咳喘息には漢方薬が効く! 症状が悪化する前に飲むべきなのはどれ?

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

・風邪は治ったのに咳だけが続く
・もう何週間も咳が止まらなくて困っている
・タバコを吸うわけでもないのに咳が出る
このような症状は「咳喘息」かもしれません。
咳喘息は正式な喘息ではないものの、喘息の前段階の症状と言われています。
放置しておくと喘息に移行する可能性が高いので、早めに医療機関を受診する必要があるでしょう。
治療すれば一度は症状が改善されますが、再発しやすいのが咳喘息の特徴です。
「何度も通院したくない…」という人は、一度漢方薬について調べてみてはいかがでしょうか?
今回は、咳喘息に効果的な漢方薬についてご紹介したいと思います。

目次

  1. 咳喘息の症状について
  2. 咳喘息の原因とは
  3. 咳喘息に効果的な漢方薬
  4. 自分に合った漢方薬の選び方
  5. 漢方薬局に相談するのがおすすめ

1.咳喘息の症状について

まずは咳喘息の症状について知っていきましょう。
喘息の場合、ゼイゼイ・ヒューヒューという喘鳴をともなう咳が出ますが、咳喘息にはこれがないのが特徴です。
喘鳴がともなわない咳が長く続くことになるため、咳喘息の診断は非常に難しいと言われています。
咳喘息にかかると1か月以上、長い人だと1年以上も空咳が続きますが、呼吸困難や発熱、痰がからむことはほとんどないのですが、のどのイガイガ感をともなうことはあるようです。
例えば夜中から朝方にかけて咳がひどくなったり、寒暖の差やタバコの煙が原因で咳が出やすくなります。
長く話をすると異常にのどが渇いたり、声が枯れたりするのも咳喘息の症状のひとつとなっています。
医療機関では気管支拡張薬を処方しますが、これが効くことによって「咳喘息である」と診断するしかありません。

  • 喘鳴を伴わない咳が8週間以上続く
  • 8週間以内に風邪を引いていない
  • 少しの刺激にすぐ気道が反応する
  • 肺炎などの異常が見られない

このような場合は咳喘息を疑い、すぐに専門機関を受診するようにしましょう。


十字屋平蔵薬局