インフルエンザの漢方効果は? 予防・治療のすべてを解説!

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

冬になるとインフルエンザが猛威を振るいます。感染すると、数日間は外出もできずに安静にしている必要があるなど、怖い病気です。子どもや高齢者・妊婦が感染すると重症化しやすく、命にかかわることもあります。手洗い、うがいにも、なにか効果的な対策がないか知りたいですよね。

そこで今回は、インフルエンザの予防や治療における漢方効果について、詳しく解説します。

  1. インフルエンザの基礎知識を学ぼう
  2. インフルエンザと漢方について
  3. インフルエンザ治療の漢方薬を解説
  4. インフルエンザに用いる漢方薬の購入方法・飲み方
  5. インフルエンザの漢方効果でよくある質問

記事を読むことで、インフルエンザと漢方治療にかんする深い知識を身に付けることができます。さらに、予防法や治療法にかんしても理解できるでしょう。まずは、記事を隅々まで読んで内容を学んでください。インフルエンザを撃退するためのコツが、たくさん書いてありますよ。

1.インフルエンザの基礎知識を学ぼう

まずは、インフルエンザの基礎知識を学びましょう。きちんと対策するためにも、基本を押さえることが大切です。

1-1.インフルエンザとは?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる気道感染症のことです。一般の風邪と違い症状が重症化しやすく、命にかかわることが多いのも特徴となります。インフルエンザの種類は、大きく分類してA型・B型・C型の3種類です。ただし、同じ型でも細かい分類があるため、実際にはもっとたくさんの種類が存在します。なお、インフルエンザは空気が乾燥した環境で猛威を振るうため、主に冬期に流行するのです。

1-2.インフルエンザの主な原因

インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスへの感染です。インフルエンザウイルスが粘膜に取り付き、繁殖することでさまざまな症状を引き起こします。そのため、医療機関を受診し、検査によってウイルスの存在を確認することが重要です。風邪だと思っていても、いつもより症状が重いために医療機関を受診したところ、インフルエンザであることが判明する人も多くいます。体力が落ちている人・子ども・高齢者は、インフルエンザになりやすいので注意しましょう。

1-3.インフルエンザの主な症状

  • 38度以上の高熱が出る(近年流行しているタイプでは高熱が出ないこともある)
  • 頭痛や関節痛などが起きる
  • だるさや食欲不振を感じる
  • せき・鼻水・のどの痛みを感じる

インフルエンザの場合は、感染してから数日間の潜伏期間を経過してから、症状が出てきます。まずは、発熱などの全身症状が現れ、回復に向かうにつれてせきや鼻水などの呼吸器症状が出てくることが特徴です。

1-4.インフルエンザの主な治療法について

インフルエンザの治療は、発症直後の場合は主に薬物治療となります。インフルエンザは、発症から早いほど薬物治療の効果が出やすいからです。なお、絶対安静が一番の治療法となります。十分な水分と栄養を摂(と)って、睡眠を取ることを心掛けてください。通常、7日から10日程度で回復します。なお、医師の許可があるまでは自宅療養が基本です。むやみに大勢の人の中に出掛けることは、感染を広めることになるのでやめましょう。

2.インフルエンザと漢方について

インフルエンザと漢方の関係について学びましょう。漢方における考え方や漢方治療のメリット・デメリットなど、詳しく解説します。

2-1.漢方・漢方薬とは?

漢方とは、中国から伝来した医療技術で、個人の体質や状況を見て不足している部分を補い、免疫力や治癒力を上げることで病気や不快な症状を改善するという考えに基づいています。西洋医学が、病気そのものの原因を直接取り除いたり対処したりすることに比べ、漢方は体質改善を基本に症状の緩和を考えていくのです。漢方薬は、自然由来の生薬を使用しています。漢方薬は、複数の生薬を調合することによって個人の体質を考慮し、かつ、最も効果的なものを作り出すことを可能にしているのです。

2-2.漢方におけるインフルエンザの考え方について

漢方においても、インフルエンザは、ウイルス感染によるものと捉えます。そのため、漢方薬で体内の免疫力を上げてウイルスを退治というのが基本の考え方です。インフルエンザ以外でも、ウイルスに感染するときは体力が低下して免疫力が下がっています。そこで、まずは、免疫力を上げることが大切だと考えるのです。

2-3.漢方治療のメリット

漢方治療は、体への負担が少ない方法です。西洋薬のように劇的な作用が無い分、穏やかな効き方となります。西洋薬の成分が強過ぎる人や、体力や免疫力が無い人には漢方治療のメリットを強く感じることができるでしょう。治療を続けるほど、体質が改善していくこともわかりますよ。

2-4.漢方治療のデメリットや注意点

漢方治療は、西洋薬と比べて穏やかな分、すぐに目に見える効果が現れません。そのため、早く治療をしたい人にとっては、デメリットと言えます。また、漢方薬であっても、体質に合わないものを飲むと逆効果となって体調を崩す場合もあるのです。また、医師の指示が無い場合、漢方薬の購入は保険適用外となるので注意してください。

2-5.漢方治療に向いている人やおすすめの人は?

  • 西洋薬の効き目が強過ぎる人
  • 体力の無い人
  • 免疫力が落ちている人
  • 穏やかな効き目を望む人
  • すぐに効果を実感できないことを理解できる人

とにかくすぐに治療効果を出したいという人には、漢方薬は向きません。漢方薬の性質を理解できる人におすすめします。

3.インフルエンザ治療の漢方薬を解説

インフルエンザ治療の漢方薬を徹底解説します。どんな漢方薬が効果的なのか、注意点を含めて学びましょう。

3-1.インフルエンザに効果のある漢方薬とは

インフルエンザには、以下の漢方薬が効果的です。

  • 麻黄湯(まおうとう):発汗を促して水分代謝をよくし、熱や腫れ・痛みを軽減する
  • 葛根湯(かっこんとう):体を温めて免疫力を上げウイルスを退治し、発汗を促す

いずれも、インフルエンザの初期に用いる漢方薬です。

3-2.インフルエンザに効果のある種類や成分

インフルエンザに効果のある種類や成分は、おおむね風邪の症状を軽減する効果があるものと同様のものです。カンゾウ・ケイヒ・ショウガ・マオウ・カッコンなどがあります。免疫力を上げてウイルスを追い出したり頭痛やのどの痛み・関節痛・せき・鼻水などの諸症状を軽減したりするのです。いずれにしても、漢方薬でインフルエンザ治療に当たる場合は、免疫力を上げることが基本になっています

3-3.漢方薬の効果について

一般的に、漢方薬の効果は穏やかです。それは、漢方の考え方として、体質を改善して体力や免疫力を上げることを第一に考えているからに相違ありません。劇的な効果が出ない分、体に負担が掛かりにくいのです。漢方薬は、一定期間飲み続けることでだんだんと効果が実感できるものと考えてください。

3-4.市販の漢方薬について

市販の漢方薬の中にも、インフルエンザに効果のあるものがあります。購入するときには、必ず薬剤師のいる薬局にて相談をしてください。体質に合わないものを自己判断で選ぶことは危険です。漢方薬であっても、体質に合わないものを飲むと逆効果になるので注意してください。

3-5.インフルエンザの予防と漢方

インフルエンザの予防という考えでは、普段から体力と免疫力を付けることが最も効果的であると言えるでしょう。さて、漢方でインフルエンザを予防するとなると、体質改善に加えて体力や免疫力を上げるものを処方することになるはずです。しかし、どの漢方が自分に合っているかは、素人には判断できません。インフルエンザの予防にかんして漢方を使用したいときは、漢方薬局に相談することが最良の方法と言えます。

3-6.そのほかの注意点について

インフルエンザ治療の漢方を飲んでいて、気分が悪くなったり症状が悪化したりした場合は、飲むのを止めて漢方薬局に相談してください。また、医療機関を受診しましょう。インフルエンザ治療のための漢方でも、飲む人の状況によっては副作用が出ることがあります。おかしいな、と思ったときはすぐに対応することが大切です。

4.インフルエンザに用いる漢方薬の購入方法・飲み方

インフルエンザに用いる漢方薬の購入方法・飲み方について、詳しく解説します。

4-1.漢方薬局に相談が必要

漢方薬の処方を受けるには、漢方薬局へ相談することが必要になります。まずは、インフルエンザの治療のためであることを伝えましょう。信頼できる漢方薬局であれば、親身になって相談や体質チェックをしてくれます。一般の薬局やドラッグストアにももちろん薬剤師がいますが、必ずしも漢方に詳しいとは限りません。漢方薬の処方を受けたいときは、漢方薬局に相談することが近道です。

4-2.インフルエンザ治療の漢方薬の注意点

漢方薬は、薬剤師の体質チェックを受けて、自分に合ったものを選んでもらうのが基本です。前評判だけで選ぶのは、大変危険ですのでやめてください。なお、漢方薬はほかの治療薬との併用で効果が低下したり、反対に増大したりすることもあります。重大な副作用を避けるためにも、医療機関で処方を受けた治療薬などを飲んでいる場合は、必ず薬剤師に告げてください。

4-3.インフルエンザ治療の漢方薬の使用方法

インフルエンザに効果がある漢方薬は、煎(せん)じて飲むものが多くなります。飲むと体がぽかぽかと温まるタイプですね。飲むタイミングについては、たとえば、麻黄湯(まおうとう)の場合、空腹時などに1日2~3回程度飲むといいでしょう。インフルエンザ初期に適切な漢方薬を飲むことができれば、症状の回復も早くなります。

4-4.インフルエンザ治療の漢方薬の使用期間や期限は?

インフルエンザ自体は、おおよそ7日間程度で回復します。そのため、治療目的の場合は、1週間ほどの服用になるでしょう。ただし、病み上がりは、まだ体力が十分に回復していないことも多いものです。漢方薬をいつまで飲み続けるかについては、処方を受けた漢方薬局に相談してください。場合によっては、種類を変えた方がいいこともあるからです。

4-5.インフルエンザ治療の漢方薬の価格

インフルエンザ治療の漢方薬の価格は、医療機関で処方もしくは処方せんによる指示がある場合は、健康保険適用で安くなります。ただし、漢方薬局単体での処方となると、保険適用できるところと、できないところにわかれるので注意しましょう。基本的に、漢方薬局での処方は健康保険適用外となります。ただし、麻黄湯(まおうとう)や葛根湯(かっこんとう)などは、数百円程度が一般的です。高価で手が出ないというものではありません。

4-6.漢方薬局の選び方のポイントを解説

漢方薬は、信頼できる漢方薬局で購入しましょう。選び方のポイントについては、下記を参考にしてください。

  • 漢方薬の知識や処方実績が豊富にあること
  • 親切で丁寧な対応をしていること
  • 対応の良さや効果の高さで評判が良いこと
  • 漢方薬の価格が良心的な設定であること
  • 必要の無い漢方薬を無理に押し付けてこないこと
  • 正式な薬剤師資格を持ったスタッフが対応していること

漢方薬は、体質改善を基本としているため、比較的長期間服用することが多くなります。信頼できる漢方薬局を見つけることが何よりも大切です。当方も、多くのお客様から好評をいただいていますから、ぜひ参考にしてください。

十字屋平蔵薬局

4-7.インフルエンザ治療の漢方薬に関する相談窓口

インフルエンザ治療の漢方薬にかんして、疑問や不安があるときは下記の相談窓口を利用してください。疑問や不安は早く取り除いて、漢方治療を積極的に検討しましょう。なお、相談料は無料です。

十字屋平蔵薬局の無料相談お申し込みページ

5.インフルエンザの漢方効果についてよくある質問

最後に、インフルエンザの漢方効果についてよくある質問にお答えしましょう。適切な漢方薬を選んで正しく飲むためにも、確認してください。

Q.漢方薬を常に飲んでいればインフルエンザにならないのですか?
A.漢方薬を飲んでいれば万能ということではありません。あくまでも、インフルエンザを寄せ付けにくい丈夫な体質に導いていくということです。漢方薬を飲んでいても、インフルエンザウイルスを避けるための気遣いをしましょう。外出時にはマスクを付けて、帰宅時には手洗いとうがいを確実に行うことで感染を防ぐことができます。

Q.漢方薬を妊婦が飲むときに注意することはありますか?
A.妊婦の場合は、自己判断で漢方薬を飲んではいけません。必ず、かかり付け医に相談してください。妊娠中は、通常よりも体質が敏感になっているものです。また、胎児に影響があっては困ります。体に良い成分であっても、妊娠中はどんな影響が出るかわかりません。なお、妊婦がインフルエンザに掛かると重症化する恐れがあります。インフルエンザの疑いがあるときは、かかり付け医に相談して適切な処置を受けてください。

Q.インフルエンザの疑いがあるときに漢方薬を飲めば治りますか?
A.漢方薬は、インフルエンザの治療薬ではありません。漢方薬を飲めばインフルエンザが治るとか、感染しないと考るのはやめましょう。あくまでも、現在出ている症状を緩和する働きがあるものです。インフルエンザウイルスの感染疑いがあるときは、最初に医療機関を受診してください。

Q.インフルエンザの漢方効果が感じられない場合の原因は何ですか?
A.漢方薬の内容が、体質や症状に合っていない可能性があります。まずは、処方を受けた漢方薬局に相談してください。また、医療機関でインフルエンザであるとの診断を正式に受けているでしょうか。正式に診断を受けていない場合は、インフルエンザ以外の症状である可能性もあるため、医療機関を受診して特定してもらうことをおすすめします。

Q.以前処方してもらった漢方薬を再度飲んでも大丈夫ですか?
A.漢方薬も、消費期限があります。また、一般家庭で保管している状態では、品質の劣化が心配です。保管状態によってはカビが発生している可能性もあります。処方から時間が経過した漢方薬は、もったいなくても破棄してください。改めて漢方薬局に出向いて、現在の体質・症状に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

まとめ

冬場は、インフルエンザが猛威を振るいます。学校や職場でも、インフルエンザで休む人が後を絶ちません。しかし、インフルエンザも漢方で予防や症状の改善はできるのです。インフルエンザになると、勉強や仕事に支障が出るだけでなく、家族や周囲の人まで感染してしまうリスクがあります。特に、体が未発達な子どもや体力や免疫力が落ちている高齢者などは、感染に気を付けなければなりません。重症化しないためには、普段から免疫力や体力を上げておく必要があります。漢方薬を上手に利用して、インフルエンザを撃退しましょう。

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局