胃炎を放置すると危ない! 胃炎の症状や原因・治療法を徹底解説

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「胃の調子がおかしい」「胃がもたれたように重い」など気になっている人は胃炎の可能性があります。胃炎は放置するとさまざまな悪影響をおよぼすでしょう。胃炎を治すためにも、正しい知識を身につけることが大切です。

そこで、胃炎とは何なのか、基礎知識や胃炎の種類、治療法など詳しく説明します。最近、胃の調子が良くないとお悩みの方は、ぜひチェックしてください。

  1. 胃炎の基礎知識
  2. 胃炎の種類
  3. 胃炎を伴う病気
  4. 胃炎の治療法
  5. 胃炎と食事について
  6. 胃炎とストレスについて
  7. 胃炎と生活習慣について
  8. 胃炎についてよくある質問

この記事を読むことで、胃炎の基礎知識を身につけ、効率的な方法で治すことができます。

1.胃炎の基礎知識

効率的に胃炎を治すには胃炎について詳しく把握しなければなりません。まずは、胃炎の基礎知識を身につけていきましょう。

1-1.胃炎のメカニズム

胃は直接痛みを感じるほど敏感な臓器です。体の中に入った食べ物を消化し栄養を吸収しやすい状態に変えるところでもあります。敏感な胃だからこそ炎症を起こすとすぐに変化が訪れるでしょう。胃炎とは、胃が炎症を起こす症状のことです。バランスのとれた胃酸と胃粘液の分泌量が崩れると胃炎が起きます。胃酸の分泌量が増えると胃粘膜が傷つき、胃の痛み→炎症へとつながるのです。

1-2.胃炎の主な原因

胃炎の主な原因は暴飲暴食、医薬品による刺激、ストレス、化学的毒物などです。慢性胃炎の場合、ピロリ菌といったウイルス・細菌が原因になります。効率的に治すには原因を突き止めなければなりません。

1-3.胃炎の主な症状

胃炎の症状にはみぞおち付近の痛み、むかつき、熱、下痢、食欲不振、胃もたれ、げっぷなどがあります。胃の病気には何かしら症状が起きるものです。胃炎を治すためにもどんな症状が起きているのか自分でチェックしてみてください。

1-4.胃炎になりやすい人

胃に負担のかかる生活を送っている人ほど胃炎になりやすいです。たとえば、不規則な食生活、アルコールの過剰摂取、ストレスを感じる生活など当てはまる人は胃の調子が悪くなるでしょう。さらに、喫煙者も胃炎になりやすい傾向があります。


十字屋平蔵薬局