掌蹠膿疱症でお悩みの方にお勧めしたい漢方薬

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・ニキビと並んで当店で多い皮膚疾患に掌蹠膿疱症があります。手のひらや足の裏を中心に水疱や膿をもった膿疱が出来、かさぶたやふけのように剥がれて症状を繰り返すのが掌蹠膿疱症です。程度の差はありますが激しい痒みを伴うことがあり精神的なストレスも多く、生活のQOLの低下を招きかねません。症状自体即座に治るものではありませんが、漢方薬も症状改善に有効ですのでお悩みの方の助けになれば幸いです。

  1. 掌蹠膿疱症の基礎知識
  2. 掌蹠膿疱症のおもな治療法
  3. 掌蹠膿疱症と漢方について
  4. 掌蹠膿疱症に効く漢方薬について
  5. 掌蹠膿疱症に効く漢方薬を入手する方法
  6. よくある質問
  7. まとめ

1.掌蹠膿疱症の基礎知識

1-1.掌蹠膿疱症(PPP:palmoplantar pustulosis)とは

病名が示すように多くは手のひら(掌)の親指や小指の付け根付近、足の裏(蹠)のかかとや土踏まずに水疱や膿を持った膿疱ができ、その後患部はポロポロとフケのように剥がれ落ち、およそ1か月サイクルで慢性的に繰り返します。患部の水疱や膿疱には細菌やウイルスは確認できませんが、白血球の一種である好中球がたまっています。程度によっては激しい痒みをともない眠れない方もおられます。女優の奈美悦子さんが公表しておられるような掌蹠膿疱症骨関節炎(SAPHO症候群:Synovitis, Acne, Pustulosis, Hyperostosis, Osteitis)と言われる関節の炎症(骨化)を併発するケースもあります。掌蹠膿疱症骨関節炎は掌蹠膿疱症の10%の患者さんに発症し、部位は鎖骨や肋骨・背骨・骨盤に多く、激しい痛みを伴う場合があり難治性の炎症疾患と言えます。

1-2.掌蹠膿疱症の原因

掌蹠膿疱症の確固たる原因は今のところ解明されていません。ただし症状の背景には扁桃炎や慢性副鼻腔炎、虫歯、歯周病菌、慢性中耳炎などの病巣感染の関与が疑われています。あるいは歯などに被せた金属(歯科材料)に対するアレルギーもあったりします。また皮膚表面の細菌やウイルスなどによる感染はないためにストレスの関与、免疫疾患とも考えられています。

2.掌蹠膿疱症の主な治療法

2-1.一般的な対策

掌蹠膿疱症が疑われる場合には素人判断はせずに専門医の受診をお勧めいたします。血液検査や尿検査、関節に炎症のある場合はレントゲンで確認し総合的に診断されます。そのうえで病巣感染が疑われる場合はその病巣に対する治療が欠かせません。

2-2.主な治療方法

西洋医学による掌蹠膿疱症・掌蹠膿疱症骨関節炎の治療について解説します。

ビオチン

掌蹠膿疱症の患者さんの多くはビオチンが不足していることから病院ではビオチン(ビタミンH)の内服や点滴がなされます。元来ビタミンHはお腹の腸内細菌によって生成されるのですが、ミヤBM(酪酸菌)など腸内細菌のバランスを整える整腸剤が一緒に処方されるケースが多くあります。

ビタミンC

ビオチンと腸内の環境を整えるためにミヤBMそしてビオチンの吸収を助けるためにビタミンCが処方されます。

外用剤

患部の炎症を抑えるためにステロイド剤やビタミンD3・尿素製剤などの塗り薬が処方されます。

抗生物質

膿疱にはバイ菌はないのですが他の病巣の関与が疑われる場合はペニシリン系やマクロライド系・セフェム系の抗生物質が処方されています。

免疫抑制剤

掌蹠膿疱症は免疫が関与しているとの考えもあり、メトトレキセートやシクロスポリンなどの免疫抑制剤を服用するケースもあります。

ステロイド剤や非ステロイド剤(NSAIDs)

主に掌蹠膿疱症骨関節炎の痛みに処方されています。

抗リウマチ薬

掌蹠膿疱症骨関節炎はリウマチではありませんがアザルフィジンやリウマトレックスなどの抗リウマチ薬が処方されています。

生物学的製剤

抗リウマチ薬やステロイド剤・非ステロイド剤(NSAIDs)で効果が得られない場合にレミケート・エンブレル・ヒュミラなどの生物学的製剤が試みられています。

漢方薬の内服

下記に記しましたように症状と体質に合わせて漢方処方も様々組み合わせて用いられます。

サプリメント類

病巣がはっきりしない場合でもバランスの取れた良質のビタミン・ミネラルを総合的に摂取、更には老廃物のデトックスは欠かせません。

その他

チガソン・コルヒチンなどの処方箋医薬品を服用する場合もあります。

3.掌蹠膿疱症と漢方について

3-1.漢方における掌蹠膿疱症の考え方

掌蹠膿疱症の原因は不明ですが自己免疫疾患との考えもなされています。実際慢性化して治り切らないのは他の免疫系疾患と同様に根底に免疫機能が低下していたり、正常に機能しない何かがあるとも言えます。その観点で東洋医学では五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中で腎を補うことにより根本的な症状改善、本治につながると考えます。また手や足の皮膚症状は肺や脾に配当される漢方薬・清熱薬で対応(標治)します。

十字屋平蔵薬局での症例

3-2.漢方薬が向いている人は?

漢方薬が向かない人はいません。大抵の方は病院の皮膚科を受診して検査、診断、治療を試みますが、改善されない多くの方は漢方薬をお求めにご来店になっています。ビオチン等の服用等で完治されていれば良いのですが、そうでない方は漢方薬で改善する可能性があります。漢方薬を取り入れるかどうかはその方しだいです。症状は慢性的な炎症性疾患ですので症状と体質に合った漢方薬をある程度継続服用する必要があります。

3-3.注意点

基本的に西洋薬と漢方薬を併用して頂いても相互作用に問題はありませんご安心ください。当店ではどちらかで治すというよりも症状改善の助けになるとすれば西洋医学、東洋医学にこだわらすに両者を上手に取り入れ改善するべきだと考えます。

4.掌蹠膿疱症に効く漢方薬について

4-1.効果のある漢方薬

温経湯

麦門冬・半夏・当帰・甘草・桂皮・芍薬・川芎・人参・牡丹皮・呉茱萸・生姜・阿膠以上12種類の生薬から構成されている漢方薬です。補血・活血の働きがあり、足腰の冷え・唇の乾きなどの症状を有するものに用いられることがあります。

温清飲

当帰・川芎・芍薬・地黄・黄連・黄芩・黄柏・山梔子の8種類からなる漢方処方です。前半の4つの生薬(当帰・川芎・芍薬・地黄)は血流を改善したり補血的な働きがあります。また後半の4つ(黄連・黄芩・黄柏・山梔子)は清熱的な働きをもっています。ですから患部の炎症を鎮め皮膚の修復を図ります。炎症の程度やかさつき具合など考え合わせ選薬します。

越婢加朮湯

構成生薬は麻黄・石膏・生姜・大棗・甘草・白朮です。熱証でひどい虚証でないことを条件に関節炎の症状に用いられうる処方の一つです。

麦味地黄丸

掌蹠膿疱症は自己免疫系の異常が疑われていますが東洋医学では腎が弱っていると考えます。また手のひらや足裏は五臓六腑で言うところの肺に配当されます。麦味地黄丸は腎と肺に対応する漢方薬で症状の根治に有効な処方の一つです。

桂枝茯苓丸

桂皮・桃仁・芍薬・茯苓・牡丹皮の5種の生薬からなる漢方薬です。瘀血を改善し、浮腫みも取り去ります。皮膚疾患から痛み系・婦人科系など幅広く用いられる処方の一つです。

※以上に挙げた処方の効能効果には掌蹠膿疱症あるいは掌蹠膿疱症骨関節炎とは記されていません。漢方薬は病名から処方を選ぶと言うよりも症状や全体的な体質などを考え合わせて選薬するためです。ですから他にも様々な漢方薬が考えられます。

4-2.選び方・体質チェックなど

まず患部の状態がどうであるかを知ることが大切です。そのうえで掌蹠膿疱症に限らず皮膚疾患の原因はからだの内部から来ていることも考えられますので胃腸の具合や体力、ストレスの程度などの情報も考え合わせて漢方薬の内容を決定していきます。

4-3.価格について

漢方薬は一日分500円(税別)前後になります。また葉緑素製剤などを一緒にご提案させて頂く場合もあります。ご予算等がある方はあらかじめお知らせください。少なくとも数か月は継続してお飲み頂く事が大切です。

5.掌蹠膿疱症に効く漢方薬を入手する方法

漢方薬は患部の状態や体質的な要素も考え合わせてお飲み頂く必要があります。今はインターネットでなんでも簡単に購入できる時代となりましたが、漢方薬の購入は直接漢方薬局や医師に相談されることをお勧めいたします。掌蹠膿疱症と言うだけで漢方薬は決めることはできません。

6.よくある質問

Q.掌蹠膿疱症の漢方薬は一生続けなければならないのでしょうか?
A.いいえ、そのようなことはありません。当店で今まで改善した患者さんの多くは漢方薬の服用をやめても悪化することなく安定しています。また体質に合った漢方薬であれば症状だけでなく他の症状に悪い影響はなくむしろ体調全般にも良く、安心してご継続いただけます。掌蹠膿疱症のお客様は年単位で服用する方も珍しくはありません。

Q.食事はどうすればよいでしょうか?
A.野菜をしっかり摂取して頂き、砂糖類や加工食品アルコール類やコーヒーなどの嗜好品は控えるようにした方が治りは早いと考えます。

Q.たばこはやめるべきでしょうか?
A.できるだけやめて頂けるようお勧めしています。掌蹠膿疱症の8割程の患者さんが喫煙者だと言われています。折角治療するのでしたらこの機会にたばこをやめるか減らしていただけるとベストです。

Q.歯に被せる金属が掌蹠膿疱症の原因になる可能性があるという事ですが、どのように確認したらよいのでしょうか?
A.歯科用金属アレルギーのパッチテストで確認が可能です。仮にアレルギー反応を確認した場合はセラミックに変えるなど治療することにより症状の改善がある程度期待できます。歯科医師ともご相談ください。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございます。掌蹠膿疱症だけでなく慢性的な症状は長く放置しておくと症状改善に時間が長くかかってしまうことが考えられます。漢方薬で早めに手当てすることにより、より良い結果が期待できますのでお悩みの方は当店までご相談ください。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局