頻繁に口内炎ができる原因とは?予防対策と正しい治し方について

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

口内炎ができると異物が気になって仕方ありません。
食事中は飲みものや食べものによってしみる、痛みを感じることもあるでしょう。
頻繁に口内炎ができる人は、何が「原因」か把握しなければ改善できません。
そこで、頻繁に口内炎になる原因や口内炎の予防対策、口内炎の治し方ついて詳しく説明します。
原因と治し方を把握して、頻繁にくり返す悪循環から抜け出しましょう。

  1. 頻繁に口内炎になる原因
  2. 口内炎の予防対策
  3. 口内炎の治し方
  4. まとめ

1.頻繁に口内炎になる原因

せっかく治ったのに再びできる口内炎…なぜ頻繁に発生するのでしょうか。
頻繁に口内炎になる原因をいくつか紹介します。
日ごろの生活習慣や行いを見直しながら、自分の原因を見つけてください。

1‐1.過労や寝不足など生活習慣の乱れ

口内炎にはさまざまな種類があります。軽症となる口内炎は「カタル性口内炎」と言われるものです。
赤くただれたような症状になる「びらん性口内炎」や白い膜状がおおっている状態になる「偽膜性口内炎」などがあります。
そして、ほとんどの口内炎は、「アフタ性口内炎」になるでしょう。
白っぽい斑点ができて強い痛みをともないます。
アフタ性口内炎の原因は、過労や寝不足など“生活習慣の乱れ”になるでしょう。
生活習慣が乱れると体調不良になりやすく、免疫力が低下します。
ハッキリとした原因はわかっていませんが、ビタミン不足も原因の1つです。
口の中にある小さな傷から細菌が入ってしまい、菌が繁殖します。
免疫力が低下しているので、菌をやっつける力がありません。
よって、一時的に治ったとしても再発してしまいます。

1‐2.口腔(こうくう)にある傷

頻繁に口内炎になる原因は、「口腔(こうくう)にある傷」の可能性も高いです。
口の中は非常にデリケートで硬い食べものだけで傷がついてしまいます。
私たち自身では気づかないほどの傷が自然とできているのです。
口腔(こうくう)の粘膜に傷が入ると炎症を起こします。炎症が口内炎となって痛みを感じるようになるでしょう。
口腔(こうくう)の粘膜を傷つける要因は硬い食べもののほかにも、虫歯が多いです。
虫歯によって歯がかけ、するどくなり粘膜を傷つけてしまいます。粘膜が弱くなるほど傷がつきやすいので注意しなければなりません。
虫歯になっている人は口腔(こうくう)環境が悪い証拠です。
唾液の量を増やす、定期的に歯医者でチェックするなど工夫が必要でしょう。

1‐3.体の病気が原因になっていることも

軽症の口内炎であれば、基本的に1週間ほどで自然と治ります。
しかし、頻繁にできる場合は“体の病気”が原因の確率も高いです。
決して、口の中や生活習慣が問題になっているとは限りません。
たとえば、ベーチェット病や手足口病など口内炎が発症する病気はたくさんあります。
口内炎ができること自体、体の免疫力が下がっている証拠です。ウイルスが侵入しやすくなっているため、口内炎のほかに異常がある場合は病院へ行ってください。
耳鼻咽喉科か、歯科、内科、皮膚科を受診するといいでしょう。
体の病気はできるだけ早めに治さなければなりません。
心配な気持ちでい続けるよりも原因を明確にしたほうが安心です。

2.口内炎の予防対策

2‐1.規則正しい生活習慣を送る

舌にもできる口内炎を防ぐには、「生活習慣」が大きなポイントになります。
ほとんどの人は生活習慣の乱れから口内炎が発症しているでしょう。
口内炎ができやすい体質の人でも、できにくい体質づくりが大切です。
「食事」、「睡眠」、「ストレス」の3点に注目して規則正しい生活習慣に改善していきましょう。
「食事」では、主にビタミンB、ビタミンC、鉄分をこまめに摂取してください。
ビタミンや鉄分は口内炎予防に効果抜群です。
食事の栄養バランスが悪いときはサプリメントを活用するのも1つの方法になります。
そして、睡眠不足は基礎代謝の低下につながるので要注意です。
できるだけ毎日7時間は睡眠を取ってください。
よく寝ることでたまった疲れを取りのぞけます。
ストレスを感じたときは運動をするといいですよ。
自分なりのストレス発散法を見つけて、上手に付き合っていきましょう。

2‐2.漢方薬で体質を改善する

口内炎の予防に「漢方薬」の注目度があがりつつあります。
最近では漢方薬をおすすめする病院も増えてきているのです。
そもそも漢方薬は、体質改善を目的としています。
口内炎ができやすい体質でも、漢方薬を利用すれば口内炎に強い体質に改善できるでしょう。
ただし、漢方薬を飲むときは自分の体質に合った種類を選ばなければなりません。
漢方薬は何種類かの生薬を混ぜ合わせています。
生薬の種類や量によって効果が変わってくるので注意が必要です。
自分にぴったりの漢方薬が見つからない場合は、漢方に詳しい漢方薬局に相談してください。
あなたの症状や体質を聞いて最適な漢方薬を選んでくれるでしょう。
また、漢方薬は飲み続けることで効果が発揮するものです。
すぐに効果が現れるとは限らないので、地道に飲み続けてくださいね。

3.口内炎の治し方

3‐1.口の中を清潔にする

発生した口内炎はできるだけ早く治したいものです。
そこで、正しい治し方を紹介します。
まず、やってほしいのは「口の中を清潔にすること」です。
口内炎ができている口の中は細菌でいっぱいになっています。細菌がうようよしている口腔(こうくう)は、不衛生な状態です。
よって、細菌をすべて取りのぞかなければなりません。
歯磨きをする、うがいをするなど方法はありますが、口内炎がしみてしまうでしょう。しみない方法として、「はちみつ」を利用してください。
実は、はちみつには強い殺菌力を持っています。はちみつなら痛みを感じることなく殺菌できるでしょう。
はちみつ以外にも、塩や梅干しなど効果的な食べものを摂取するといいですよ。
ドラッグストアには“口腔(こうくう)用のウェットティッシュ”を発売しています。患部をウェットティッシュでふけば、痛みも自然と治まるでしょう。

3‐2.刺激を与えない

痛みがひどい場合はやわらげるためのステロイド剤を服用するケースもあります。
ステロイド剤は痛み止めで根本的な治し方にはなりません。
細菌に勝つための抵抗力をつくっていかなければならないでしょう。
効率的に治すためにも、規則正しい生活を送りながら日々の行いに注意してください。普段の生活で刺激を与えないようにしていきましょう。
からいもの、熱いもの、アルコールなどは口内炎に刺激を与えてしまうのでNGです。
また、患部をかまないように食事の際はゆっくり食べるように心がけてください。
毎日の努力が口内炎の治療につながります。

4.まとめ

頻繁に口内炎になる原因や口内炎の予防対策、治し方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
口内炎ができては治って再びできる、悪循環におちいるのは本当につらいものです。
悪循環から抜け出すためにも、日々の生活を見直す必要があります。
きちんと栄養のあるものを食べているかどうか、睡眠の確保やストレスなど自分の生活を規則正しく改善していきましょう。
もともと、口内炎ができやすい体質の人は体質改善のために「漢方薬」を利用してください。
漢方薬は毎日飲み続けることで効果が発揮します。
自分の体質に合った漢方薬を利用するためにも、漢方に詳しい漢方薬局に相談するといいでしょう。地道に飲み続けて口内炎を治してください。


十字屋平蔵薬局