自律神経失調症は漢方で治せるの? 体質・症状から見た効果的な漢方薬

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

自律神経が乱れ、さまざまな症状が起こる“自律神経失調症”。
自分でコントロールできない感情にイライラしている人もいるのではないでしょうか?
自律神経失調症を治す方法はさまざまあります。その中でも、最近、特に注目されているのが「漢方」です。
漢方は、本当に効果があるのでしょうか。
自律神経失調症の特徴・原因・症状について説明しながら、漢方薬も触れていきます。
自律神経失調症で悩んでいる人は、ぜひチェックしてください。

目次

  1. 自律神経失調症の特徴・症状
  2. 自律神経失調症の原因
  3. 自律神経に効果のある漢方薬
  4. まとめ

1.自律神経失調症の特徴・症状

自律神経失調症で悩んでいる人は、まず、病気について詳しく知らなければなりません。
自律神経失調症の特徴と症状について知りましょう。
自分には、どのような症状が現れるのか、確認してくださいね。

1-1.4つのタイプにわかれる自律神経失調症

自律神経失調症には、4つのタイプがあるのをご存じでしょうか?
それぞれのタイプについて説明します。
自分は、どのようなタイプになるのか、ぜひ確認してくださいね。
まず、最初のタイプが、「本能性自律神経失調症」です。
比較的、子供の頃から自律神経が乱れやすく、体質的に問題があると言われています。体力がない人、虚弱体質の人、低血圧の人によく見られるタイプです。
体質に問題がある本能性自律神経失調症は、食事や運動、睡眠と生活習慣を改善しなければなりません。
そして、心理的影響が大きいタイプの「神経症型自律神経失調症」もあります。
たった少しのストレスでも体調を崩してしまい、精神状態に左右されやすいのが特徴的です。感受性が豊かな人によく見られます。
「心身症型自律神経失調症」は、最も多いタイプの自律神経失調症です。
日常生活からくるストレスが原因で、几帳面・真面目な人がなりやすいと言われています。
最後の、「抑うつ型自律神経失調症」は、心身症型自律神経失調症の発展型です。
さらに悪化した状態のことを指し、抑うつ状態になります。
以上、4つのタイプについて説明しました。あなた自身、当てはまるタイプはあるでしょうか?
自分のタイプを知れば、適切な改善方法がわかりますよ。

1-2.身体的な症状

自律神経失調症は、精神的な症状しかないと思いがちですが、身体的な症状もたくさんあります。
たとえば、めまい・偏頭痛・ほてり・慢性的な疲労・手足のしびれ・口やのどの不快感・動悸・不眠・便秘・下痢・微熱・頻尿・残尿感・耳鳴り・だるさなど、さまざまです。
特に、原因はないのに、このような身体的な症状が現れるので注意しなければなりません。
身体的な症状と精神的な症状は、必ず把握してほしい自律神経失調症の特徴です。

1-3.精神的な症状

一方、精神的な症状は、どのような症状が挙げられるのでしょうか。
主な症状は、次のとおりになります。
焦り・感情の起伏が激しい・やる気が出ない・なんとなくイライラしてしまう・不安感・疎外感・憂うつになる・落ち込むなど、感情のコントロールができないのが特徴的です。
気持ちの浮き沈みが非常に激しいので、思いがけず人に八つ当たりをすることもあります。
他人に迷惑をかけていると知りながらも、歯止めがきかないのです。
自分でどうにもならないことに自己嫌悪を覚え、悪循環に陥ってしまいます。


十字屋平蔵薬局