漢方薬でアレルギー体質が改善できる!? 効果的な漢方薬は?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギー症状でお悩みですか? アレルギー体質を改善してつらい症状を何とかしたいとと思っている方は多いことでしょう。アレルギーは、西洋医学でも漢方医学でも、根治するのは困難と言われています。しかし、体質を改善することで症状を軽くすることは可能です。あなたも漢方薬を使って、アレルギー体質を改善してみませんか

「アレルギー体質の原因を知りたい」「漢方薬でアレルギー体質を改善できるのか?」「アレルギー体質改善に効果的な漢方薬を知りたい」

そんな方のために、アレルギー体質の原因や漢方薬で体質を改善することについてまとめてみたいと思います。

  1. アレルギー体質の原因
  2. 漢方薬でアレルギー体質を改善できるのか
  3. アレルギー体質の改善に使う漢方薬
  4. まとめ

1.アレルギー体質の原因

アレルギー体質になる原因にはさまざまなものが考えられます。今回は、漢方医学から考える原因についてご紹介しましょう。

1-1.花粉症は「水分バランスの異常」

アレルギーの中でも最も多い花粉症。漢方医学では、花粉症は体の水分バランスが異常をきたしていることに原因があると考えています。漢方医学の考えによると、人が病気になるのは、体内をめぐる「気」「血」「水」の3つの流れに不調が起こるためだと言われているのです。この3つのバランスが崩れることで、さまざまな体の不調を感じるようになります。花粉症の症状と言えば、鼻水や涙が止まらないなど。つまり、「体から水が出ている状態」と考えることができます。

漢方医学では、体内に余分な水分が蓄積している人や水分循環の悪い人が、花粉症になりやすいと言われているのです。このような人を「水毒体質」と言い、冷えや精神の不安定、過労などが原因で体調を崩すと、消化する力や吸収力がうまくいかなくなります。その結果、余分な水分が体内に残ることになるのです。この余った水分を「水毒」と呼びます。

1-2.アトピーの原因は「冷え」

漢方医学では、アトピー性皮膚炎の原因は「体の冷え」にあると考えています。一般的にアトピー性皮膚炎の人は、平熱が高く皮膚に熱を持っている場合が多いのですが、なぜ「冷え」の体質が原因になるのでしょうか。体の中で最も温かいのは血液です。人間の体は、寒さの厳しい環境で、体が冷えないように血流を抑える仕組みになっています。そのため、心臓から一番遠いところにある手足の先から血管を収縮していくのです。手や足の血行が悪くなれば、そこから先に酸素や栄養を送ることができなくなります。

そこで、手足は体力を振りしぼり、手のひらや足のうらに炎症反応を起こし、わざと熱を出すのです。この状態は「冷え」による慢性的な「しもやけ状態」と考えられるでしょう。つまり、アトピー性皮膚炎の原因は「慢性的に体が冷えすぎてしまったことで、かえって熱を帯びた状態」になってしまうことにあります。この考えが、漢方医学におけるアトピーの原因なのです。

1-3.ぜんそくの原因には「内部」と「外部」がある

漢方医学では、ぜんそくの原因には「外部」からくるものと「内部」が関係しているものがあると考えています。「外部」の原因とは、いろいろな毒のことです。すべてのアレルギー源となるものや、環境の変化、食べ物、薬などがぜんそくを誘発する原因となります。「内部」の原因は、腎臓と肺をはじめとする内蔵の弱さにあるのです。特に小児ぜんそくは、生まれつき腎臓や肺が弱い子に多いと言われています。

2.漢方薬でアレルギー体質を改善できるのか

アレルギー体質の人は年々増加していますが、根治するのは難しいのが現状です。花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくなど、アレルギーがある人は病院で治療薬を処方してもらっているでしょう。しかし、その治療薬でアレルギーを根治できるわけではありません。ただ、一時的にアレルギーを抑える効果があるため、長期間飲み続ける必要があるでしょう。長期間、治療薬を飲み続けることに、不安がある人は多いはずです。副作用の心配も出てくるでしょう。

漢方薬は、一時的にアレルギーの症状を抑える効果としては即効性はありません。しかし、体質を改善してアレルギーを治すという意味では、大変高い効果が期待できます。個人差はありますが「漢方薬を飲み始めてから症状が出なくなった」という人も少なくはないのです。

漢方薬は、それぞれの体質や症状に合わせて処方されます。つまり、自分に合った漢方薬であれば、効果は十分に期待できるでしょう。アレルギーと上手に付き合うためには、自分に合った漢方薬を見つけることも大切なのです。漢方に詳しい専門家に相談し、あなたにぴったりの漢方薬を見つけてください。

十字屋漢方薬局でもアレルギーに関する漢方相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

3.アレルギー体質の改善に使う漢方薬

最後に、アレルギー体質の改善に使う漢方薬にはどのようなものがあるのかご紹介します。

3-1.花粉症に効く漢方薬

花粉症が治りにくいのは、生まれながらの体質があるためです。この体質を改善しない限り、花粉症を治すのは難しいでしょう。花粉症体質の改善に使う漢方薬には「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」や「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」などがあります。「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」には体を温めて鼻炎症状を改善する効果があり、「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」には血液の流れをよくして熱や炎症を抑える効果があるのです。

3-2.アトピーに効く漢方薬

アトピー性皮膚炎にはさまざまな症状があるため、症状に合った漢方薬を選ぶ必要があるでしょう。アトピー性皮膚炎の治療に使う漢方薬には「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」や「白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)」があります。むくみがある場合は、体を温めて症状を改善する「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」が効果的です。皮膚が熱を持っている場合は、熱をさまして体を潤す効果のある「白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)」がよいでしょう。

3-3.ぜんそくに効く漢方薬

ぜんそくに対する漢方薬の効果は、以前から認められています。中には、西洋医学の現場でも使われる漢方薬もあるのです。喘息の改善に効果的な漢方薬としては「麦門冬湯(バクモンドウトウ)」があります。体を潤して喉のかさつきやタンを改善する効果があるため、粘り気のある痰(たん)が出る人におすすめです。体の弱い人には「苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)」を使うことが多くなっています。

4.まとめ

アレルギー体質を漢方薬で改善する方法についてご紹介しました。

  • アレルギー体質の原因
  • 漢方薬でアレルギー体質を改善できるのか
  • アレルギー体質の改善に使う漢方薬

「アレルギー体質に悩んでいる」「漢方薬でアレルギー体質を改善できるのか知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


十字屋平蔵薬局