漢方薬でコレステロール値を下げることができる? どんな漢方が効果的?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

中年になると、健康診断でコレステロール値の高さを指摘される人が増えてきます。「コレステロール値を下げたいと思っているが、食生活の改善はなかなか大変」と悩んでいる人もいるでしょう。確かに、仕事などが忙しいと食事までなかなか手が回りません。しかし、コレステロール値が高いままだと病気になる可能性が高まります。このような場合、漢方薬の服薬が効果的なこともあるでしょう。

今回は、コレステロールを下げる効果が期待できる漢方薬のことを中心に、コレステロールの基礎知識などを解説します。

  1. コレステロールの基礎知識
  2. コレステロール値を下げる方法は?
  3. 漢方薬を利用してコレステロール値を下げる方法
  4. コレステロールや漢方薬に対するよくある質問

漢方薬でコレステロール値を下げることは可能?

この記事を読めば、自分に合った漢方薬を処方してもらう方法もよく分かるでしょう。コレステロール値が気になる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.コレステロールの基礎知識

コレステロールの基礎知識

はじめに、コレステロールとはなにか、ということを解説します。なぜ、悪玉や善玉という区別がされているのでしょうか?

1-1.コレステロールって何?

コレステロールとは、ステロイドに分類される有機化合物の一種です。体内では、細胞膜や副腎皮質ホルモン・胆汁酸(たんじゅうさん・消化液の一種)の原料となります。マイナスイメージがあるコレステロールですが、人体にとっては必要不可欠なものです。

体内で必要とされるコレステロールのうち、7割は肝臓で作られます。食事を通じて体内に取り入れられるコレステロールは、約3割です。コレステロールは主に脂質の中に含まれているので、脂っこいものが好きな方はどうしてもコレステロールを摂取しがちになります。しかし、体にはコレステロールを調整する機能があり、コレステロールを多少取りすぎたくらいでは問題ありません。

1-2.コレステロールの種類

コレステロールには、HDLとLDLという2つの種類があります。LDLコレステロールは、コレステロールを身体中の血管に運ぶ役割があり、HDLコレステロールは血中のコレステロールを回収する役割を担っているのです。ところで、皆様は悪玉コレステロールという言葉を聞いたことはありませんか? 悪玉コレステロールとは、LDLのことです。
LDLが体内にあまりに増えすぎるとHDLが回収しきれず、血管内に残ってしまいます。すると、血液中のコレステロール値が高くなりすぎて、動脈硬化を進行させる原因の一つになるのです。

つまり、悪玉コレステロールは決して人体に有害なコレステロールではありませんが、とりすぎると体に悪影響が出ます。ちなみに、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれており、積極的な摂取がすすめられているのです。

1-3.コレステロールはまだまだ研究途中?

コレステロールが人体に及ぼす影響などについては、まだまだ研究が続いています。2015年度には、「健康な人が無理にコレステロールの摂取を控える必要はない」という研究結果が発表されました。ですから、血中のコレステロール値が正常ならば、食べ物に含まれているコレステロールに対して神経質になる必要はないでしょう。しかし、コレステロール値が高い食べ物は、脂質も多く含んでいます。ですから、食べ過ぎると肥満に繋がりますので、そこだけは注意してください。

健康診断などで高脂血症や動脈硬化と診断された方は、LDLコレステロールの摂取を控え、HDLコレステロールを摂取するように心がけましょう。

コレステロールにもいろいろな種類があるのですね。
はい。現在のところ、悪玉コレステロールの摂取を控えることが大切だと考えられています。

2.コレステロール値を下げる方法は?

コレステロール値を下げる方法とは?

血中のLDLコレステロールの値が140mg/dl以上だと、高LDLコレステロール血症と診断され、治療が必要になります。このような状態を改善するために、投薬が行われるのが一般的です。この他、

  • 食生活を見直し、揚げ物などを控えて野菜を多めにとる
  • 禁煙をする
  • 適度な運動を心がける
  • 青魚に含まれるDHAやEPHを積極的に取る
  • 料理に使う油を見直し、不和脂肪酸が多く含まれているオリーブオイルやえごま油などを利用する
  • 節酒をして休肝日を作る

など生活習慣の改善を行うと効果的です。食品では、海藻や大豆製品、ビタミンEを多く含む食品がコレステロール値を下げる効果が期待できます。

やはり、運動や食生活の改善が効果的なのですね。
はい。時間をかけて生活を健康的なものにしていきましょう。

3.漢方薬を利用してコレステロール値を下げる方法

漢方薬を利用してコレステロール値を下げる方法

この項では、漢方薬を利用してコレステロール値を下げる方法について解説します。どのような漢方薬が効果的なのでしょうか?

3-1.東洋医学と漢方薬について

漢方薬とは、東洋医学の考え方に基づいて処方される薬の総称です。漢方薬は、植物の茎や葉を利用した生薬を原料として作られます。そのため、病院で処方される薬よりも副作用が出にくく、長期間にわたって飲み続けることができるでしょう。

東洋医学では、体には気と呼ばれる生命エネルギーと血液(血)、血以外の体液である水が規則正しく巡っていると考えられており、この3つが体内で滞ったり枯渇したりすることが、病気の原因とみなされています。ですから、漢方薬を使って余計なものを排出したり、足りないものを補ったりして治療が行われるのです。

3-2.コレステロール値を下げる漢方薬とは?

コレステロール値を下げる効果のある漢方薬として有名なのが、大柴胡湯(だいさいことう)や柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)です。
大柴胡湯(だいさいことう)は、芍薬(しゃくやく)や枳実(きじつ)が主な成分であり、高血圧・便秘なども解消する効果が期待できます。
柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、精神不安やイライラを鎮める効果があり、腸管からの脂質吸収を抑える効果も期待できるでしょう。

このような漢方薬は、すでに調薬済みのものがドラッグストアで販売されています。また、これらの漢方薬は病院で処方されることもあるでしょう。

3-3.漢方薬局を利用してみよう

さて、前述した漢方薬は、万人に効果が期待できるものです。自分の体質や症状にぴったり合った漢方薬を処方してもらいたい場合は、漢方薬の調剤や販売を専門としている漢方薬局を利用してみましょう。現在は、相談窓口を設けている漢方薬局も多く、初めての方にも利用しやすくなっています。

初めて漢方薬局を利用する場合は、必ずお薬手帳を持参してください。漢方薬には副作用がないイメージがありますが、それは違います。ですから、服用している薬がある場合は必ず薬剤師に伝えてください。
漢方薬は、最低でも2週間以上飲まないと効果が期待できないため、1か月分をまずは処方してもらいましょう。だいたい数千~1万円程度が相場です。

漢方薬局では、薬剤師が脈や舌の状態を診たり病歴や体質、体の悩みなどを質問したりします。これはすべて漢方の調剤に必要な情報ですので、きちんと答えてください。漢方薬は、粉薬や煎じ薬の状態で処方されます。煎じ方も教えてもらえますので、心配はいりません。粉薬が苦い場合はオブラートに包んで飲んでも大丈夫です。

漢方薬でもコレステロール値を下げる効果が期待できるのですね。
はい。運動や食生活の改善と併用するとさらに効果的でしょう。

4.コレステロールや漢方薬に対するよくある質問

コレステロールや漢方薬に対するよくある質問

Q.コレステロール値が高くなると、何か自覚症状はありますか?
A.ほとんどありません。高脂血症が原因となり、動脈硬化になるまで気がつかない方も珍しくないでしょう。

Q.コレステロール値を下げるサプリメントと漢方薬の違いは何ですか?
A.漢方薬はれっきとした薬あり、飲んだり飲まなかったりしては効果がありません。必ず決められた時間に毎日服用しましょう。サプリメントは薬効は期待できません。飲んでも効果が全くでない人もいます。

Q.ビタミンEやDHAは、食品で摂取するよりサプリメントで摂取した方が効果的ではないのですか?
A.確かに、サプリメントならば少量で必要な栄養素を摂取できるでしょう。しかし、サプリメントを飲んでいるからといって暴飲暴食をしてしまえば、かえって逆効果です。サプリメントは栄養素が足りない時に飲みましょう。なお、ビタミンEやDHAのサプリメントを飲んだからといって、確実にコレステロール値が下がるわけではありません。

Q.漢方薬は妊娠中や授乳中でも大丈夫ですか?
A.コレステロール値を下げる漢方に限っては、授乳中でも問題ありません。ただし、処方してもらう際に必ず授乳中であることを伝えましょう。妊娠中の漢方薬服用に関しては、医師と相談してください。

Q.漢方薬を煎じてみましたが、臭いが強く飲むのが大変です。
A.漢方薬は慣れないと飲みにくいかもしれません。しかし、冷めるともっと飲みにくくなります。煎じたら早めに飲みましょう。

5.おわりに

コレステロール値を下げる効果のある漢方薬についてのまとめ

いかがでしたか? 今回はコレステロール値を下げる効果のある漢方薬について解説しました。加齢に伴い、血中のコレステロール値が高くなることは、決して珍しいことではありません。生活習慣を見直す機会と考え、食事療法や運動に取り組んでみましょう。漢方薬を服用している場合も、生活習慣の改善は大切です。コレステロール値が下がるまでには一定の期間がかかります。焦らずに取り組みましょう。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局