頻繁に口内炎ができる原因とは?予防対策と正しい治し方について

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

口内炎ができると異物が気になって仕方ありません。
食事中は飲みものや食べものによってしみる、痛みを感じることもあるでしょう。
頻繁に口内炎ができる人は、何が「原因」か把握しなければ改善できません。
そこで、頻繁に口内炎になる原因や口内炎の予防対策、口内炎の治し方ついて詳しく説明します。
原因と治し方を把握して、頻繁にくり返す悪循環から抜け出しましょう。

  1. 頻繁に口内炎になる原因
  2. 口内炎の予防対策
  3. 口内炎の治し方
  4. まとめ

1.頻繁に口内炎になる原因

せっかく治ったのに再びできる口内炎…なぜ頻繁に発生するのでしょうか。
頻繁に口内炎になる原因をいくつか紹介します。
日ごろの生活習慣や行いを見直しながら、自分の原因を見つけてください。

1‐1.過労や寝不足など生活習慣の乱れ

口内炎にはさまざまな種類があります。軽症となる口内炎は「カタル性口内炎」と言われるものです。
赤くただれたような症状になる「びらん性口内炎」や白い膜状がおおっている状態になる「偽膜性口内炎」などがあります。
そして、ほとんどの口内炎は、「アフタ性口内炎」になるでしょう。
白っぽい斑点ができて強い痛みをともないます。
アフタ性口内炎の原因は、過労や寝不足など“生活習慣の乱れ”になるでしょう。
生活習慣が乱れると体調不良になりやすく、免疫力が低下します。
ハッキリとした原因はわかっていませんが、ビタミン不足も原因の1つです。
口の中にある小さな傷から細菌が入ってしまい、菌が繁殖します。
免疫力が低下しているので、菌をやっつける力がありません。
よって、一時的に治ったとしても再発してしまいます。

1‐2.口腔(こうくう)にある傷

頻繁に口内炎になる原因は、「口腔(こうくう)にある傷」の可能性も高いです。
口の中は非常にデリケートで硬い食べものだけで傷がついてしまいます。
私たち自身では気づかないほどの傷が自然とできているのです。
口腔(こうくう)の粘膜に傷が入ると炎症を起こします。炎症が口内炎となって痛みを感じるようになるでしょう。
口腔(こうくう)の粘膜を傷つける要因は硬い食べもののほかにも、虫歯が多いです。
虫歯によって歯がかけ、するどくなり粘膜を傷つけてしまいます。粘膜が弱くなるほど傷がつきやすいので注意しなければなりません。
虫歯になっている人は口腔(こうくう)環境が悪い証拠です。
唾液の量を増やす、定期的に歯医者でチェックするなど工夫が必要でしょう。

1‐3.体の病気が原因になっていることも

軽症の口内炎であれば、基本的に1週間ほどで自然と治ります。
しかし、頻繁にできる場合は“体の病気”が原因の確率も高いです。
決して、口の中や生活習慣が問題になっているとは限りません。
たとえば、ベーチェット病や手足口病など口内炎が発症する病気はたくさんあります。
口内炎ができること自体、体の免疫力が下がっている証拠です。ウイルスが侵入しやすくなっているため、口内炎のほかに異常がある場合は病院へ行ってください。
耳鼻咽喉科か、歯科、内科、皮膚科を受診するといいでしょう。
体の病気はできるだけ早めに治さなければなりません。
心配な気持ちでい続けるよりも原因を明確にしたほうが安心です。


十字屋平蔵薬局