気管支炎に効く薬は? 漢方薬は原因を特定して根本から治療する薬

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

咳(せき)が長く続くのは、気管支炎の兆候です。気管支炎は慢性化しやすいため、きちんと治療をしなければなりません。胸の痛みや息切れも起こりやすい病気です。喘息(ぜんそく)のような症状になることもあります。
病院で治療してもなかなか改善しない場合、症状が進行しないか不安に感じることがあるでしょう。気管支炎のつらい症状を緩和する手段として、漢方があります。漢方薬は気管支胃炎の治療でも取り入れられてる薬で、慢性気管支炎にも効果的です。
市販薬でも漢方薬はあります。しかし、体に合うものを服用しなければ、効果を実感することはできません。早期に症状を和らげるためにも、漢方薬についてしっかり理解しておきましょう。
今回は、気管支炎と漢方薬の関連についてご紹介します。咳(せき)で悩んでいる方は、気管支炎のセルフチェックで確認してみてください。

  1. 気管支炎とは?
  2. 気管支炎のセルフチェック
  3. 気管支炎の治療や予防について
  4. 気管支炎と漢方について
  5. 気管支炎に効果のある漢方薬について
  6. 気管支炎に用いる漢方薬の飲み方・購入方法
  7. 気管支炎や漢方でよくある質問

なぜ、咳が長く続くの?

気管支炎は、風邪の延長といった印象を受けてしまい、放置するケースもあります。慢性化や喘息(ぜんそく)などへ発展し得ることも想定し、早めに治療を受けてください。この記事を読むことで、気管支炎とはどんなものか、漢方による気管支炎の治療なども理解できます。

1.気管支炎とは?

気管支炎とは

気管支炎は、意外と身近な病気です。原因や起こりやすい人などを知り、放置した場合のリスクなども覚えておきましょう。

1-1.気管支炎はどんな病気か?

気管支炎には、たくさんの種類があり、原因や症状などは異なります。種類別に見ていきましょう。

1-1-1.慢性気管支炎

息切れ・痰(たん)・咳(せき)が続き、長期に亘(わた)って症状が継続するのが、慢性気管支炎です。肺気腫を併発している場合がほとんどで、気管支炎とともに慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断されます。
原因は、肺への酸素供給や二酸化炭素の排出がスムーズにいかなくなるためです。多くは、喫煙がきっかけとなります。ニコチンなどの有害物質による影響で、気管支狭窄(きょうさく)が起こるためです。

1-1-2.細気管支炎

乳幼児に多いのが、細気管支炎です。気管支は太い管をとおり、細く枝状にわかれています。成長段階にある乳幼児は、細い気管支が未発達で、炎症を起こしやすいです。呼吸が数秒止まる症状が多く、微熱も伴います。息が止まるため、顔の発色が悪くなり、食欲不振なども出てくるでしょう。

1-1-3.クループ性気管支炎

喉が腫れて狭くなり、咳(せき)や呼吸異常などが起こるのが、クループ性気管支炎の特徴です。原因となるのは、インフルエンザやRSウイルスなどで、犬が鳴くようなキューッと鳴る咳(せき)の音がします。風邪に似た症状を併発し、呼吸時に肋骨(ろっこつ)間がくぼむのも、クループ性気管支炎の主症状です。

1-1-4.喘息(ぜんそく)性気管支炎

喘息(ぜんそく)と名がつくものの、感染症が原因となって起こる、別の病気です。喘息(ぜんそく)と共通するのは、喘鳴(ぜんめい)・咳(せき)・痰(たん)で、乳幼児は細気管支炎も併発している場合もあります。呼吸困難に陥る場合もあるでしょう。風邪から発展しやすい病気であるため、見逃してしまうこともあります。

1-2.気管支炎を起こしやすい人

喫煙習慣がある人は要注意です。気管支狭窄(きょうさく)が起こりやすく、発症リスクの上昇も報告されています。免疫力が落ちているときも、気管支炎になりやすいです。普段の生活リズムが乱れ、食生活が悪い人も体調を崩しやすくなります。

1-3.日常生活への影響・放置するとどうなるか?

気管支炎を突発的に発症した場合でも、放置したままでは慢性化し、喘息(ぜんそく)へと発展する危険性が高いです。また、呼吸がしにくい・息苦しい・咳(せき)や痰(たん)が続くとなったら、通常の暮らしが難しくなるでしょう。体が弱り、ほかの病気も招いてしまいます。

1-4.子どもの気管支炎について

子どもや乳幼児の場合、早めに治療することが大切です。気管支が大人より細いこともあり、呼吸困難や免疫力低下による合併症なども懸念されます。乳幼児は重症化しやすいため、風邪が長引いていると自己判断せず、病院を受診してください。

2.気管支炎のセルフチェック

気管支炎のセルフチェック

咳(せき)が長く続いている、風邪が治りにくいという方は、気管支炎のセルフチェックをしてみてください。

  • 微熱・発熱がある
  • 咳(せき)が治らない
  • 夜間も咳(せき)が出て眠れない
  • 痰(たん)がからむ
  • 痰(たん)の色が黄色や緑に変化している
  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 呼吸困難や息苦しさ
  • 胸の痛み

気管支炎の代表的な症状を挙げています。あてはまる項目があったら、速やかに受診しましょう。

3. 気管支炎の治療や予防について

気管支炎の治療や予防

気管支炎の治療や生活習慣できる予防法などをご紹介します。

3-1.気管支炎の主な治療法

気管支炎の治療には、まず咳(せき)止めと去痰(きょたん)薬を使います。ウイルスが原因となっているものがほとんどですから、抗生物質が効果がありません。しかし、二次感染により、細菌が繁殖してしまう恐れがある場合、抗生物質の投与を行います。ネブライザーによる治療も呼吸を楽にする効果があり、病院での治療に用いられることが多いでしょう。
湿度は50%前後、室温は23℃前後がウイルスの活動を抑制でき、室内環境としては適切です。加湿と保温を適切に維持し、ウイルスが活動しにくい環境を作り、安静にして過ごし、体を十分休めてください。

3-2.生活習慣で気管支炎を予防できる?

喫煙者は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)になりやすいことから、禁煙が第一となります。気管支炎になってもなお、喫煙を続けていては治りません。
免疫力を高め、早期回復するためには、栄養素にも着目しましょう。レバーや緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、粘膜を強くします。ウイルスが侵入しても悪くならない体作りに役立つため、普段の食生活でも取り入れてみてください。

4.気管支炎と漢方について

気管支炎と漢方

咳(せき)を鎮めて呼吸を楽にする効果があると、漢方も処方されるようになりました。慢性気管支炎にも効果があり、長くつらい症状で悩んでいる方にもおすすめです。

4-1.漢方・漢方薬とは?

漢方は、中医学に基づき、日本に伝わった後に進化して今の東洋医学に結びついたものです。漢方の考え方は、気・血・水の流れが悪くなり、体調不良を招くというものになります。漢方薬で流れを整え、体の免疫力を上げることにより、気管支炎の症状も改善されるでしょう。
漢方薬は生薬が原料で、複数の生薬を組み合わせ、症状や体格などを見てから処方となります。人それぞれ体調・体質・症状は違うため、漢方薬の処方にあたる判断はとても重要です。

4-2.漢方における気管支炎の考え方

漢方では、肺にきれいな空気が供給されず、悪い空気まで滞(とどこお)るため、気管支に炎症を起こすというのが、漢方の考え方です。気・血・水の3つをうまく流れるようにしたら、供給量や排出量がきちんと調整され、気管支炎も解消されます。

4-3.漢方治療のメリット

漢方治療では、気管支炎だけの治療にスポットをあてるのではなく、全身の状態に目を向け、不調となる原因を探って治療し、体の持つ免疫力を高めて発症そのものを抑制します。従って、気管支炎が起こりにくい体にすることができ、さまざまな不具合も解消されるのです。

4-4.漢方のデメリットや注意点

漢方は、飲んですぐに効く薬ではありません。緩やかに体全体へ浸透していくため、服用期間が長くなる傾向にあります。即効性を求める方にとっては、服用期間がもどかしく感じられるでしょう。しかし、病気の原因となるものを消し去り、根底から治すというのは、漢方ならではの考え方です。長く漢方薬を飲むことになっても、効果で得られるメリットの方が大きいと思えます。

4-5.気管支炎の治療で漢方が向いている人

慢性的な咳(せき)に悩んでいる方にとって、咳(せき)止め効果は高いです。西洋薬は短期服用が多いため、長期間の症状でお困りの場合は、漢方薬の治療が穏やかで続けやすいでしょう。
全身にだるさを感じる方や疲れが取れにくい方も、漢方で体質改善をし、虚弱体質の改善や咳(せき)や痰(たん)の出にくい体にすることができます。

4-6.気管支炎における漢方治療と子どもについて

漢方薬の服用は、子どもでも問題ありません。子どもは未成熟の気管が狭窄(きょうさく)しやすく、呼吸困難や顔面蒼白(そうはく)などを起こしやすいです。子どもの場合、西洋薬の服用は副作用も考え、長期に亘(わた)って行うことができません。漢方薬と併用し、症状を抑えることが理想です。

5.気管支炎に効果のある漢方薬について

気管支炎に効果のある漢方薬

気管支炎の治療に使われる漢方薬をご紹介します。

5-1.気管支炎治療で使われる漢方薬とは?

漢方薬の種類と効果について覚えておきましょう。

5-1-1.柴朴湯(さいぼくとう)

主成分は、柴胡(さいこ)・厚朴(こうぼく)・蘇葉(そよう)・黄芩(おうごん)・半夏(はんげ)・生姜(しょうきょう)です。茯苓(ぶくりょう)・甘草(かんぞう)・大棗(たいそう)・人参も含まれています。
免疫力回復と体力増強効果があり、咳(せき)を鎮めて、痰(きょたん)を抑える効果や抗炎症作用も期待できるでしょう。

5-1-2.四逆散(しぎゃくさん)

主成分は、柴胡(さいこ)・甘草(かんぞう)・芍薬(しゃくやく)・枳実(きじつ)です。体力が中程度の人向けの漢方薬で、息苦しさの解消・抗炎症作用・痛みの緩和が期待できます。体内の炎症による発熱にも作用し、気管支炎の諸症状を楽にしてくれるでしょう。

5-1-3.麦門冬湯(ばくもんどうとう)

主成分は、麦門冬(ばくもんどう)・大棗(たいそう)・半夏(はんげ)・人参・甘草(かんぞう)・粳米(こうべい)です。
咳(せき)を鎮め、去痰(たん)効果もあります。咳(せき)が止まらず、眠れない人にもおすすめです。喉の渇きにも作用し、咳(せき)が出やすい体質改善にも効果があります。

5-2.気管支炎に効く漢方薬の効果について

切れにくい痰(たん)を取り除(のぞ)き、咳(せき)を抑える効果があります。気管支炎の症状を抑え、長引くのを抑制してくれるのが、漢方薬の効果です。

5-3.市販の気管支炎に効く漢方薬について

市販薬でも、気管支炎の治療ができる漢方があります。漢方薬は、症状だけではなく、体質や体格、体力などを総合的に判断し、適切なものを服用しなければなりません。そのため、市販薬を自分で判断して購入しても、合わないものでは気管支炎の症状を改善することはできないでしょう。市販薬を購入する前に、漢方薬局などに相談してください。

5-4.気管支炎の治療に効果がある漢方薬を使うときの注意点

気管支炎の漢方治療を行うときは、ほかの処方薬との飲み合わせをよく見てから服用しなければなりません。相互作用がある漢方薬もあり、自己判断で治療を開始しないことを意識してください。

6.気管支炎に用いる漢方薬の飲み方・購入方法

気管支炎にかんする漢方薬の飲み方

前述にて、ほかの薬との飲み合わせに注意すべき点や、体に合わない漢方薬の服用は避けるべきとお伝えしました。気管支炎の適切な治療結果を得るため、漢方薬の飲み方や購入方法も覚えておきましょう。

6-1.気管支炎の漢方薬なら漢方薬局に相談しよう

漢方薬の処方にあたり、人それぞれ違う「証」を判断しなければなりません。証はカウンセリングで聞き取りを行い、体格や体型などから考慮します。漢方薬は種類も豊富で、数ある中から自分に合うものを選ぶには、漢方薬局への相談が必要です。経験や実例を元に、気管支炎の症状に見合う最適な処方を行うことができます。

6-2.漢方薬を選ぶときの注意点

漢方では、証に合うものを選ぶのに加え、気・血・水という体内の流れを整えることに着目しなければなりません。そのため、症状と体質を伝えてから、一人ずつに合うものを適切に処方してもらうことが大切です。

カウンセリングでじっくり体質チェックをしてもらいましょう。最も困っている症状と普段から感じている違和感はきちんと申し出て、病院から出ている薬との飲み合わせも見てもらってください。

6-3.漢方薬はどのように使うべきか?

気管支炎の咳(せき)や痰(たん)などを抑える、頓服が処方される場合もあります。多くの漢方薬は長期服用になるでしょう。漢方薬は空腹時の服用が適切です。空腹時の吸収率がよい時間を選び、効果を正しく得ることを意識してください。
飲み方は、白湯(さゆ)か水をコップ1杯程度用いることがおすすめです。

6-4.気管支炎の漢方薬はどのくらいの期間で飲めばいいか?

最初のカウンセリングで処方されるのは、1週間前後の分量です。初回分を服用してみて、症状の改善具合を確認し、再度処方する形式となります。気管支炎の治療は長くかかる場合もあり、3か月から長い場合で6か月の服用が必要です。
漢方薬は1包ずつ保存できるようになっています。しかし、保管期限として5年が目安となっており、古いものは服用する前に期限の確認をしましょう。

6-5.気管支炎の治療にかんする漢方薬の価格

十字屋平蔵薬局では、気管支炎の治療にかんする漢方薬の価格を、一律で料金設定しております。成人なら1日500円前後、子どもは1日300円前後が目安です。
30日分として処方した場合、15,000円前後の費用を見ておきましょう。当薬局では無理に処方することはありません。予算がある場合は、カウンセリング時にご相談ください。

6-6.気管支炎の漢方薬を処方してもらう漢方薬局はどう選ぶべきか?

漢方薬局の選び方は、知識や経験があることも重要なポイントです。漢方薬を専門とする薬剤師が常駐し、日常生活の送り方などもアドバイスが受けられ、薬や病気の相談がしやすい環境であることも着目しましょう。
当薬局では無料相談を受けつけており、漢方や気管支炎にまつわる悩みもお聞きしています。気管支炎は長期間治療が必要となる場合もあり、不安や疑問などは気軽にご相談ください。

7.気管支炎や漢方でよくある質問

気管支炎や漢方でよくある質問

気管支炎は寝苦しさも感じるほど、呼吸がしにくくなる病気です。早く治すにはどうすべきか、迷うことも多いでしょう。よくある質問をまとめました。漢方薬や治療の参考にしてみてください。

7-1.症状が同じでも、人によって処方される漢方薬は変わる?

漢方での考え方は、証が基準です。証は体格や体質で変わるものですから、気管支炎という症状でひとくくりに同じ漢方薬が処方されるわけではありません。

7-2.原因がわかったら、漢方ではどのように治す?

気・血・水といった流れのいずれかが、虚弱して不足することや、過剰になって停滞していることが原因となり、バランスが悪くなって体調不良を起こします。不足は補い、過剰している部分は流れを整えるといった作用が、漢方薬にはあるのです。

7-3.証に合わない漢方薬を服用したらどうなる?

証に合わない漢方薬は、気管支炎が治るどころか、悪くなるケースもあります。また、副作用が起こることも想定されるため、証はとても重要です。

7-4.疲労やストレスも気管支炎の原因となる?

疲労やストレスは、免疫力を下げるものです。そのため、風邪を引きやすくなり、気管支炎へと発展してしまいます。疲労回復やストレス解消を心がけ、漢方薬で足りない部分を補って体質改善を図りましょう。

7-5.漢方の相談とカウンセリングは無料?

費用が発生するのは、漢方薬の処方だけです。相談とカウンセリングは無料ですから、気軽にご連絡ください。病院の治療でなかなか改善しないといった悩みから、漢方薬の知識などもお応えしています。

8.まとめ

いかがでしたか? 原因を根本から 治すには漢方薬が効果的です。

いかがでしたか? 気管支炎は、咳(せき)・痰(たん)・息切れ・呼吸困難といった症状から、全身のだるさと発熱を伴う場合もあります。症状が長引きやすく、慢性気管支炎になることも珍しくありません。風邪が治らないだけいう印象を持つ方も多い病気です。病院の治療では、対症療法が中心で、咳(せき)止めや痰(たん)切りなどの処方となります。しかし、原因となっているものは人それぞれ違い、原因を根本から治すには漢方薬が効果的です。体質を改善し、免疫力を高めて気管支炎の回復を促してくれます。漢方薬は証を基準に、一人ひとり違うものが処方されますから、漢方の知識が豊富な漢方薬局へご相談ください。無料相談などを利用し、不安や疑問は解消しましょう。合う漢方薬が見つかれば、気管支炎のつらい症状から解放されるはずです。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局