漢方薬の飲ませ方 ~子供がすんなり飲んでくれる方法ベスト3~

十字屋平蔵薬局 薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

体調を整えてくれる漢方薬は女性を中心に支持が高く、時には子供の体質改善のために処方されることがあります。
昔のようにせんじ薬にして飲む必要はなく、エキスを粒状にしたものが多いので飲むのが比較的楽になりました。
しかし、子供にとっては苦い薬であることに変わりはありません。
乳児のころから漢方薬が必要になると、飲ませるのに苦労することも・・・
小さなお子様に漢方薬を飲ませる時は、一工夫して飲ませてあげましょう。
お子様が嫌がらずに飲んでくれる方法ベスト3をご紹介します。

乳児に有効! 口内になすりつける

まだ小さな乳児の場合は、漢方薬(エキス剤)をつぶしたり水で練ったものを指先につけ、上あごかほっぺたになすりつけてあげましょう。
その直後にミルクや水分で流し込むと上手に飲んでくれます。
お腹が空いているときやのどが渇いているときに飲ませてあげるのがコツ。
乳児は粉薬を上手に飲むことができませんから、必ず練ったものを入れてあげてください。

オブラートに包む

小さな幼児から大きなお子様まで有効なのがこの「オブラート」です。
最近は従来のオブラートのほかに「おくすり服用ゼリー」が販売されており、それを利用するとさらに有効です。
おくすり服用ゼリーは薬や漢方の効能を変えることなく飲めますから安心ですね。
漢方特有の苦い味も消してくれます。
オブラートを利用する場合は、漢方をオブラートに包んで水に沈ませ、その水を飲むとつるりと飲めます。
口の中にオブラートがくっついてイヤという人も、ある程度オブラートの表面が溶けた状態で飲めるので苦にせず飲めるでしょう。
のど越しが良くなっておすすめです。

味を変える

ジュースやアイスクリームなどで味を変えるというのも有効です。
この場合、味を変えるものは「濃い味のものを選ぶ」のがコツ。
同じアイスクリームでも、シャーベットやかき氷だと苦い味がばれてしまいます。
濃い味のものにしっかり混ぜ込んで、粉っぽさも苦さもわからないようにして出しましょう。
子供は一度苦いと感じると、薬だけでなく混ぜ込んだそのものをいやがる場合もあります。
ミルクやご飯などの主食に混ぜ込むのはやめておきましょう。

子供の漢方の飲ませ方まとめ

  • 乳幼児にはペースト状にして口内になすりつけ、その後に水分を与える
  • 少し大きな子供にはオブラートや「おくすり服用ゼリー」が有効
  • ジュースやアイスクリームに混ぜ込んで味を変えても◎
  • 混ぜ込んで味を帰るときは味の濃いものを利用する
  • 混ぜ込むときは主食を避ける

なかなかすんなり飲んでもらえずいらいらすることもありますが、そこはぐっと我慢して。
味を変える時は決して見られないようにして、味見をしてから出しましょう。
オブラートやおくすり服用ゼリーは比較的飲んでもらいやすく、乳幼児以外のお子様に有効です。
いろんなやり方をためしてみて、一番すんなり飲んでくれる方法をさがしましょう。


十字屋平蔵薬局