や栄養バランスの取れた食生活を心がけてください。

まとめ

胃もたれは胃に不快感を覚えるつらい症状が続きます。暴飲暴食や食生活の乱れ・ストレスが主な原因として挙げられるでしょう。基本的に、胃を休めることで症状はやわらぎますが、なかなか改善できない場合は漢方薬を使用してください。漢方薬は薬物治療よりも刺激が少なく、体質改善が期待できます。自分の生活を見直しつつも、体質や症状に合った漢方薬を使用してください。自分にぴったりな漢方薬がわからない場合は、漢方薬局に相談しましょう。きちんと、胃もたれの基礎知識や改善ポイントを押さえておけば、健康的な生活を送ることができます。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局