若年性更年期障害とは ~病気の症状と自分でできるチェックリスト~

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

若年性更年期障害とは、最近の20代後半から30代女性に増えている症状です。イライラする日が続くと「もしかしたら自分もなっているかも」と悩む方も多いでしょう。そこで、若年性更年期障害の症状とチェック方法について知っておきましょう。

  1. 若年性更年期障害とは
  2. 若年性更年期障害の原因
  3. 若年性更年期障害の症状
  4. 若年性更年期障害チェックリスト
  5. 若年性更年期障害の治療法
  6. まとめ

1.若年性更年期障害とは

最近、目にすることが多い若年性更年期障害という言葉。実際には、どのような症状のことを言うのか確認しておきましょう。

1-1.更年期障害とは

月経不順や冷え症、頭痛、顔のほてりなどが起こる「更年期障害」というものがあります。これは、女性の閉経に併せて50歳前後に出てくる症状のことです。早い人は40代あたりから更年期障害の傾向が出てきます。
最近言われている若年性更年期障害は、実際に閉経しているわけではありません。そのため、若い人が実際に「更年期障害」となったわけではないのです。

1-2.更年期障害が起こる原因

更年期障害が起こるのは、閉経によるホルモンバランスの乱れが原因となっています。ホルモンバランスが崩れることで体調が悪くなってしまうのです。
ホルモンバランスが崩れるのは、卵巣の機能が止まるにもかかわらず脳から「もっと働け」と命令がやってくるため。卵巣と脳でミスマッチの命令が送られることで自律神経が乱れてしまいます。

1-3・若年性更年期障害とは

では、20~30代女性の間に増えている「若年性更年期障害」とは何なのでしょうか。
若年性更年期障害とは、閉経によるホルモンバランスの乱れが原因ではありません。症例の中には、ごくわずかに若い年齢で閉経が起こる人もいます。しかし、若年性更年期障害は閉経が直接的な原因ではありません。
若い内に更年期障害のような「若年性更年期障害」の症状が出るのは、ストレスや無理なダイエットが原因と言われています。ストレスやダイエットが原因で卵巣の働きが乱れてしまうのです。

2.若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害が起こるときは、何が原因となっているのでしょうか。その内容についてまとめました。

2-1.仕事・生活習慣などによるストレス

無理な仕事・生活習慣などによるストレスは、若年性更年期障害の原因となります。精神的・肉体的にストレスをためこむのは危険です。
女性の体は、ストレスを感じることによって女性ホルモンが過剰に分泌してしまう傾向があります。女性ホルモンが脳の命令で出てくると卵巣を刺激して自律神経にも影響してくるのです。その結果、ホルモンバランスが乱れて更年期障害と似たような症状が出てきます。

2-2.過度のダイエット

仕事や生活習慣だけでなく過度なダイエットも原因です。ダイエット時に不規則な食生活になると更年期障害と同じような症状が出てきます。
ダイエットのとき、短い時間で体重が減ってしまうと栄養失調に近い状態になるもの。そのとき、体では生命維持を優先して動き出します。生命時を優先する結果、月経が止まってしまい更年期障害の症状が出てくるのです。正式には「体重減少性無月経」と呼ばれています。また、激しい運動がストレスとなって月経が止まる原因にもなるので注意しましょう。

2-3.初潮年齢の若年化

若年性更年期障害が増えている1つの原因には、初潮年齢の若年化があります。
閉経は、卵子から排卵が起こらなくなることを指すもの。この排卵される卵子は、生まれたときから数が決まっています。絶対数が決まっている卵子は、早い段階で排卵が始まると30代前後で卵子の数がゼロとなってしまうのです。
卵子の数がゼロとなれば自然と閉経が始まります。そのため、年齢が若くても初潮が早かった人は更年期障害となる可能性が高くなるのです。

3.若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状としては、顔のほてりや手足の冷えが出てきます。ひどいときはしびれも出てくるのです。また、精神的にやる気が無くなったり理由もなくイライラしたりすることもあります。症状が進むと温厚だった人が急に喜怒哀楽が激しくなって涙もろくなる・うつ状態になることもあるのです。
ほかの症状としては動悸(どうき)や息切れ、めまい、不眠、だるさ、肩こりなども含まれます。ホルモンバランスが崩れることで精神的・肉体的にさまざまな症状が出てくるのです。
若年性更年期障害になると生理不順や不正出血も起こります。しかし、生理不順だけでは別の病気の可能性もあるのです。生理不順などが起こる場合は、産婦人科へ行きましょう。

4.若年性更年期障害チェックリスト

若年性更年期障害は、生理不順や顔のほてりだけで断定はできません。以下の条件の内、5個以上当てはまる人は若年性更年期障害を疑いましょう。

  • 月経不順や月経痛がある。
  • 頭痛・胃痛がある。
  • 肩こりや腰痛が治らない。
  • 疲れがなかなか取れない。
  • のぼせやめまい、耳鳴りがする。
  • 肌荒れが治らない。
  • 抜け毛や白髪が増えた。
  • 便秘・下痢になりやすい。
  • ドライアイ・ドライマウスになる。
  • 寝つきが悪い。
  • トイレに行く回数が増えた。
  • 体重変化が激しい。
  • 食欲がない。
  • イライラする。

こちらの中で5個以上当てはまる人は、若年性更年期障害の可能性があります。内科や心療内科ではなくて産婦人科に行きましょう。また、以下の条件も若年性更年期障害の1つになります。しかし、これら5つの項目だけ当てはまる場合は、運動などでストレスを発散するだけで症状がよくなることがあるので試してみましょう。

  • 仕事・家事をさぼりたくなる。
  • 注意力・集中力が無くなる。
  • 笑うことが減った。
  • 気持ちが落ち込むことが多い。
  • 人と話すことを面倒に感じる。

5.若年性更年期障害の治療法

若年性更年期障害になったときは、きちんとした処置を行う必要があります。この項目でしっかり押さえておきましょう。

5-1.病院でのホルモン補充治療

若年性更年期障害の原因が早期閉経ならば病院での診察が必要となります。閉経後に出てくる病気に対抗する必要があるからです。
また、卵巣機能の低下・ホルモンバランスの乱れが原因のときも各症状に併せてホルモン補充することになります。体のだるさだけでなく生理不順が起こる場合は病院にて診断を受けましょう。

5-2.漢方による治療

若年性更年期障害のとき、飲んでみたいのが漢方。漢方を飲むことで体を根本から改善していきます。
若年性更年期障害のときは、ストレスによる卵巣機能・ホルモン分泌量の低下が考えられるもの。そこで、漢方を使うことで体の調子を整えることになります。
漢方を使うときは、若年性更年期障害で出てくる各症状に併せて使うのが効果的です。

  • イライラするとき…加味逍遥散、抑肝散加陳皮半夏
  • 寝つきが悪いとき…酸棗仁湯、甘麦大棗湯
  • 冷えがひどいとき…八味地黄丸、牛車腎気丸
  • ほてったりのぼせたりするとき…六味地黄丸、桂枝茯苓丸

病院で自分の症状を伝えた後、各症状に併せた漢方を処方してもらいましょう。漢方は自分の症状に併せて使うことで効果を発揮します。しっかりと病院で診断を受けた後、体にあった漢方を処方してもらいましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? この記事では若年性更年期障害のことについてまとめました。
若年性更年期障害とは、一般的な更年期障害と違ってストレスや不摂生な生活によって出てくる症状です。中には早期閉経が原因のことがあるので注意しましょう。
若年性更年期障害の可能性があるときは、早めに産婦人科へ通院するのがおすすめ。早期閉経や卵巣機能低下などの可能性もあるので早めの治療が必要となります。また、重たくない若年性更年期障害でないときも漢方を使って症状を軽くしましょう。漢方を使えば根本から改善できるのでおすすめですよ!

十字屋平蔵薬局 店主 富居 博典

監修者

富居 博典
十字屋平蔵薬局 店主

所属研究会・勉強会
東洋漢方研究会/伝統漢方研究会緑健会日本中医薬研究会

東京薬科大学卒業後、総合病院・調剤薬局での実務経験を経て、漢方専門薬局『十字屋平蔵薬局』を開業。

漢方薬だけでなく病気や症状・治療薬・医療全般についても精通しており、一人一人の治療経過や薬歴を踏まえた提案・養生指導が好評を得ている。地域情報誌にて健康コラム『平蔵の漢方相談』を連載。15年以上続く長寿コーナーとなっており、長きにわたって地元の人々に親しまれている。


十字屋平蔵薬局