漢方薬にも副作用がある? 起きる原因・症状など5つのポイント

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「漢方薬を飲みたいけど副作用が心配」「漢方薬の副作用にはどんなものがあるのか?」という疑問を持っている方は多いでしょう。漢方薬の副作用は少ないですが、全くないわけではありません。「どのような副作用があるのか」「どのように服用すれば安全なのか」という知識を紹介していきます。

目次

  1. 漢方薬で副作用が起きるケース(原因)
  2. 漢方薬の副作用で起きる症状一覧
  3. 漢方薬のメリット・デメリット
  4. どういう人におすすめなのか
  5. 漢方薬を購入する時の注意点

1.漢方薬で副作用が起きるケース(原因)

1-1.使う生薬に対し、アレルギーがある

漢方薬の副作用の一つは「アレルギー」。卵や大豆などの自然食品でもアレルギーがありますが、同じように漢方薬の材料の「生薬」にもアレルギーがあります。「自然由来だから何も起きない」ということはありません。「卵アレルギーと同じ原理で、漢方薬にも副作用がある」ということです。

1-2.用法・用量を守らない

用法・用量を守らなければ、漢方薬でも当然副作用が起きます。「水」ですら、限度を超えて飲んだら危険です。当たり前のことですが、それでも「漢方薬を飲み過ぎてしまう」方は意外といます。

  • 「漢方薬は副作用がない」という思い込み
  • すぐに効果が実感できない

…というのが飲み過ぎの原因。漢方薬が悪いわけではありませんが、こういう原因での副作用もあります。

1-3.医師・薬剤師が「様子見」した

「飲む人の体質を見極める」ために薬を出すケースです。漢方医療の理論には「証(しょう)」というものがあります。これは、簡単にいうと「タイプ」。あなたの「タイプ」に合わせて、「こういう生薬を配合しよう」と医師・薬剤師が判断し、オーダーメイドの漢方薬を処方します。たとえば食欲についていえば、

  • 少ない…虚証(きょしょう)
  • 強い…実証(じっしょう)

といい、どちらも良くありません。こうした「証」が、その人の中でどちらに偏っているかを見極め、それに合わせて薬を処方します。

1-3-1.この「証」がわかりにくいことがある

上の「食欲」は、わかりやすい例で、実際の証は、もっと難しくなっています。診察しても「この症状は、どっちの証かわからない」というケースも多いんですね。その場合、医師が「様子見」として、軽い薬を処方することもあります。それによって「体がどう反応するか」を見るわけです。証とズレていたら副作用が起きるので、「これは違う。逆の方を処方しよう」と判断できます。このように「想定内の軽い副作用」というのもあります。この場合、医師が事前に伝えてくれますし、軽度なので問題はありません。

1-4.医師が処方を誤った

医師も人間なので、処方を誤ることはあります。上に書いた通り、証の見極めは難しいケースも多いのです。難しい仕事ですから当然ミスもありますし、運が悪ければ「そもそも実力不足の人」に当たってしまうこともあります。そういうこともあるので、「信用できる医師」「信用できる薬局」と、出会うことが大切なのです。


十字屋平蔵薬局